メインメニュー
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
トップ  >  メディアの方へ
メディアの方へ
 
 擇木道場では世の中で悩み苦しむ多くの人々に、本物の禅を広く知っていただき、本当の人生を味わい生きていく力を身につけて頂きたいと考えております。そして、当道場へ足をお運び頂けるよう、メディアの取材(撮影、出演、インタビューなど)や、ブログなどで発信していただける個人の方を積極的に受け入れております。

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。電話よりもこのホームページから問い合わせて頂くほうが確実です。対応が夜以降になりますが、折り返しホームページ担当、広報担当よりお返事いたします。

その際、以下のようなことを検討してお知らせくだされば話がスムーズに進むかと思われます。

・取材の概要
 例:座禅の体験の記事にしたい
   座禅と茶道についての特集を組みたい
   座禅の意味を書きたい
   番組でインタビューを取りたい

・参加される方の人数
 人数が多いとスタッフを増やす必要があるためです。

・撮影や写真
 一般の方が参加される座禅会を撮影する場合は、個人が特定されないよう顔にぼかしを入れて頂くか、サイズを小さくして対応する必要があります。

 モデルさん等プロの方であれば、そちらだけを写すよう工夫することも可能です。また座禅の列を写したい場合は会員だけの列を作って対応可能です。

座禅中の禅堂は小さな音でも大きく響くので、シャッター音のしないカメラを用意願います。


・特別なご要望など
 老師、ベテランの禅者へのインタビューをご希望されている場合は事前にスケジュール調整が必要です。

お問い合わせはこちら


・取材をお断りするケース
 座禅を罰ゲームのように扱う企画はお断りさせて頂いています。禅によって自分を発見し、成長するという目的から逸脱していると考えるからです。

・有料になるケース
 擇木道場や人間禅の宣伝にならない場合、例えば座禅しているところを広告写真の素材に使う等の場合は道場使用料、座禅指導料という形で有料となります。基本は個別見積りですが、目安としては、都内の広い貸会議室の使用料と同等の料金だとお考えください。

注:擇木道場の禅堂は講演会形式では約100名収容可能な広さがあります。
プリンタ用画面
カテゴリートップ
メディアの方へ
次
メディア掲載履歴