メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 4月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 最新エントリー

擇木道場や市川本部道場の静坐会にも見えられているyukioninaiteさんのブログ「雪を担いて井を埋む」に

笠倉奈都氏が講師をつとめるニッセイ・ライフプラザ錦糸町での「イス坐禅と写経」セミナー(6月19日、火曜日編)の模様が詳しくレポートされております。

平日の昼間ということで、勤務の都合上、聴きたくても聴けないという人のために
ご本人の承諾を得て、ここにリンクして紹介させていただきます。

http://ameblo.jp/yukioninaite/entry-11281719780.html

yukioninaiteさんに感謝!

(本記事は京葉道場ブログからの転載です)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1134)
心印です。

来週は擇木禅セミナーと禅フロンティアですが、
25名~30名の団体で坐禅会に出てもいいですか?というお問合せがありました。

これは心印の担当範疇を越えると、即、上層部へ【緊急】をつけて、エスカレーション(笑)
こういう時は上にまかせる!!

大学のサークルであちらこちらに行って、いろいろ体験してみようとの集まりみたいです。
なんでもお寺に座禅申し込んだら、人数が多すぎて断られたということで、擇木道場なら広い禅堂があるので、人数的には全然大丈夫ですが、入会式、道号授与式と茶書勉強会にもろにぶつかったのです。

ちなみに心印が2月に入会して以降、埼京支部に一度に4名も入るという快挙!!
とても嬉しいできごとです!!

ってことで、茶書勉強会を1階でやり、2階の禅堂で座禅のレクチャーをしようということになりました。
若い大学生の頃から座禅に親しむと言うことは、私にはうらやましいなぁと思うところもあり、これから社会に出てくる子達が、人生の指針を得るには座禅はとてもいいと思います。

是非、座禅に親しむ人が一人でも二人でも増えればいいなと思う心印でした。

でも意思決定や指示、調整がとても早いうちの上層部w、会社じゃなかなかこう軽快には動けないよなぁと思う、今日この頃です。

こういうところは組織力、そして日頃から禅でつちかった人間力のようなものがあるのだろうと私には想像するばかりのできごとでした。

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1055)
心印です。

日曜静座会は新しい方が5名、お友達と連れ立って来られました。

摂心会の後、そのままお泊まりになられていた老師、持者役の玉渓さんも参加されたので、心印としては若干ビビリましたw

老師が坐禅されるのをちゃんと見たのは初めてです。
一緒に坐禅できるなんてとても嬉しかったです。

さらにいつも来られる日曜静座会の方達もいれて、禅堂の左右1列づつでは足りず、初の2列座禅となりました。私はまだ道場に来て半年ですが、静座会で2列になったのは初めて見ました。

摂心会や禅フロンティアなら2列、3列当たり前なんですが・・・

若い方達はさすがに座禅してみようと連れ立って来られるだけあり、問題意識の高い真面目な方達でした。

次回の禅フロンティアは「新型うつと禅」なので、まさにその世代です。
ぜひまた道場にきて欲しいな~と思った心印でした。

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (931)
日暮里 谷中の擇木道場にて定期的に開催している
禅セミナーならびに禅フロンティア22回を迎えましたew_icon_a460.gif
 
今月は6月23日(土)~24日(日)まで2日間の開催です。
4種類の会がございます。1つでも複数でもご参加いただけます。
ご興味のある会がございましたら、どうぞお気軽に下記窓口までお問い合わせくださいませew_icon_a811.gif
途中参加、退室も可能ですew_icon_a461.gif
詳細は各会の窓口にお問い合わせくださいませ。
 
6月23日(土)茶書勉強会 13:30受付  奥田正造著   参加費1000円
                 14:00開始  『茶味』輪読後、坐禅(30分)、参禅(30分予定)
                 17:00終了予定
         剣書勉強会 18:45受付  小川忠太郎著  参加費1000円
                  19:00開始  『剣道講話』輪読後、坐禅(30分)、参禅(30分予定)
                 21:30終了予定
                          但し終了後の懇親会費は別途実費
6月24日(日)俳書勉強会  9:00受付  上甲平谷著   参加費1000円
                  9:15開始  『芭蕉俳諧』輪読後、坐禅(30分)、参禅(30分予定)
                  正午終了予定
         禅フロンティア  13:00受付  テーマ「新型うつ」から見る現代と「禅」 参加費2000円
                  13:30~   ゲスト:清水隆司氏
                          フォーラム後、坐禅、参禅、茶話会
                  
                  17:30終了予定

※参禅とは、老師との一対一の禅問答です。ご希望の方は、事前にお申し出ください。
※3つ以上参加される場合は、参加費3000円となります。但し宿泊費は別途1000円を申し受けます。

【開催場所】 擇木道場(台東区谷中7-10-10)日暮里駅南口徒歩3分 電話/fax 03-3823-7647
【お申込みならびにお問い合わせ窓口】
茶書勉強会 幹事 佐藤妙珠 fax 047-373-7561
剣書勉強会 幹事 三松無妙 電話/fax 047-375-3586 mail: mimatsu1@sonata.plala.or.jp
俳書勉強会 幹事 大熊蕉山 fax 047-373-7561 mail: zen.okuma@nifty.com
禅フロンティア 代表 笠倉玉溪 ホームページ zenfrontier.org 携帯080-5047-9885
mail:  natsu@kxe.biglobe.ne.jp

 
今月の禅フロンティアのテーマはew_icon_a77.gif
 「新型うつ」から見る現代と「禅」
  復職率80%の産業医が語る今と「禅」から学ぶ悩みの正体。

ゲスト
清水隆司氏(日本メディメンタル研究所所長。産業医として現行20社以上に関わり、うつになった社員の予防と再発防止、職場復帰に取り組んでいる。患者と企業の双方を知る立場からのきめ細かい指導と共に、企業側へ労働トラブルの和解・仲介をするなど、従来の産業医の枠を越えた活動が注目されている)

 最近「現代型うつ」とも呼ばれる新しいタイプのうつが注目されている。若者に多いとされるこの心の病は、従来型のうつ病と同様の症状だが、職場を離れると気分が回復し趣味や旅行などはでき、うつになった原因を自分ではなく職場や他人にあると考える性格が見られるという。病としての評価も定まらず従来の抗うつ薬が効きにくいため、学会でも対応策を模索し始めている。またこうした社員を抱える企業は65%に上り(NHK調査)、企業の対応に苦慮する現状は深刻だという。
  

 今、何が起こっているのだろうか。こうした“ゆがみ”はどこから出てきたのか? 従来の社会の価値観に適応させようとする“大人”と、適応できない悩みを抱えた“若者”のギャップなのか。「働く」「幸せ」の価値観が多様化したからなのか。教育や親子関係の環境等も含め、この病の背景は複雑だが、「新型うつ」を入口に今後の日本社会のあり方を考えるきっかけとして取り上げたい。

 一方、禅は古来から多くの悩める人々に一貫した方法を説いてきた。心は時代の波に影響は受けるが根本は変わらない。禅による悩みの正体そのものに迫る議論にもご期待いただきたい。企業側、患者側双方にとってはもちろんのこと、もはや他人ごとではない社会全体の行く末を考えるフォーラムに多くの皆様の積極的なご参加をいただきたい。
 
フォーラムの後は、心静かに本格の坐禅を体験する時間もお楽しみください。


チラシはこちらです(擇木禅セミナー PDF形式)
 

チラシはこちらです(禅フロンティア PDF形式)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1314)
心印です。

昨日の玉渓さんの法話!! 「般若心経」 たくさん来場頂きました!!
まるで禅フロンティアの時みたい・・・というのは言いすぎですね(笑)

でも50~60人くらいはいらっしゃったのだろうかと思います。
会員が30人くらいはいたと思うので、後は一般のお客様でした。

法話は般若心経ですが、最初の題名の一部、「摩訶」は意味は大きいということなのだそうですが、いわゆる大きい小さいの大きいという意味ではなく、もっと広大な宇宙に広がるような命のような、とにかくそういうものを指していて、このお経をインドから持ち帰って中国語に訳そうとした時に訳し切れなかったということで、そのまま音読みにして漢字をあてた・・・ということだそうです。

1時間、般若心経の意味をざっと説明して頂きましたが、結局、このお経に説かれる「空」は坐禅してつかまなければわからないということで、

その後、坐禅体験がありました。やはり30名くらい一般の方がいらっしゃったので、ほとんどお帰りにならなかったかと思われます。

1時間だけでなく、ちゃんとしたコースがあって、カルチャーセンターで4回のセットで行うそうです。

玉渓さんが講義されるのを一度聴きに行きたい・・と思いつつ、いつも平日昼間なのでビジネスマンの心印にはとても行けないのです(泣)。

いつか聴きに行きたいなぁ・・・

来ていただいた方、どうもありがとうございました。
これをご縁に坐禅に親しまれる方が増えたらいいな~と思う心印でした。

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (982)

摂心会 絶賛(?)開催中!!

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2012/6/4 8:24

擇木道場の心印です。
今日はとても天気がいいですね!!
気持ちがいい朝を迎えています。皆様はいかがでしょうか?

今日は擇木道場で絶賛(?)開催中の摂心会についてです。

【摂心会 開催中】
2012年 6月 2日 (土)~2012年 6月 9日 (土)  
擇木道場では一週間の摂心会を開催しています。摂心会とは一週間、道場に泊まりこんで坐禅三昧に入る強化合宿の修行です。

・もちろん一般の方でも参加できます。
・出入りは自由なのでお時間ある時にお越しください。 
・お寺の坐禅会では物足りない方、当道場では老師に参禅する修行ができます。

希望者は宿泊することもできます。 スケジュールなど詳しくはこちらをご覧ください。 http://takuboku.ningenzen.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=10 
 

 ====================================
【般若心経の法話があります!!】
擇木道場の玉渓です。

擇木道場(禅フロンティアの場所)で摂心をやっております。
7日木曜日(夜7時~8時)に私が「般若心経」についての法話をいたします。

通常の講義では、1時間半を最低4回でコースにして各カルチャーセンターやセミナーでお話しているものですが、1時間にまとめてお話します。

「般若心経」にご興味がお有りの方がいらっしゃいましたら、ぜひダイジェスト版ですが聞きにいらっしゃいませんか?

簡単な内容をまとめたレジュメも差し上げます。

8時半からは9時まで坐禅、休んで9時半過ぎまで坐禅の時間もあります。出入り自由ですので、よろしい時間まで道場での坐禅も体験下さい。お目にかかれればとてもうれしく思います。お待ちしています!!

笠倉玉溪 拝
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (898)
禅フロンティアの報告を掲載しました(文章 笠倉玉渓)。

こちらをご覧ください。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (830)

5月29日 火曜静座会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2012/5/30 1:38
心印です。

5月29日 火曜静座会は参加11名でした。

初めての方は1名、ツイッターのリツイートを見て、ホームページを見て来られたそうです。
女性は禅を始めると、きれいになるので美容や健康にもいいと思います。

もちろん、美容や健康はあくまでも副次的な効果で、禅には生死の問題など、もっと深いものがあるのですが、そういう入り方もありだと思います。

ぜひ、続けられることをお祈りします。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (791)
心印です。

昨日の金曜青年部坐禅会は、12名の参加でした。
今朝の土曜日早朝坐禅会は5名の参加でした。
どうもありがとうございます。

初めての方は昨日1名、
この方は「東京で一番夜遅い坐禅会&一泊坐禅会」コースに初めて申込みされました!!

今朝は初めての方1名、
このホームページのお問い合わせからの申し込みでした。

だんだんリピーター率(?)が増えてきております。
本当にありがたいことだと思います。

20代の方が増えているので、平均年齢がぐっと下がって青年部という名前に恥じない会になりつつあります(私が一人で平均年齢上げていたのをカバーしてもらっておりますw)。

さて、今日は擇木禅セミナー、明日は禅フロンティアとイベントが目白押しです。
忙しさに負けないように頑張ろう!!

以下は、昨日の感想です~

・半眼だと眠くなるので全眼でがんばった。腰を伸ばして、背中をはり、肩の力をぬくように意識した。やはり姿勢は大切だと感じる。 (玉道)

・初めての体験でしたが変な感覚でした。姿勢を意識するのが大変でしたが、毎日続ければ何か変化があるのかなと思いました。 (Y.N)

・まだまだ始めて間がないので、雑念ばかり。背筋も曲がっていた。 (T.S)

・雑念が多く、集中するのが難しいと感じました。 (H.I)

・3回目でしたが意識を感覚に集中させることを学びました。どんどん自分の精神をコントロールできるようにしていきたいと思います。 (Y.K)

・今日はイベントがなにもないので、人数少ないかと思いましたが12名もきたのでありがたいでした。 (心印)

・特に工夫がなくなった。 (A.H)

・眠くなる→呼吸に集中する→眠くなるの繰り返しでした。 (O.N)

・時間が長く感じました。 (ゆみまろ)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (912)
心印です。

昨日の金曜青年部坐禅会は、なんと18名も参加を頂きました。
どうもありがとうございます!!

まずは坐禅でいつもの時間よりも長く、みっちりと坐りました。






坐禅の後、京葉支部長、宏道会(剣道)会長の無刀さんが、以前、「禅」誌に書かれた「剣道に生きる」をもとにお話をしてくれました。

小学生の頃から剣道をやりはじめ、中学生、高校と、小川忠太郎先生に剣道を教えてもらったそうです。

就職に悩んでいた頃、先生に頂いた言葉で、その後の仕事のやり方がうまくいくようになったという話。

それは「事いまだならず小心翼々 事まさに成らんとす大胆不敵 事すでに成る油断大敵」という勝海舟の座右の銘です。先生に、「岡根屋君は、大胆不敵はでいているが、油断大敵が苦手だね」と言われたそうです。



それから会社に入ってからの仕事の話、大手上場企業のコンサルティングをやっていらっしゃったそうですが、剣道もその後ずっとやられていて、小川先生が亡くなられてから、しばらくは人生の師と思う方を失い、他の師につくことができなかったそうです。

そうしているうちに、人間禅の老師から、小川忠太郎先生の剣道を後世に伝えるには禅をやったほうが早いと言うことで、禅の修行を始められたということです。




この後、1Fの居士寮に移って懇親会をやり、いろいろな話を聞くことができました。

自己紹介で青年部に来られている人が、小学校の時にやっていたとか、 今もやっているとか、剣道に縁がある人が多かったのは意外でした。

青年部はいつもお鍋とか懇親会を仲良くやっているのがいいなーと、でも青年部にお邪魔するのは歳が・・・みたいに言われていた知韻さん。

私が一人で平均年齢を上げているので大丈夫ですよw
最近は、20代の方が数名参加を頂いて、平均年齢を下げて頂いていますし。

チョコレート頂きましてありがとうございました(甘いもの大好きです)。
また来てくださいね(お泊りで)。

無念さんは禅に興味があるという同僚の方に声をかけてくださり連れてきていただきました。聖持役ありがとうございました。

金曜青年部はこんな感じで毎週、坐禅会を開催しています。

21時スタートですが、それでも間に合わないとか、仕事で遅くなった方も途中から入堂できます。遅すぎて終わると帰れないという遠方の方も大丈夫。

擇木道場は宿泊も可能なので、「東京で夜一番遅い坐禅会 & 一泊坐禅会」ということでやっておりますので、皆様いらっしゃいませんか~

心印 記
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (961)
最新のブログ記事