メインメニュー
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索

禅の用語集

用途別分類(カテゴリー)別
禅用語.. 分類説明一覧
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
けいさく

警策

きょうさくと読むところもある。

座禅中に眠くなったり集中できない時に、木でできた平べったい棒で叩いてもらうが、この棒のこと。

叩いてもらうのは修行者が自ら助警(じょけい)という役位の方にお願いするのが基本であるが、眠っていることに気づいたら、ポンっと叩いて起こすこともある。

人間禅においては、静坐会などで一般の方をいきなり叩くことはまずないが、正会員の修行者が行う摂心会(せっしんえ)の場合は、かなり厳しくなる場合もある。

警策の受け方は、助警(じょけい)が歩いてきた時に、合掌して合図をします。これが叩いてくださいというお願いになります。そして助警も合掌して返します。その後、姿勢を低くして叩かれる準備をします。

そして作法にのっとり助警が腰の左右のところを叩きます。叩き終わると姿勢を元に戻してお礼の合掌をし、助警も合掌して次へ歩いていきます。

参考文献:
関連サイト:
Powered by Xwords  based on Wordbook