メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2013 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 最新エントリー

10月6日 土曜静坐会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2012/10/8 4:51
参加者:7名
読経:般若心経
坐禅の後の座談会:
今までは、初めて擇木道場にこられた方を対象にしていましたが、今後はそれにかかわらず、お茶を飲みながら、話をする場にしようと思います。その第一回目として開催しました。
今回は、静坐中の坐相で多々気づいたことがあったため、それを中心にした座談会にしました。
1.坐相について:
①左右の膝を座布団につけること。お尻に敷く座布団の高さを高くする。どうしてもつかない場合は座布団と膝の間に座布団を折りたたんで差し込んで姿勢を安定してもよい。
②鼻から垂らした錘が臍に当たるように上体を伸ばす。
③顎をひいて目先は自分の膝から1mm先の畳に置く。
など。
2.お知らせ:
静坐会は「KUJ擇木静坐倶楽部」という名称になります。坐禅を長く続けていただきたいという意味で、「年会員」を募集中です。 龍泉
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (787)
擇木道場の心印です。

先週の日曜日、禅フロンティア「浄土宗と禅」が開催されました!
東京は台風が近づいてくる中、開催中は風は強いものの雨も降らずに、天気はなんとか持ちこたえてくれました(スタッフが帰る頃にざーざーw)。

遠方の方はキャンセルなど残念なこともありましたが、次回またお越しくださいね。

通常は土曜午後からの開催だった擇木禅セミナー&禅フロンティアですが、なんと今回から金曜青年部の初の参禅会から始まることになりました。

金曜青年部の初参禅会の話はまたブログに書くことにしてと。

なんとなんと、さらに土曜午前には女性部の勉強会/参禅会が追加されました。
実はうちでは女性のパワーもすごいものがあるのです(誰とは言えませんが・・・)

さて本題の「浄土宗と禅」ですが、自力の宗教と他力の宗教、同じお釈迦様が説かれたにしては全く逆のアプローチ。皆さんもとても楽しみにしていたようです。

浄土宗と禅は日本に入ってきてから800年もの時を経て、ほとんど今まで対話らしいものがなかったということだそうです。喧嘩しているわけでもないのでしょうが、お互いに対話するような機運がなかったのかもしれませんね。

また人間禅が円覚寺系とは言いながら、居士禅の専門道場で臨済宗の配下にあるお寺じゃないということもあるでしょう。

800年の時を越えてようやく実現した同じ席上での対話。言い合いになったらどうしよう?などいらぬ心配もしていた心印でしたが、いざどうなることか???

ゲストは小村正孝氏、浄土宗無料寿寺の住職様です。禅フロンティア主宰の玉渓さんとは以前からのお知り合いだったそうで、いろいろとかけあいの妙がおもしろく、また楽しかったです。

禅ブームという言葉も以前あったように、若い人に「坐禅しましょう」と言うと、「そうですねー」と言う人も多いですが、「念仏唱えましょう」と言うと、「はぁ???」と言われるとのこと(会場、大爆笑)。

そう言われると禅ってとても門戸が広いというか、若い人にも入っていきやすいのですが、浄土宗は若い人に入るのがとても難しいそうです。

それでも肉親など近い大事な人が亡くなって辛い思いをしている時に、その方が死んでどうなったのか?ということを説くと、浄土宗で救われる人がたくさんいらっしゃるそうです。

その後、念仏を唱える・・それも一日何万回も唱えるとなると、一日のほとんどを念仏を続けなければならず、入りやすく簡単だけれどもやはり修行の一つなんだなぁと思いました。

老師からは念仏を唱えるのも、坐禅するのも三昧力を身につける点では同じなのだよというお言葉に、一同ふかーくうなずいたものでした。

浄土宗では自分が愚者であると見て、阿弥陀仏に全てをおまかせして、念仏を唱え続けるところからスタートし、禅宗では自分の中に仏があるはずということで坐禅を続けるところからスタートします。

全く逆の方から入るのですが、いずれ到達する境地は仏の境地でそれが極楽浄土であり、方法論の違いはあれど、どっちも目指すところは同じなんだねーと言うことでなごやかに終わりました(ホッ笑)。

最後に、小村様が「極楽浄土があるか、ないかは死んでないので信じるしかないのですが、私はきっとそこへ行くことになっていると思います。そこへ行ったら、ああ、確か日暮里でお会いしましたねぇ~と再会できる日を楽しみにしております」っとおっしゃいまして、皆、大爆笑で終わりました。

極楽浄土で再会できるよりも生きている間に再会したいですよね(笑)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2060)

日本で夜一番遅い参禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2012/9/27 16:52
葆光庵総裁老師の大慈大悲のお導きにより、急遽、今月から擇木禅セミナーのある金曜夜から土曜日朝に青年部参禅会が行われることになりました。
仕事で帰りが遅くなる、青年層をターゲットにした参禅会です。首都圏の皆様お誘い合わせ、ご案内いただき、奮ってご参加下さい。

今年度の開催予定日:

  9月28~29日(金土)
  10月26~27日(金土)
  11月23~24日(金土)
   1月25~26日(金土)
   2月22日~23日(金土)
   3月22~23日(金土)

時間割: 
金曜日
 20時 集合、準備  
 20時30分 老師面談、新到者へ坐禅の仕方説明  
 21時 坐禅  
 21時30分 参禅
   終了後、茶話会  
 23時 開枕
土曜日  
 6時 起床
 6時30分 坐禅
 7時30分 参禅   終了

師家: 葆光庵丸川春潭老師

会場: 擇木道場

会費: 1,000円(禅セミナーの他の部門複数に参加の場合、割引あり)

青年部HP: http://seinenbu.ningenzen.jp   (http://seinenbu.ningenzen.jp  )
HPよりお申込み可能です。

連絡先: 粕谷玉道 09041667642 gyokudokoji@yahoo.co.jp


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (647)
心印です。

8月最後の金曜青年部静坐会ですが、いつの間にか人が増えていて最終的に17名もの参加となりました。

どうもありがとうございます!!

初めて来られた方はポルトガルから日本にいらしているリタさん。
以前、ブラジルから来られているマリアさんのお友達ということで、連れてきていただきました。
マリアさんはこれまたフランスから来られているジュリアンさんのお友達で来られたのです。

だんだんお友達の輪が・・・
久しぶりにイスラエル人の碧眼さんも来られたので、国際色豊かな坐禅会となりました。

初めての方は新到者名簿に名前やメアドなどを書いていただきますが、リタさんとても可愛らしく見えるのに、生年月日を見ると私より歳上???

海外の方だから、2桁の数字で、もしかして和暦? なわけないでしょうしねぇ?
和暦ならもっと若いはずだし(失礼!!)

少し悩んでしまった心印でした(笑)

初めての方が一人で後は、皆、2回目以降の方ということで、坐禅は2回目に来られないんだよね・・・と言いつつも、いつのまにか2回目に来られている方が増えてきているということかもしれません。

また明日も金曜青年部静坐会があります。
今度は何人来てくれるでしょうか?

お待ちしております!!


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (658)

8月5日 日曜静坐会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2012/8/5 10:41
今日もたくさんの方が参加されました。
初めて参加されたお二人は東村山からおいでになり、朝6時半には道場に来られました。
参加者   19名
そのうち初めての方 2名 でした。

読経 「坐禅和讃」

茶席 冷たい水で淹れた抹茶をいただきました。

一行物   「隠徳如耳鳴」
太陽のように恩恵を他に施すという意識もなく、見返りを期待することもなく一切の衆生に
慈悲を垂れることができる人間になりたいものです。 龍泉
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (930)
心印です。
今週金曜になって先週金曜のブログを書くと言う・・・

先週は予約が5名も!!と書いた時から、あれよあれよと言う間に人数が増えて、開催直前にもう一人予約が入り、計9名になりました。

今までこんなことはなかったので、これは予約システムを誰かがいたずらしているのではないか?と半分冗談で思っていたくらいですが、全員本物(?)のお客様でした。

商売繁盛!!(ちがw)

返信で30分前に来てねとお願いしたかいがあり、8時半には全員がそろいました。9名もいらっしゃると居士寮では狭すぎるので、禅堂に上がってもらいました。

金曜の朝の時点でこれは心印一人では手にあまると思ったので、先達の方にメールをして龍泉さん、秋香さんに来ていただきました。また本来は宏道会(剣道)のイベントに出る予定だった魁星さんがキャンセルして来てくれました。


龍泉さんはもう10年以上、秋香さんも5年くらい修行されている方です。

龍泉さんに坐禅の指導をしてもらって、坐禅しましたが、いつものメンバーもぞろぞろと来て、最終的に25名もの参加、摂心会のような3列坐禅となりました!!

金曜青年部静坐会としては今までで一番人数が多かったのではないかと思います。

残念ながらご夫婦で参加された方は、奥様が急に体調を崩されたので抜けてもらい1階でお布団を敷いてお休み頂きました。

女性の秋香さんがいてお世話してもらい助かりました(やっぱ私ら男じゃ気がまわらん・・・w)。

ご夫婦で坐禅されるとか、奥様の体調を気遣うご主人を見て、なんて、仲が良くていいなぁとかw お元気になられたら、また来てくださいね。

坐禅が終わってから、いつもの懇親会で、一人一人自己紹介をしてもらいましたが、初めて参加された方の禅への関心の深さを感じました。

懇親会の後は帰宅組と宿泊組に分かれましたが、宿泊組も多かったです。

朝は6時から早朝坐禅して、この時は50分を2回坐りましたが、初めての方達もしっかり坐られておりました。

龍泉さんも話の中で黙って10年坐ってごらんと言われておりましたが、坐禅はヨガのような即効性がないかわりに、深いものがあるのだろうなと思いました。

こうして初めて来てくれた方の中から続けられる方が出てこられることを願ってやみません。

心印 拝






  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (742)
埼京支部に新しい方が入会されることになりました。

擇木禅セミナーの日 17時から入会式、道号授与式ということで
総裁老師をお迎えして行いました。

庄○さんという方です(プライバシー保護で伏字にしています)。


  
 

写真は道号を披露しているところです。
右にいるのは侍者として会の進行を取り仕切る霊亀さんです。

さて気になる道号は???
徳樹さんです!! お仕事が農業関係だということなので、多分そこから取られたのでしょう。

年齢はとってもフレッシュな20代です。
もちろん独身ということで、京葉支部の独女さんの一部が飛んだり跳ねたりして喜んでおられましたが・・(かなり)年下さんですよー (ププッ)。

道場でお会いしたら、よろしくお願いします!

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (868)

栗山令道先生の剣士の本懐

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2012/7/30 14:48
以前、金曜青年部 静坐会で栗山令道先生の「剣士の本懐」のお話を頂きました。
その時の写真と記事が京葉支部のホームページにありましたのでご紹介します。

「剣士の本懐 栗山令道」
http://keiyo.ningenzen.jp/modules/pico6/index.php?content_id=3 (http://keiyo.ningenzen.jp/modules/pico6/index.php?content_id=3)



擇木道場青年部金曜静坐会にて講話する栗山令道居士



法定の呼吸法で素振りを実習する参加者


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (891)

明日は予約が5名様も!!

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2012/7/26 22:04
心印です。

昨日あたりから、どどどっと(笑)、明日の坐禅会のご予約が入りました。
本当にいったいどうしちゃったのでしょう???

いつもは初めての方は一人か、多くても二人くらいでしたが・・・

初めておいでになる方は坐禅の坐り方や作法を手引きいたしますので、30分前くらいにはおいでくださいませ。

ただ、初めての方は2回目来られるかどうかが分かれ目になるような気がします。2回、3回と来られる方は、しばらく間があいたとしても、また来られたりして続く方が多いような気がします。

前の日曜に突然(笑)ヨガ体験会が始まりましたが、私はとても身体が固いのですね。それで先生が1日1mmと言って、毎日少しづつでもやれば、身体はやわらかくなるのですよと言われました。

坐禅も一寸坐れば一寸の仏と申しますが、同じだなと思いました。
また先達の方も坐禅は毎日の蓄積なんだと言われておりました。

少しづつでも続ければ、仏に近づいてゆくのです。
坐禅をやって足が痛かったーではもったいないです。

毎日少しづつでも坐り、道場に通ってきてそこからが修行になるのだなーと思います。

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (803)

7月22日 日曜静坐会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2012/7/22 11:41
7月22日 日曜静坐会

参加者     12名
新しい参加   2名

一行物 「一滴潤乾坤」 一滴、乾坤を潤す

先週は京葉支部の摂心のため7月15日の日曜静坐会は休みでした。
一週間ぶりにいつものメンバーが揃っての静坐会でした。
あたらしい人が2名参加しました。
二人とも禅に関心があって、一人で坐っていたとのこと。
お住まいも道場に近いので、静坐会に参加しやすいと思います。またおいでください。

「祇園祭りを見学してきた義心さんの京都土産のお菓子で抹茶をいただき、懇談しました。
昨夜、お泊りになった葆光庵老師がちょっとのぞかれました。
静坐会終了後、希望者は藤井先生のご指導でヨガを実習しました。
「禅道場でやるヨガ」という催しものに発展していくとよいですね。 龍泉 記

 
  
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1134)
最新のブログ記事