メインメニュー
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索

禅の用語集

用途別分類(カテゴリー)別
禅用語.. 分類説明一覧
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて

すべて

一日一炷香

読み:いちにちいっちゅうこう  解説:一日に少なくとも線香1本(約45分)は坐禅をすること。特に人間禅に入...

一念不生

読み:いちねんふしょう  解説:数息観を行っている時に、雑念を生じないことを言う。初期の二念を継が...

引磬

読み:いんきん  解説:坐禅開始と終了で鳴らす手持ちの鐘のこと。

隠侍

読み:いんじ  解説:老師の側近に仕えて、老師の身の回りのお世話をさせて頂く役位。老師の...

隠寮

読み:いんりょう  解説:老師の居室、参禅室がある建物、または部屋。市川の本部道場では禅堂と...

円了

読み:えんりょう  解説:摂心会(せっしんえ)の終了のこと。最後の行事は円了茶礼であることが...

解定

読み:かいちん  解説:坐禅の終了のこと(同じ読みで開枕(かいちん)があるが、こちらは就寝...

瓦筌集

読み:がせんしゅう  解説:人間禅を創設した耕雲庵立田英山老大師(こううんあん たったえいざん...

合掌運動

読み:がっしょううんどう  解説:人間禅の会員には、社会人として専門領域で優れた実績を上げている人、...

欠気一息

読み:かんきいっそく  解説:坐禅に入る前にする深呼吸のこと。胸の中の汚れた空気を全部吐ききって...

規矩

読み:きく  解説:規則。禅堂では規矩準縄(じゅんじよう)と称する古来からの規律が伝え...

帰寂

読み:きじゃく  解説:会員の方が亡くなられたことを言う。帰寂されたというように使う。

経行

読み:きんひん  解説:動中の工夫(身体を動かしながら三昧の力を養う)の一つ。静かに歩きな...

供給

読み:くぎゅう  解説:摂心会などでの食事の給仕係のこと。

警策

読み:けいさく  解説:きょうさくと読むところもある。座禅中に眠くなったり集中できない時に...

結制

読み:けっせい  解説:摂心会の始まりのこと。結制茶礼が行われて師家からの垂示がある。

見解

読み:けんげ  解説:普通に読むと「けんかい」ですが、禅では「けんげ」と読みます。公案を...

献香

読み:けんこう  解説:本来の意味は、霊前にお香を焚いて捧げることであるが、人間禅において...

見性入理

読み:けんしょうにゅうり  解説:見性成仏のこと。迷いの根源である虚妄の我を殺し尽くし、大自然の生命...

公案

読み:こうあん  解説:公文書の意であるが、禅ではいわゆる禅問答とも呼ばれる修行に使われる...


Powered by Xwords  based on Wordbook