メインメニュー
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
トップ  >  禅語
 む
古来、禅僧はよく「無」の一宇を揮毫している。
そしてこの「無」が、「無門関」の第一則にも採られている「越州無字 (じょうしゅうむじ)」の公案、

  僧、趙州に問う。狗子(くす)に還(かえ)って仏性有りや、也(ま)た無しや。
  州 云く、無。

に由来していることは、今さら指摘するまでもあるまい。
 ちなみに趙州とは、法を南泉普願に嗣ぎ、趙州(河北省)の観音院に住し法諱(き)を従諗(じゅうしん)といった禅僧で(七七八ー八九七)、この「無字」のほか「喫茶去(きっさこ)」「庭前の柏樹子(はくじゅす)」など多くの公案を残している有名な禅僧である。その趙州に向かって一人の僧が「門前のあの犬ころにも仏性がございますか」と問いを発した。

この僧は肚のなかでは「一切衆生悉有(しつう)仏性なのだから、犬にも猫にも仏性があるはず、当然、「有る!」という答えが返ってくるものと予期していた。ところが'意外も意外、「無!」と返ってきた。

 ここで「無!」と答えた趙州のその肚を把得して真正の見解(けんげ)をもってこい、というのがこの公案の眼目である。もし、これに対して真正の見解を呈しえたら、「一切衆生悉有仏性」という釈尊の悟り・大乗仏教の根本の教理をほんとうにわがものとし、禅宗のいわゆる見性成仏(けんしょうじょうぶつ)のできることは請合いである。

 但し、この「無」は無門慧開(むもんえかい)が『無門関』で「虚無の会を作(な)すこと莫れ、有無の会を作すこと莫れ」といましめているように、空々寂々なんにもないという虚無の無でもなけれぱ、有るに対する、無いという相対的な無でもない。それは有と無などの相対未だ分かれざる以前の根源的な無であり、また有無相対を超越した絶対的な無である。しかし根源的な無だとか絶対無だとかいってみたところで、それは哲学的な概念にすぎない。この「無」ばかりは実地に体得しない限り、いかに説明・注釈してみても、ついに絵に描いた餅も同然で、なんのたしにもならない。それならば、この「無」を体得するにはどうしたらよいのかというに、つまるところ明眼の師家について、その指導のもとに如法に坐禅し、実参実証するほかはない。要は無門が「纔(わず)かに有無に渉れば喪身失命せん」と注意し、同じことを五祖法演が、「無」を抜身の名刀にたとえ、

  趙州露刃剣  趙州の露刃(ろじん)剣
  寒霜光灼然  寒霜光灼然(ひかりしゃくねん)
  纔擬是如何  纔かに是れ如何と擬(ぎ)すれば
  分身作両段  身を分って両段と作(な)す

と頌じているように、有無・是非・善悪など一切の相対的な思慮分別にわたることなく、それらの念慮を殺しつくして、全身ただこれ「無!」になりきることである。そしてこの「無」をほんとうに体得することを、禅門では見性(けんしょう)といい、開悟というのである。

 この無字を体得し、すなわち見性して、さらに悟後の修行を積み、茶事の一切をその無の境涯から運び出したら、それこそが、茶禅一味の真境にかなう茶、茶道というものである。 (芳賀幸四郎著『一行物』より)
プリンタ用画面
前
道場の周辺②
カテゴリートップ
擇木道場の紹介
次
メールマガジン