メインメニュー
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
前月 昨日 2019年 2月 3日(日) 明日 翌月
予定はありません

[終] 05:00 第150回東京支部摂心会>[終] 05:00 第150回東京支部摂心会

東京支部第150回摂心会を厳修いたしますのでご案内いたします。
摂心会は禅の修行の期間です。一般の方も参加できます。
この期間は師家(禅の指導者)がずっと道場で指導されています。
一般の方は師家から直接禅についてのお話しを聞くこともできます。
禅の修行とはどんなものか興味のある方からあるいは志を持って修行をされたいと思われた方まで幅広く参加いただけます。

2. 場所:
擇木道場
〒110-0001 東京都台東区谷中7-10-10
TEL/FAX 03-3823-7647
山手線「日暮里」駅南口下車、歩いて5分です。
もみじ坂を上り、谷中霊園方面に歩きます。

3. 師家
担当師家:  葆光庵丸川春潭老師
副担当師家: 仰月庵杉山呼龍老師

4. 参加費:
一般 1,000円(会員 3,000円)
宿泊費500円/週
シーツ代300円/週
食費 300円/食
懇親会 1,000円

5. 持ち物:
洗面道具
着替え
汚れても良い服(作務をやるため)
 

[終] 14:00 第150回摂心会講演会「今の自分を抜け出す」>[終] 14:00 第150回摂心会講演会「今の自分を抜け出す」

第150回摂心会講演会

「今の自分を抜け出す」
~座禅ワークショップとともに~

擇木道場を訪れる方の中には、ストレスや人間関係の悩みを抱えて「今の自分から抜け出したい。変わりたい。」と思われている方が多くいらっしゃるようです。では、そもそも抜け出すとは、何からなのでしょうか?

たとえば雨が降った時「嫌だな」と思ったとします。でも本来雨自身には良いも悪いもありません。それなのに、晴れれば気分が良くなるのだから嫌だという気分は雨のせいだ、雨さえ上がれば良いのだ、と私たちは相手のせいにしてしまいがちです。
しかし突き詰めて考えれば、それでは相手次第の人生であって、自分の人生を自分で生きる主体性を持ち得ていないということになってしまいます。
つまり自分の感情に本体である自分自身が支配されている状態ですね。
何から抜け出すかといえば、自分でかけた鎖からだと言えるでしょう。

座禅の最も優れた効果は、心の波を呼吸でコントロールしながら静めていき、「ありのまま」を受け取ることができるようになるということです。この場合のありのままは、「雨も良し、晴れも良し」です。偏りのない朗らかな自然体です。
ありのままを受けられる心は、不安を手放しているので、落ち着いて充足しています。
それは「自分らしさ」にもつながります。

座禅の呼吸法は、古来「数息観」という息を数える方法です。しかし実際にはなかなか雑念なしに数えていくことは難しいものです。
今回の講演では、今の自分から抜け出す座禅ワークショップを交えて、初心者の方でもわかりやすく禅についてお話します。

<日時> 2月3日(日)14時30分から17時

<参加費>社会人 :2,000円
学生・主婦:1,000円


<会場> 人間禅 擇木道場
〒110-0001東京都台東区谷中7-10-10
(JR日暮里駅南口徒歩3分)

講師 臨済宗人間禅
慧日庵笠倉玉溪老禅子
大学社会人講座講師。写経やお経を読む講座などを主宰。
多彩なゲストと禅を語る「禅フロンティア」、わかりやすい「仏教講座」などを主催

 
  <今日>