メインメニュー
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索

禅の用語集

用途別分類(カテゴリー)別
禅用語.. 分類説明一覧
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて

た行

提唱

読み:ていしょう  解説:摂心会の期間中に行われる講座。師家自身が体得している如是法を講本を...

徹宵

読み:てっしょう  解説:夜を徹っして行う坐禅の意。特にお釈迦様が12月8日明けの明星を一見...

殿司

読み:でんす  解説:お寺では本堂の管理(掃除も含む)や、お経の指揮を取る役位のことです...

典座

読み:てんぞ  解説:台所のことを典座(てんぞ)と言います。また台所で料理を作る役位をこ...

透過

読み:とうか  解説:公案をとおることを言う。「初関(最初の公案)を透過する」というよう...

道眼

読み:どうげん  解説:真理を把握する眼。主に公案を工夫する参禅弁道によって磨かれるとされ...

道号

読み:どうごう  解説:仏道を修行する上での名前のこと。人間禅では、入門したものが初関を透...

東司

読み:とうす  解説:禅寺ではおトイレのことをこう言います。ちなみに擇木道場ではあまり聞...

動中の工夫

読み:どうちゅうのくふう  解説:禅の修行は、静と動の二つがあるとされ、座禅が静中の工夫だとすれば、...

道力

読み:どうりき  解説:真理どおりに実行する力。主に数息観によって磨かれるとされる。道眼と...


Powered by Xwords  based on Wordbook