人間禅とは、禅の修行によって人間形成を志す、居士(こじ 出家しない一般人)専門の修行道場です。

明治の初頭に山岡鉄舟、中江兆民、高橋泥舟らの先覚者が、人間力を向上させて事に当たろうと、当時 鎌倉にある円覚寺(えんがくじ)の管長だった今北洪川禅師(いまきた こうぜん 白隠禅師より数えて8世)を拝請して両忘会という禅会をはじめました。

この両忘会は活動を一時中断を余儀なくされましたが、明治34年 円覚寺の釈宗演(しゃくそうえん)老師の命で、釈宗活(しゃくそうかつ)老師が再興しました。

大正4年には日暮里駅、谷中の地に擇木道場が、田中大綱(たいこう)居士により建立されています(現在の道場は平成4年に建替えられたもの)。

 現在の擇木道場


両忘会は大正14年に両忘協会となり、第二次世界大戦後の昭和23年にいったん解散します。

そして新しい宗教法人法に基づき、釈宗活老師の法嗣(ほっす 仏法を継いだ弟子のこと)の耕雲庵 立田英山(こううんあん たつたえいざん)老大師によって、男性も女性も区別無く修行出来る一般社会人の為の禅、人間形成の禅として、その名を「人間禅教団」と改め、再興されました。

これが人間禅の歴史です。

 
「人間禅」の名称は「人間形成の禅」を意味します。

人間禅は旧来の封建的な体質を改め、なおかつ神秘や迷信を説かず、 各人がもっぱら禅の修行によって自己を鍛えあげ、 人間として真実の味わい深い人生を生きることを目標としています。

白隠禅師よりの正しい法脈を嗣いだ多くの師家を有し、 全国に16の専門道場をもつ17支部が設立され、本格の修行が行われています。

臨済宗系統ではありますが、仏教のお寺というわけではありませんので、お葬式もお墓の販売もしていません。