メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 最新エントリー

埼京支部に新しい方が入会されることになりました。

擇木禅セミナーの日 17時から入会式、道号授与式ということで
総裁老師をお迎えして行いました。

庄○さんという方です(プライバシー保護で伏字にしています)。


  
 

写真は道号を披露しているところです。
右にいるのは侍者として会の進行を取り仕切る霊亀さんです。

さて気になる道号は???
徳樹さんです!! お仕事が農業関係だということなので、多分そこから取られたのでしょう。

年齢はとってもフレッシュな20代です。
もちろん独身ということで、京葉支部の独女さんの一部が飛んだり跳ねたりして喜んでおられましたが・・(かなり)年下さんですよー (ププッ)。

道場でお会いしたら、よろしくお願いします!

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (946)

栗山令道先生の剣士の本懐

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2012/7/30 14:48
以前、金曜青年部 静坐会で栗山令道先生の「剣士の本懐」のお話を頂きました。
その時の写真と記事が京葉支部のホームページにありましたのでご紹介します。

「剣士の本懐 栗山令道」
http://keiyo.ningenzen.jp/modules/pico6/index.php?content_id=3



擇木道場青年部金曜静坐会にて講話する栗山令道居士



法定の呼吸法で素振りを実習する参加者


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1023)

明日は予約が5名様も!!

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2012/7/26 22:04
心印です。

昨日あたりから、どどどっと(笑)、明日の坐禅会のご予約が入りました。
本当にいったいどうしちゃったのでしょう???

いつもは初めての方は一人か、多くても二人くらいでしたが・・・

初めておいでになる方は坐禅の坐り方や作法を手引きいたしますので、30分前くらいにはおいでくださいませ。

ただ、初めての方は2回目来られるかどうかが分かれ目になるような気がします。2回、3回と来られる方は、しばらく間があいたとしても、また来られたりして続く方が多いような気がします。

前の日曜に突然(笑)ヨガ体験会が始まりましたが、私はとても身体が固いのですね。それで先生が1日1mmと言って、毎日少しづつでもやれば、身体はやわらかくなるのですよと言われました。

坐禅も一寸坐れば一寸の仏と申しますが、同じだなと思いました。
また先達の方も坐禅は毎日の蓄積なんだと言われておりました。

少しづつでも続ければ、仏に近づいてゆくのです。
坐禅をやって足が痛かったーではもったいないです。

毎日少しづつでも坐り、道場に通ってきてそこからが修行になるのだなーと思います。

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (897)

7月22日 日曜静坐会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2012/7/22 11:41
7月22日 日曜静坐会

参加者     12名
新しい参加   2名

一行物 「一滴潤乾坤」 一滴、乾坤を潤す

先週は京葉支部の摂心のため7月15日の日曜静坐会は休みでした。
一週間ぶりにいつものメンバーが揃っての静坐会でした。
あたらしい人が2名参加しました。
二人とも禅に関心があって、一人で坐っていたとのこと。
お住まいも道場に近いので、静坐会に参加しやすいと思います。またおいでください。

「祇園祭りを見学してきた義心さんの京都土産のお菓子で抹茶をいただき、懇談しました。
昨夜、お泊りになった葆光庵老師がちょっとのぞかれました。
静坐会終了後、希望者は藤井先生のご指導でヨガを実習しました。
「禅道場でやるヨガ」という催しものに発展していくとよいですね。 龍泉 記

 
  
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1237)
心印です。

雨が降っていたので今日は少ないかもね・・・と思いながら道場に行きました。
この日はみどり会(茶道の会)で、道場がにぎわっていました。

坐禅会のほうはお一人予約も入っていましたが、お仕事が終わらないということで丁寧なキャンセルの連絡を頂きました。

毎週、初めての人が来られていましたが、連続記録はこれでストップ(笑)。
でも21時前になると、あらあら続々といつものメンバーが集まり始めました。

雨が降っているのにありがたいことです。
いつも来てくれてありがとう。
感謝です。

初めての人がいないということは・・・
坐禅タイムは連続40分+20分だ~!!
久しぶりに時間いっぱい坐りました。



助警(警策を持って坐禅に気合を入れる人の役)の位置から、2枚パノラマ写真のように撮ってみた坐禅中の様子です。どうしても色合いがあわないなw

結局、12名の参加でした。最近いつも10名は越えるのでとても嬉しいです。
どうもありがとう~!!

さて来週は心印は大阪に帰阪するので欠席させて頂きますが、
坐禅会はやっているので、また皆さん来て下さいね!!

心印 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (908)


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1014)
心印です。

擇木道場のホームページのお問い合わせに、
20名~30名の坐禅はできますか?という連絡が入りました。

なんでも最初に連絡したお寺に断られたそうで、なんともったいないことをするんだろうとか思いましたが、うちの道場は見てのとおり広い禅堂があるので、最大50名くらいまでは同時に坐禅できるキャパがあります。

お寺だと一度に30名となると、他のお客さんが入れなくなるのかもしれませんね。

相手の団体を聞いてみたら学生さん、それも早稲田大学のかくれんぼ同窓会と言う事でした。
ちゃんとホームページもあります。こちらへ

ただ希望された日が擇木禅セミナーとバッティングしたので、私の判断する範疇ではないと言うことで上層部(会社みたいw)へエスカレーションしました(支部長や副支部長、禅フロンティアの責任者に緊急メールを入れたのですな)。

そうすると、なんと総裁老師(擇木道場の担当師家でもある)まで、話が上がったそうです!!
(会社で言えば社長にあたる)。

総裁老師曰く、「支部行事はなんとでもなるから、スケジュールを変えてでも受け入れられるやりかたを考えろ」とのことでした。

そこで、擇木道場のトップ方が相談して、ちょうどその時間にある茶書勉強会を1階の居士寮で行い、2階の禅堂を学生さん達の坐禅会に使うことになりました。

心印は見ていただけですが、こういう意思決定のすばやさとか、相互の連絡、対応の早さとか、会社じゃなかなかこうはいかないよなーとか思いました。

・・・で当日です。

総裁老師は茶書勉強会に出られる為、千鈞庵老師がご担当ということになりました。

こられた学生さん達、約20名、みな今風の若い子達ばかりですが、態度はまじめで騒ぐようなこともなく、「こんにちわ お世話になります」と挨拶もしてくれて、とても行儀の良いのが印象に残りました。

禅道場に坐禅をしにこようと言う子達ですから、みな真面目な子達ばかりなのでしょう。
日本もまだまだ捨てたもんじゃないよなーとか(大げさ?(笑)

さて2階へ案内して、最初に禅の意義のようなお話をします。自己紹介書も書いてもらいました。
立って話をしているのは副支部長です。
皆、興味津々という感じで聞いています。



テーブルを片付けて、坐禅の指導にうつります。後ろで指導されているのは支部長です。
モデルになっているのは豊月さんです(心印は写真係)。



この後、茶書勉強会に出られている人たちと合同で座禅会となりました。

後で感想を聞いてみたら、心を落ち着けることができました。また機会があれば参加したいと思いますということでした。

若いうちから坐禅に親しむことはとてもいいことだと思います。
是非、初体験だけでなく継続して坐禅されるといいですね~

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1266)
昨夜の金曜青年部坐禅会に、京葉支部、弘道会の栗山令道さんが講演に来られました。

講演のタイトルは「剣士の本懐」。
以前に「禅」(人間禅で出版している禅専門誌)の記事で書かれた「剣士の本懐」を読まれながらの講演でした。 今の剣道は防具をつけて、長い竹刀を使って、当てた、当てられたの当てっこになってしまっており、本来の剣道ではなくなっている・・・

そこで弘道会では、真剣と同じ長さの短い竹刀を使い、竹刀を真剣だと思えということだそうです。
入門されたばかりの主婦が書かれたことには、その竹刀が真剣だと思えたとたん、相手に斬られて死ぬということが頭に浮かんで走って逃げたくなったということ、弘道会の剣道は生死を意識する稽古をすることなど、いろいろお話をしてくれました。

最後には、直心影流法定の形のとっかかりだけを教えてくれました。
大きな声を出すので、窓を全部閉めて(擇木道場は閑静な住宅街のど真ん中)、全員で立ち、息を思い切り吸い込んで、大上段に構え、振り下ろす時に一気にためた息を吐き切り、えーいと気合をかけて叫ぶという稽古を数回しました。

心印はふだん(誰でもそうでしょうが)、あんなに大きな声を出すことはないので、咳き込んでしまいました。でも終わった後は、胸のつかえがとれたようにすっきりとしました。

それから、いつもの青年部坐禅会常連メンバーにプラスして、京葉支部の方がたくさん来られました。なんと全部で19人!!

ありがとうございますー!!

妙道さん、知韻さんが早くから擇木道場に来られて、わざわざ料理の準備をしてくれました(ありがとー!! おいしかったですー)

冬が終わったということで、長らくやめていた鍋を復活しました!!
鍋!! おいしいワイン、日本酒、いろいろありましたよ~

令道さんはこのお誕生日に還暦をお迎えするということで、みんなでお祝いもしました。また心耕さんも9月に喜寿(77歳)になられるといことで一緒にお祝いをしました。

剣書勉強会で直心影流法定の形を演武される令道さん。



栗山令道さん プロフィール

昭和27年、千葉県市川市生まれ。法政大学法学部
卒業。昭和38年、人間禅附属宏道会入会。第三代
会長を経て、現在妙位(教士)並びに顧問。昭和54
年、人間禅白田劫石老師に入門。

著書はこちら 古武道のエッセンス
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1326)
今週の金曜日(6月29日)の坐禅会に、京葉支部の栗山令道さんが講演に来られます。

講演は「剣士の本懐」。
楽しみですね!!

また冬が終わったということで、長らくやめていた鍋を復活します!!
暑い中、扇風機だけで汗をかきながら鍋!!(お風呂もありますよ)

令道さんはこのお誕生日に還暦をお迎えする年齢になられるそうで、みんなでお祝いもしましょうね!!

剣書勉強会で直心影流法定の形を演武される令道さん。




栗山令道さん プロフィール

昭和27年、千葉県市川市生まれ。法政大学法学部
卒業。昭和38年、人間禅附属宏道会入会。第三代
会長を経て、現在妙位(教士)並びに顧問。昭和54
年、人間禅白田劫石老師に入門。

著書はこちら 古武道のエッセンス
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1240)
心印です。先週の話ですみませんが、

毎週、金曜日の夜、擇木道場では青年部による坐禅会をやっています。

この日は次の土日の擇木禅セミナー、禅フロンティアに出席される為、老師が擇木道場に来られました。

既に坐禅が始まっていた時間で参加されませんでしたが、坐禅後の懇親会には出席されました。
我々は皆、普段着でしたが老師はきちんと着物と袴で正装されておりました。

我々若い人たち(私は若くはないがw)に、人間禅の歴史や禅の話、悟りや見性の話をたくさんしてくれました。まだ入ったばかりの私には知らない話も多くて、とてもためになりました。

この日は大○○さんが2回目、佐○○さんが初めて、茶道の先生の翠松さんも来られたので、いつもより女性が多くて、華やかな懇親会になりました。

初めてや2回目で、直接老師のお話を聞けるというのは、ある意味、縁があるのかもしれないとか、お二人とも禅の修行を続けられたらいいなと祈るような気持ちの心印でした。

また来月に擇木禅セミナー、禅フロンティアがありますが、また来られるのが恒例になるのでしょうか???

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1100)
最新のブログ記事