メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 最新エントリー

日曜座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/5/9 9:33
57日 日曜座禅会
初めての参加  3
2回以上参加  4
支部員     3
合計     10
 
読経    「般若心経」
一行物   「檻前山深水寒」
北周隋代の僧璨(そうさん)(達磨大師から数えて3番目の祖師)による『信心銘』の「至道無難」に関する公案が『碧巌録』に4則採られている。「趙州至道」に対する雪竇重顕の偈頌にある「天際日上月下 檻前山深水寒」から出た一行物。深山幽谷の美しい景色を思わせる一方、水は清く冷たいという当たり前のことを言っている。「道」はどこかほかにあるのではなく、身近なところに当たり前のようにあるものだと言っています。
 
一行物の紹介のほか、葆光庵老師の作成された「相対樹、絶対樹」を説明した。相対的思考は自然科学の進歩に不可欠であるが、絶対的思考も人間形成には必要です。その分野の開拓手段には「数息観」が良い。擇木道場では一週間に数回の坐禅会を開催して「数息観」を弘める活動をしています。
連絡事項
519日、20日に禅セミナを開催します。
520日午後は「心療内科と禅」というテーマで禅フロンティアを開催します。
龍泉 拝

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (64)

座禅はなにが難しいのか?

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/5/7 22:12
心印です。
 
座禅で何が一番難しいのか?と聞かれたらなんて答えるでしょう?
数息観? 数息観は確かにシンプルなだけに難しいですよね。
公案? 参禅している会員は公案(禅の問題)を授かっていますから、これは確かに難しいです。
 
でも違うんです。もっと難しいことがあります。
それは続けること、継続することが一番難しいのです。
 
先日のブログに、金曜日の夜に来られる方の中で、毎年300名くらいが来られるのに、1年以上継続している方はわずか二人だと書きました。その割合わずか0.7%、1,000人来られたら7人しか1年以上継続していないという計算です。
 
なので入会しましょうねという話にしたのですが、入会したとしても続けられるだろうか?という自信がない方もいるようです。でも自信がある方が続くわけでもないのです。過去、入会された方のうち、人格も性格もしっかりされている方が、じゃあ続くか?というとそうではない。この方は性格が弱いから、もしかしたら続かないかも?という方が続いていたりします。
 
入会しても、しなくても継続することは同じように難しい、でも入会した方が、より仲間意識が強くなる(人間禅は家族であると立教の主旨に書かれています)し、一人では無理でも、仲間で頑張れば続くのが人間です。
 
なので入会して、仲間の中に入って、皆で頑張れば続きますよ(続きやすいよ)というお話でした。
 

 
金曜の夜はだいたい、座禅後に勉強会をしています。ここで座禅についての話をしますので、興味があればご参加ください。座禅は座ることが大事ですが、正しい座禅をすることが重要です。勉強を通じて自分が正しい座禅をしているかを、この場でチェックすることができます。間違った座禅をしていると、これは効果がありませんから、続かなくなる原因になりますよー。
 
心印 拝
 
 

 
またYoutubeの私のチャンネルにも勉強会や講演会のビデオをアップしていますから、ご覧くださいね。
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (99)

本部道場にて

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/5/6 17:06
本部道場にて  
風香る 笑顔に 集う 山の上
 
雲泉 拝
 
山 頂上 に対する画像結果
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (93)

五十嵐晴美さんギター弾き語り玉村梨紗さんギター弾き語

癒しの座禅と癒しの歌姫 五十嵐晴美さん ミニコンサートと座禅体験会

6月3日(土) 13時半開場、14時開演





擇木道場では今年から音楽をやっているアーティストとファンの方に向けて、ミニコンサートと座禅体験のコラボイベントを行います!! 2回目はギター弾き語りで都内を中心にライブ活動中の、シンガーソングライター五十嵐晴美さんを擇木道場へお呼びします。

角丸四角形: 五十嵐晴美さん プロフィール
東京都内を中心にライブハウス・ストリートで活動中のシンガーソングライター
力強い歌声と懐かしさを感じさせるメロディーが幅広い世代からの支持を受けている

2015年に活動開始以降精力的にライブイベントに出演
楽曲制作も積極的に行い、2枚のミニアルバム・1枚のフルアルバムをリリース

2017年8月、自身7回目となるワンマンライブ(@赤坂グラフィティ)の開催が決定

オフィシャルサイト

アメブロ「Sunny after the Storm!!

ツイッター「@hanmi0816

インスタグラム hanmi5874

ツイキャス「hanmi0816

SHOWROOMSTAR LIGHT MUSIC

角丸四角形: 開催スケジュール

開催日 6月3日(土)
 受付開始 13時30分
 開催挨拶 14時00分         五十嵐晴美さんと擇木道場の紹介
 座禅体験 14時30分~15時30分  座禅指導:緒方心印
 ミニコンサート 15時30分~     五十嵐晴美さんミニコンサート
 
 ミニコンサート後は、ファン交流、グッズ、CD販売等 終了は17時30分頃を予定

参加料金 2、000円 

会場 110-0001 東京都台東区谷中7-10-10 人間禅 擇木道場
   TEL 03-3823-7647

ご予約は擇木道場ホームページから 
http://takuboku.ningenzen.jp
担当:人間禅 東京支部 擇木道場 緒方心印

ご予約はこちら

http://takuboku.ningenzen.jp/uploads/ckeditor/images/20120418215404.jpg http://takuboku.ningenzen.jp/uploads/ckeditor/images/20140422042656.jpg GErxuQbq.jpg
角丸四角形: ファーストフルアルバム 2017/04/22(木) 1st ALBUM「 MY SOUL 」 リリース!!
 
http://t2p.ciao.jp/wp/wp-content/uploads/2017/04/MY-SOUL_DISCO.jpg

 

★初のフルアルバムは未発表新曲「くちびるにキスを」を含む全10曲を収録!
★ライブでお馴染みの楽曲がアコースティックギターアレンジで収録された待望の1枚!
★ワンマンライブでお世話になっているミュージシャン・馬場一人さんが参加!

★当日お買い求めいただけます。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (153)
心印です。
 
市川の本部道場では摂心会が行われていますが、毎年GWは大阪に帰省しています。
 
さて前回のブログで「他人の庇を借りて修行するようでは本当の禅にならない」と書きました。自分で書いていてなんですが、その理由は何故だろうと? あれから考えていて、あらためて意味や由来をネットで調べたのですが、「他人の庇を借りて・・・」と言うのは検索しても出てきませんでした。
 
あったのは「庇を貸して母屋を取られる」というのがあったのですが、これは意味が違います。
 
あれ?「他人の庇で・・・」って言うのはなかったっけ?と探したら、「人の褌(ふんどし)で相撲を取る」と言うのがあって、これが似たような意味です。・・・こちらが本家?でしょうか? 変化したのかもしれませんが、まあネットの「故事ことわざ辞典」に無かったと言うだけで、本当に存在しないとは言えません。
 
で、「人の褌(ふんどし)で相撲と取る」の意味は、「故事ことわざ辞典」によると、「他人のものを利用したり、他人に便乗したりして、利益を得ること。」と書いてあって、禅は利益と言うと違和感があるというか、当てはまらない感じになります。
 
「他人の庇を借りて修行する」と言う方が、まだ禅に近いような気がしますが、意味を仮定すると(?)他人の庇を借りて・・・は、例えれば擇木道場の座禅会。それを借りるということで、ビジターとしての参加になるでしょうか?
 
ビジターとして参加すると禅にならないのか?と言うと、ちゃんと参加費を払って頂いているわけで、運営に寄与してもらっているので禅になるはずです。ただ、そこには寄与するレベルに深浅があって、責任のないビジターでの参加と、入会して開催する側に回って責任がある立場では自ずと差が出てくるのは当然です。
 
人間形成の禅、人間禅という立場からすれば、他人の庇を借りているようでは人間形成も浅くなってしまうでしょうし、入会していなくても擇木道場を自分の通う道場として運営側に近い感覚を持たれている人もいますし、入会してもお金だけ出していればいいというものでもありません。
 
ここに人間形成の難しさもあるわけで、やはり自分が汗を流すというところから人間形成も進むわけです。人間禅は伝統的に作務(禅の修行として作業すること)を、座ることと同じくらい重要視していて、摂心会のうち、かなりの時間を作務に割り当てています。
 
これも汗を流して作務になりきって工夫することが、人間形成につながるということなのだろうと思います(もちろん必ずしも肉体労働でなくても、パソコン作業でも作務のうちです)。
 
入会していなくても摂心会に参加すれば作務をすることはできますが、一時的な作業の割り当てになってしまうので、人間形成を考えるのであれば、入会して支部や禅会の中で正式な役位を割り当ててもらった方が良いでしょう。
 
まとめると他人の庇で座禅だけをするよりも、入会して正式な役位を割り当ててもらって摂心会に参加する方が人間形成は進むと言うお話でした(もちろん人によって例外はあるのは当たり前です)。
 
心印 拝
 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (88)
心印です。
 
昨年度の東京支部での摂心会にあたって、3回(摂心会は年3回あるので)の講演会は、「心がブレない生き方と禅」のシリーズでした。これは慧日庵笠倉玉溪老禅子(えにちあん かさくら ぎょっけい)が、講演されていたものです。
 
アドレスはこちらになります。
http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/details.php?bid=1521
 
『心がぶれない生き方と禅1 心のブレを無くすには~』
2016626()
 
『心がぶれない生き方と禅2 心がブレない生き方と禅2 納得できる人間関係を築くには』 2016918()
 
『心がぶれない生き方と禅3 心がブレない生き方と禅3 ストレス、負のスパイラルからの脱出』 201725()
 
 
特に座禅を始められたばかりの初心者の方は、よく見て頂いて勉強して頂きたいと思います。でも座禅を数年やられた方でも、あらためて聞くと、その方の境涯に応じてまた深い味わいができるので、誰でも座禅をやる方は全員が見て頂きたいですね。
 
心印 拝
 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (101)

入会のメリットとは?

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/4/26 2:46
心印です。
 
人間禅に正式に入会して本格的に座禅の修行を始めることは、人によっては重く受け止める人生の一大事だったりするし、これまた人によってはそこまで深く考えずに良さそうだからと、簡単に入会してしまう方もいて、いろいろである。
 
そのどちらが間違いとか、正解というものはなくて、それこそ禅のもっとも嫌う相対的な対立思考というものである。
 
禅的な絶対的な位置から見ると、入会するという事実だけがあって、そこに軽い、重いは本来ないのであるが、禅の修行を始めたばかりの頃は頭でわかっても、体得できるものではないでしょう。
 
とは言え、入会のメリットというのは確かにあって、いくつもあるメリットもまた、人によっていろいろあると思うのだが、私個人の話をすると、一番のメリットは継続できるということである。
 
座禅の修行で座ることが心から楽しくなってくるのは、十分に道力(禅定力、三昧力とも言う)が熟してからであって、最初のうちは足は痛いわ、時間とお金はかかるわ、仕事も気になるし、遊びにも行きたいしと、こんな調子である(私は今でもそうであるw)。
 
でも摂心会や金曜の座禅会となると、仕事やプライベートよりも道場を優先する体制に入ることができる。それは役位があるからで、私の場合は侍者という重要な役位なのである。
 
もし役位が割り当てられず、自分が座禅、参禅するだけであれば、今日は行くのやめて家に帰ろうかなぁと、仕事の疲れにすぐ負けてしまうと思うのです。
 
総裁老師が埼玉の参禅会の垂示(すいじ)で、東京支部は人が多くなりすぎて、これでは他人の庇を借りて修行する人が出てきてしまうと仰られた時にそう思いました。私がもし侍者でなかったら、5年も座禅を続けてこられただろうか? 多分、続いていないと思いますね。
 
なので入会したら、何らかの役位が割り当てられるべきだし、道場の仕事もいろいろあって、その人ができる範囲でやってもらえればいいと思います。またそうでないと人の庇を借りているようでは本当の禅にならないでしょうね。
 
なのでなるべく道場でやっている静坐会(座禅会)には出て、直日や、助警や、聖侍の役位をやって欲しいと思います。
 
そして、この役位は基本は入会された会員の方か、入会していなくても長年道場に通っている方に割り当てらるのです。
 
入会する、そして役位を割り当てられる、そうすると責任感が出てきて、まあプレッシャーやストレスにもなりますが、それで座禅が結果的に継続できているような感じです。
 
また別の方向から考えると入会せずに1年以上続いている人はいるか? と言うと、金曜日だけで考えるとNさんとAさんの二人だけです。金曜だけを考えても初めて座禅に来られる方は年間300名くらいになりますから、この1年以上続いている人は0.7%にしか過ぎません。
 
初めて座禅に来られる方に聞きます。あなたは座禅を続けたいですか? 入会せずに0.7%に入る自信はありますか?
 
普通はないと思います(私は無理だw)。なので入会しましょうね()
騙されたと思って座禅を続ければ、これは必ずいいことがありますよ。
 
心印 拝
 
おまけw 20代の頃の心印

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (116)

427日~56日の期間中、擇木道場のスタッフは市川本部道場の摂心会参加のため、この期間の座禅会を中止させていただくことになりました。
告知が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。
この期間中に座禅を希望される方は、市川本部道場にお越しください。
全国から座禅をしている方々が集まる機会ですので、ぜひお越しください。多くの仲間がお待ちしています!
市川本部道場のアクセスはこちら
 
中止となる座禅会は以下の通りです。

428日(金) 東京で夜一番遅い座禅会
29日(土) 土曜早朝座禅会
29日(土) 女性部座禅会 女性の美は座禅から
30日(日) 日曜座禅会
5月 2日(火) 火曜座禅会
3日(水) さいたま座禅会
4日(木) 木曜耳順会
5日(金) 東京で夜一番遅い座禅会
6日(土) 土曜早朝座禅会
6日(土) 女性部座禅会 女性の美は座禅から

※5月7日(日)の日曜座禅会は通常通り開催いたします。
 
 
 


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (69)

4月23日 さいたま参禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/4/24 9:56

調べたら、平成26530日を第1回として始まったさいたま参禅会は、

3年になりました。 3年たったのか、4年なのか、時間感覚をなくして

いて、ほぼ毎週開催の座禅会も137回となりました。
 

 さいたまは、未だ、公共施設利用の座禅会、参禅会なので、土日泊りがけの日課が組めず、また土日開催では、公共施設の抽選からも外れ、今回も擇木道場をお借りしての開催でした。
 

 普段、お線香を焚けない公共施設での参禅会なので、立ち上る煙と香りにむせながら、いつもどおり2回の静坐、2回の参禅でした。
 

今回も、東京支部、水戸禅会の方々の大勢の参加を得て、終わってみたら2時間半も坐っていました。
 

総裁老師の円了のご垂示では、「一年の猶予をやる。必ず禅会となれ。」

とのお言葉をいただき、体調のお悪い中、御礼の会にもご来臨くださいました。
 

16人もの参加となった御礼の会では、中華店の2階を借り切り、お酒に紛れ、この3年の総裁老師、仰月庵老師、そして道友への感謝をうまく言えないまま、タイムオーバーとなりましたが、そんな中、来月から始まるこの1年をどうやろうか、会場探しをこうやって手分けしてやろうと、打ち合わせしたりできました。
 

みなさまへの感謝は、言葉ではなく、これからの行動で示したいと思います。
 

 

 さいたま座禅会は、次回の参禅会から自立の会となり、また、新しいページを開くことになります。座禅会を充実させ、まだ見ぬ大勢の道友と1年後はともに坐っている、その実現のためのスタートです!!

                               海香

 

 


 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (69)
心印です。
 
この日の仕事は19時くらいに終わって、家に帰ってバイクで道場に行くにはちょっと遅いかな?ってことで、仕事場から直接道場に行きました。
 
この日は予約は1名いらしたのですが、直前に都合が悪くなったとのことでメールが入っていました。予約なしで来られる人もいつもはいらっしゃるのですが、この日はいらっしゃらず、老師も面談をして頂けるということで、道場にいらっしゃったのですが、面談される方もいらっしゃらず、大変申し訳なかったです。
 
座禅会も一般の方は3名だけで、会員のスタッフの方が10名くらいとこれも珍しくて、会員ばっかりでした。仕事がゴールデンウイーク直前の月末なので皆さん忙しかったのでしょうか?
 
さてホームページのシステムはImpressCMSというソフトを使って構築していますが、このメルマガのシステムがとうとうパンクしてしまいました。しばらく前からおかしいなとは思っていたのですが、法照さんが2つ登録してあるメールアドレスのうち一方にしかメルマガが届かないと言うことで発覚したのが、3月初め。
 
技術的にはパンクではなく、ブラウザのタイムアウトなのですが、3000名の方にメールを送信するシステムとしては簡易的過ぎるということです。もともと数百名くらいしか考えられていないシステムを使っているわけですので仕方ないのです。
 
ImpressCMS自体にはメルマガなんて機能は持っていなくて、これは他の人がXoops(ずーぷすと読みます)用に開発されたモジュールを流用してインストールするのです。ちょうど、スマホにアプリを入れるのと同じで、ImpressCMSXoopsとある程度、互換性があるので、共通のモジュールを使うことができるのです。
 
しかし、このメルマガのモジュールについては、本格的に大人数に送信できるモジュールはなかったのです。他のシステムでもメルマガについては「まぐまぐ」などのメルマガサイトを使うものがほとんどです。
 
ここでSEとしては悩むわけですが、そういう「まぐまぐ」に乗り換えるか? でも、ImpressCMSのいいところは、ブログや記事や予約などの機能がホームページに一体化しているのが売りですから、メルマガだけ他のシステム?ってのは抵抗がありました。
 
そこで無謀な賭けに出ます()
 
このモジュールを大人数でも対応できるように改造できないか?
 
はいここで、一般の会社ならどうするか? IT業者に見積もりを依頼するわけですが、私はSE、自分で作ってしまおうと、でもこのモジュールの中身をそれまでちゃんと見たことがありませんでしたから、まずは中身を見ることから始めました。
 
大人数に対応させる方法は、原因がブラウザのタイムアウトなので、ブラウザから送信するのではなく、バックグラウンドでバッチで送信すればいいということはわかっていました。
 
その方法も同時に調べていきます。3月いっぱいはそれだけの調査で時間を費やしました。4月に入っていよいよ改造に着手しましたが、改造に20日くらいかかりました。こればっかり仕事としてやってるなら、半分以下の日数で可能ですが、昼間は本業のSE稼業、この作業は帰宅後の深夜、睡眠時間を3時間まで削っての作業です(いつものことですが・・・)。
 
4月10日頃にようやく完成して、擇木道場のホームページにインストールでき、一発で動きました!! っても事前に擇木道場ホームページをコピーして、メールアドレスを自分のものにしたサイトでテストしているので大丈夫なはずでした。
 
このサイトでテストすると自分宛に3000通ものメールが一気にに流れ込んでくるので、しばらくOUTLOOKが固まってしまうという() 後で、ルールを作って自動削除するようにしたら、固まらなくなりましたが。
 
SEの作業って言うのは一般の方にはなかなかわからなくて、なんでそんなに時間がかかるのかわからないもののようで、ブログに書いてみました。
 
話を元に戻すと(?)ゴールデンウイークの間、市川の本部道場で摂心会が行われている間、擇木道場の座禅会はお休みになります。座禅は市川の本部道場へおいでください。
 
心印 拝
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (86)
最新のブログ記事