メインメニュー
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
前月 昨日 2018年 10月 6日(土) 明日 翌月
予定はありません

[終] 09:30 女性の美は座禅から(擇木道場)>[終] 09:30 女性の美は座禅から(擇木道場)

女性の美は座禅から ~目指せ座禅美人

女性のための座禅会です。

座禅が初めての方も大歓迎です。
土曜の朝9時半から、短めの座禅をした後、
抹茶を一服楽しんでいただきます。
正式な作法は必要ありません。
もちろん参加は男性でもかまいません。
皆様のご参加を、心よりお待ちしております。
             
日時 : 毎週土曜日
会費 : 500円 〔お抹茶・お菓子代込〕 
場所 : 日暮里 擇木道場

 09: 30 座禅 30分×2回(途中5分休憩)
 11 :00 呈茶
 12: 00 解散(途中の退席も自由です)

 ・途中参加、退出可能です。
 ・座禅しやすい服装 (ジャージなど)をご準備ください
  (道場での着替えも可能です)。
 ・座禅が初めての方は開始30分に来られるようお願いします。
 ・2回目以降の方は、予約や申し込みは不要です。
 ・どなたでもご参加頂けます。
 ・擇木禅セミナーの女性部勉強会は別料金となります。
 ・開催日はこちらで確認ください。

女性の美は座禅から  PDFはこちら


開催場所:擇木道場
 〒110-0001 東京都台東区谷中7-10-10 地図はこちら
 TEL/FAX  03-3823-7647

 山手線「日暮里」駅南口下車、歩いて5分。
 もみじ坂を上り、谷中霊園方面に歩きます。

 東京メトロ 千代田線 千駄木駅(団子坂下出口)からは、徒歩15分です。

 

[終] 14:00 第3期仏教講座第3回 維摩経(3)>[終] 14:00 第3期仏教講座第3回 維摩経(3)

Power of Buddhism

第3期仏教講座 第3回
『維摩経』(3) 維摩病む。 「黙!」クライマックス。

『維摩経』は大乗仏教の経典のひとつで、特に禅では昔から必須の経典でした。
この経典の主題は、「出家をするかしないかは問題ではない。むしろ大多数の社会人がよりよく生きるためにはどうあればよいか?」というテーマで、それまでの仏教に対して渾身のチャレンジ精神で書き上げられた経典です。
前回までは、維摩居士が出家の代表である釈尊の弟子たちをコテンパンに論破する場面でした。
その根拠は「空」という、大乗仏教における最大の思想を踏まえています。
見事な論破に、感心するやら笑えるやらありがたいやら・・・
次はついに、文殊菩薩が登場し、維摩居士と論戦がなされます。
物語性も豊か、かつ仏教の教理を学べる『維摩経』の3回目です。

講師:慧日庵笠倉玉溪
禅の修行歴35年 人間禅特命布教師。
お経の講座、いす座禅講座など 多数主宰。
講演、禅書道、企業顧問

<時間> 2 時開始。2時30分まで前回の復習。参加する方は1時45分に受付開始します。
<受講料> 1回 3,000 円
<場所> 擇木道場
〒110-0001 東京都台東区谷中 7-10-10 TEL:03(3823)7647 FAX:03(5815)5921

*禅の指導者、老師も参加されます。本格的な禅の話も聞ける勉強会です。


 

[終] 17:00 土曜夕方坐禅会>[終] 17:00 土曜夕方坐禅会

土曜坐禅会

毎週、土曜の午後5時から坐禅会を行っています。

第一部 5:00~5:20 座禅
5分休憩
第二部 5:25~5:45 座禅

第三部 5:45~5:55 読経

場所は日暮里駅の裏手、谷中にある擇木道場です。
途中参加、途中入場 OKですので、お時間の都合がつく時にご参加ください。どなたでもご参加頂けます。

坐禅が初めての方も親切に指導いたしますので、開始30分前に来ていただくようお願いします。

脚のしびれを防ぐため、Gパンは避けて、ゆつたりしたズボンの着用をお勧めします。脚を組めない方は座禅椅子もあります。

参加費は、初めての方は¥1,000、2回目からは¥500です。

擇木道場の住所
〒110-0001 東京都台東区谷中7-10-10
TEL/FAX 03-3823-7647

山手線「日暮里」駅南口下車、歩いて5分です。
もみじ坂を上り、谷中霊園方面に歩きます。

東京メトロ 千代田線 千駄木駅(団子坂下出口)から、徒歩15分


 
  <今日>