メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 8月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 最新エントリー

緑陰 坐TEN to FIVE

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/8/4 19:37

擇木道場の山田妙玲です。

 

梅雨明けと同時に大変な暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしですか?

遅くなりましたが8月の「坐TEN to FIVE」のご案内です。

開催日は8月14日(第二水曜日)です。丁度お盆の時期に重なりますが、心も緑陰に染まりながら座ってみませんか。・・快い風が吹くかもしれません。

ご参加お待ちしています。

今回の直日担当は、林翠松禅子です。下記の案内をご覧ください。

 

 

日常の様々な束縛を一時離れ、心おきなく思う存分座ってみませんか?

60畳の静謐な空間がお待ちしています。月に一度、開催日は、月毎に変わります。坐禅経験者を対象としますが、あまり構えずご参加ください。ご自身の体調や都合に合わせて入堂、出堂、坐を解くのもご自由です。

 

・座禅経験のない方は毎日行われている他日時座禅会で座禅指導をお受け下さい。

詳しくは人間禅・擇木道場のホームページの座禅のご案内をご覧ください
   http://takuboku.ningenzen.jp/index.php

・参加費:500円以上の喜捨をお願いいたします。

・時間: 下記時間割にそって所定の時間に鳴り物で合図をします。

・昼食: 各自ご用意下さい。居士寮に茶菓子を用意しております。ご利用ください。

______________________________________________________________________

 

10:00 ~ 11:00 座禅(45分)・経行・休憩

 

11:00 ~ 12:00 座禅(45分)・経行・読経(開経偈、般若心経)

 

12:00 ~ 13:00  昼食休憩

 

13:00 ~ 14:00 座禅(45分)・経行・休憩

 

14:00 ~ 15:10 座禅(45分)・経行・読経(坐禅和讃)・休憩

 

15:10 ~ 16:10 座禅(45分)・経行・休憩

 

16:10 ~ 17:00 座禅(40分)・読経(観音経・四弘誓願文)・終了

 

・その後時間のある方は茶話会にもどうぞご参加ください。18時までに解散。


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (59)

懇親会の効用

カテゴリ : 
老師通信
執筆 : 
擇木道場 2019/8/4 19:28

懇親会の効用

丸川春潭

 最近、人間禅の修行をはじめてまもなくして来なくなった人が、その理由の一つに、人間禅の摂心会に集まってきた人を見ていると「幸せそうな顔をしている人がいない」ということをその理由に挙げていました。

 自分はどっぷりそういう雰囲気に浸かっているからこの感覚は新鮮であり、なるほどなあと納得しました。そして二つのことを考えました。

 一つは、6月の初め頃の小生のブログ「道力(胆力)を付けるには」(その1)で書いていますが、世に数多ある瞑想法には癒やし系と修行系があることに触れそれぞれを仕分けましたが、我々の摂心会は修行系の最たるものです。しかし擇木道場には癒やし系の方向性を持って道場に来られている人も結構多いと思います。その人たちが公案の工夫に苦虫を噛みつぶしたような面々を見ると確かに幸せそうな顔とは見えないでしょうね。

 先師磨甎庵劫石老師は、摂心会中は白い歯を見せるな!と何度も繰り返し云われていました。白い歯を見せるなと云うことは、笑ったり談笑するなということですが、摂心会中は静座や参禅の時間のみならず食事の時も作務の時もその休憩の時も、道場に一歩入ったら正念の工夫を断絶しないようにと小生も申してきました。新到者の目から見てみんなが幸せそうな顔をしていないというのは本格の良い摂心会をしていると云うことになるわけです。この人は人間禅の摂心会を自己変革の場ではなく癒やしの場くらいの認識だったのかもしれません。しかし全ての新到者に対してニコニコする必要はありませんが、丁寧な親切な応対をしなければいけないし、間違っても大きな声で注意するなどはやらないように気をつけなければなりません。

 もう一つは、この人は日頃の静座会にはほとんど顔を出さず、いきなり摂心会に何回か来て入門し、何回か参禅をしたのですが、懇親会に参加したことがない人でした。東京支部の内外でも、静座会とか摂心会には参加するが懇親会にはほとんど出ないという人は結構おられるのではないでしょうか?

 小生は和歌山で支部を立ち上げ、また転勤で鹿島に来ても支部を作りましたが、摂心会円了懇親会のみならず月例静座会でも懇親会は必ず実施してきました。そしてこれが支部づくりに繋がったと思っています。

 耕雲庵英山老師は、「摂心会の打ち上げ懇親会がしっかりできない者は一週間しっかり修行していないからだ!」と云われておられました。懇親会は付け足しの+αではなく、大切な行事と捉えるのが人間禅の伝統なのです。旧参は特に利他のために、また支部づくりのために懇親会には積極的に出席して場を盛り上げてほしいものです。そして新到者には、厳しい修行の一面だけではなく、和やかな楽しく仲の良い懇親の面も併せて見せて、我々の人間禅の修行を認識してもらいたいと思います。まさに仲間作りの絶好の場が懇親会ということになります。小生は会社勤めでしたが、会社でもこの精神でアフターファイブを捉えてやっていましたが、禅の仲間との懇親会がやはり一番楽しい場でした。

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (49)

座禅会便り

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/8/4 6:40

8月3日 土曜夕方座禅会

 

初めての参加   0人

二回以上参加   2人

会員       2人

 

5分の休憩を挟んで、20分、25分の坐禅、

読経(般若心経、座禅和讃、四弘請願)10分

終了後は居士寮で、冷たいハブ茶とお菓子で座談会をした。

『ひとづくり肚づくりと禅』の1-1「相対樹と絶対樹」を読んだ。

 

「相対樹と絶対樹」を説明した。人間の精神活動は考える(知、Science)の部分と感じる(慧、Spirits)の部分がある。しかし、思考の中にも三昧の要素はあり、三昧の中にも思考の要素がある。例えば製品開発の分野で、多くの参考文献を読んで知識を増やしても新しい技術開発はできない。「ひらめき」が必要。また、技芸道で稽古に励んでも、何らかの工夫という思考が無ければ上達しない。その意味で、思考の中にも小さな三昧、三昧の中にも小さな思考という文字が記載されている。脳は活動分野が明確に分かれているわけではなく、お互いに融通して働いている。この二つの分野をバランスよく向上させることが人間形成に繋がるが、戦後教育は知識偏重になっていて三昧力の醸成が不足している。三昧力向上の良い手段が「数息観」の実行です。

本日は、数年前に知人から「考えを整理するのに良い」と勧められて、来たことのある方が再来された。いろいろと話ができて良い印象を持って帰られたと思う。擇木道場はほとんど毎日解放しているので、都合の良い時にまた来てくださることを期待しています。龍泉
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (37)
急に夏が来ましたね。
急激な暑さに体調を崩しがちな方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな中、禅堂は涼しいです。
「暑いときは暑い中で座禅するんだ!」と言いたいところですが、熱中症になってしまったら座禅どころではありません。
ということで、擇木道場では快適な室温で座禅会をしております。

さて、青年部主催の座禅会を「東京で夜一番遅い座禅会」として毎週金曜日に開催していますが、金曜の夜にご参加の方は続けて土曜の早朝も座禅をすることができます(土曜早朝のみのご参加ももちろん可能)
その、土曜早朝の座禅会の時間を少し早めることになりました。
今まで600730でしたが、30分早めます。

土曜早朝 530615(その後620705まで座禅する可能性もあり)

ということになりました。
たいていは705まで座禅をしていますが、場合によっては615で終了することがありますことをご承知おきください。

朝早いと始発でも間に合わないという方もいるはず。
でも、金曜の夜は道場に泊まることもできます(2000円以上の喜捨をお願いします)のでご安心ください。
土曜の朝は早くから活動を始められる日になりますね!
  合掌 翡翠
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (37)

惻隠の情とは

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/8/3 9:28

惻隠の情とは?


苦しんでいる人を

何とか助けたいと思った経験は

皆さんあることでしょう

ただ

お釈迦さまも

縁なき衆生は度し難き

といわれたとか

幸せも不幸も

自分の心の持ち様

ということなので

あの人が悪い

世間が悪いと

他人を非難している人に対しては

救済しようなどと考えない方が良さそうだ

逆にお前は何様だ

と言われかねない

そもそも

暴れ狂うこの心が自分自身の本体ならば

心が休まるきっかけはないだろう

この心と身体をコントロールする

はたらきが別にあるはずである

こっちの方が本当の自分

AさんとBさん

それぞれ本当の自分がいて

本当の自分同士で争うとは思えない

本当の自分の働きは

全宇宙が

この社会が

より良くなる方向で

この心と身体を使おうとするはず

したがって

本当の自分に任せれば

他の人のためにも

この心と身体を使うはずである

昔から

無縁の慈悲とか

惻隠の情とかいわれているが

王陽明も次のように指摘する

たとえ見知らぬ子供でも

池に落ちるのを見たら

即座に救おうとするだろう

金持ちだったら

お礼が期待できるからとか

少なくとも

子供が池に落ちた瞬間には

考えないだろう

これが惻隠の情

全ての人が本来有している

本当の自分

と指摘する

現実問題としても

あまり目先の利益に拘っても

期待通りにならないことが多い

本当の自分があることを信じ

心も人生も任せられたら

あまり自分の利益・他人の利益

という違いを意識する必要もなく

結果的に

自分も 他の人達も

気持ちよく生きていけそうだ


日峰


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (151)

座禅会便り

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/8/2 15:10

8月1日 木曜夜座禅会

 

初めての参加   0人

二回目以上参加  1人

会員       1人

 

5分の休憩を挟んで、20分の坐禅を2回、

読経(般若心経、座禅和讃、四弘請願)10分

終了後は居士寮で、冷たい日本茶とお菓子で座談会をした。

『ひとづくり肚づくりと禅』の1-1「相対樹と絶対樹」を読んだ。

 

久しぶりに二人だけの座禅会だった。本日の日中は35℃以上の猛暑。外に出るのは辛い。そのためだろうか、いつもの常連さんも参加できなかったのだと思う。

1-1「相対樹と絶対樹」に掲載された内容に関連して、2年前に導入した新会員制度における座禅会員と参禅会員について説明した。人間禅会員は全て「参禅」する者だった。20年ぐらい前までは「参禅」が許可されるのに1年を要した。定例座禅会に継続参加し、摂心会に2回以上参加することが条件だった。これは「参禅」を始めても早々に止めてしまうことを防ぐための処置だったと思う。「途中でやめるなら最初からやらないほうが良い」とよく言われた。

「参禅」を長く続けていた人でも仕事や家庭事情で中断せざるを得なくなることがあり得る。その場合の対応として「座禅会員」を設けた。事情が改善したら「参禅会員」に復帰できるようにした。また、「参禅」は敷居が高く感じるので、もう少し、しっかりと座禅を継続してから再考してみようという方を「座禅会員」として擇木道場の正規メンバーとして受け入れるようにした。この制度を有効に活用したい。龍泉
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (54)

 擇木道場の風印です。

 市川にある人間禅本部道場で721日~727日に開催された、青年部座禅会(摂心会)に参加しました。

 

 

 

 

 "青年部"と銘打っておりますが、運営スタッフが青年部中心ということで、参加にあたっては年齢不問どなたでもwelcomeです。途中参加、部分参加もOKです。

 私は仕事の都合で参加できませんでしたが、落語会や徹宵(てっしょう:徹夜で座禅すること)なども催されたそうです。普段殆どお酒を飲まないので懇親会でお酒を飲みたかったのですが、それはまたの機会ということで(笑)

 

 以下、私の摂心会体験記を記載します。

 

 朝5時に板木(ばんぎ)の合図とともに起床します。今回私は板木係を担当させて頂いたのですが、板木を叩くタイミングや強さなど中々難しいです。

 

 

 起床したら直ぐに寝具を片付け、禅堂の掃き掃除と廊下の拭き掃除をします。

 掃除が終わったら着替えをして、5時半から静座をします。今回私は聖侍(しょうじ)を担当させて頂きました。聖侍は道場の出入り口に座って、濫りに堂内に出入りするのを許さない役割をします。静座が始まってから堂内に入るときや、静座中に退席するときは聖侍の前に座って挨拶をしなければなりません。先輩方も私に挨拶して下さるので、恐縮する反面、自分が偉くなったような気がして気分が良かったです(笑)

 静座中には、助警(じょけい)が警策(けいさく)を持って、修行者が懈怠(けたい)なく坐禅しているかどうかを見廻ります。静座中に眠くなったり雑念が湧いてきたときは、助警が自分の前に来たときに合掌して上体を前に倒して姿勢を低くすると背中を叩いてもらえます。誤解されている方もいらっしゃるようですが、いきなり叩かれるのではなく修行者の方からお願いして叩いてもらうのが基本です。剣道の師範が助警をされていることもあるので、背中を叩かれると「バシバシ」と良い音がしますが、良い音がするときはそれほど痛くありません。背中を叩いてもらうと眠気が覚めてスッキリします。

 

 6時半から順番に師家(禅の師匠)の元に伺って参禅を行います。参禅というのは公案を用いて禅問答によって境地を開く臨済禅の修行を言います。公案は難しい漢字で書かれた文の意味を理解して暗唱したり、身体全体を使って知性ではなく感性で答えを出さなくてはならないので、とても難しいですが面白いです。参禅によって知力・胆力などが養われるのではないかと思いました。

 

 参禅の後は皆でラジオ体操です。ずっと座っていると足が痺れてしまうので、ほっと一息の時間です。

 

 7時半から朝食です。食事の前後には「食前(じきぜん)の文(もん)」「食畢(じきひつ)の偈(げ)」を一同で唱和するのですが、中々覚えられません(^^;)そのうち覚えようと思います。食事は極力無言で食べ、終わったら速やかに片付けをするので、中々付いていくのが大変です。もっとも初心者の方には丁寧にご指導させて頂いておりますので、ご心配には及びません。

 

 今回は朝食の時間にお茶席でお茶を頂きました。

 

 

 

 

 

 お茶席の周りにはモミジの木が植えられていて、とても風情の良い場所でした。秋には見事な紅葉が見られそうです。丁寧にお茶を点てて頂き、お茶もお茶菓子も大変美味しかったです。不調法な私にはよく分かりませんが、お茶碗もとても良い物のように思えました。

 

 8時半から作務です。今回トイレ掃除を割り当てられましたが、「汚いと思うのも分別ではないか」「釈迦は美女を糞尿袋と切り捨てたではないか」などと考えていたら、便器がピカピカに輝いていました(笑)

 

 10時に作務が終わった後、皆でお茶を飲みながらお茶菓子を食べます。作務で疲れた身体に甘いお菓子はとても有り難いです。

 

 10時半から再び静座、11時半から参禅、12時に昼食を取ります。

 昼食後少し時間があるので、私は禅堂で昼寝をしました。

 

 午後2時からは剣道場で法定の型(ほうじょうのかた)の稽古をします。法定の型は普通の剣道と違って、呼吸を重視し、相打ちを旨とするので(型なので実際に打つことはありませんが)、自分を捨てる、相手と一つになる、我もなし彼もなしという所まで徹することを目指す動く禅とも言えます。掛け声とともに相手に打ち込むのはとても気分が良いです。私は大きな声を出しすぎてかなりのハスキーボイスになってしまい、次の日に職場で「その声どうしたの?」と何度も問い質されました(^^;)

 

 午後3時から再び作務です。今回落ち葉の掃き掃除をしました。大量の落ち葉を見て「こんなの時間内に終わらせるのは無理だろ(^^;)」と思いましたが、意外にも時間内に綺麗にすることが出来ました。密かに「俺って意外とやるな」と感心しました。

 

 午後5時に作務が終わったら、再びお茶菓子を食べて一休み。午後6時から夕食です。

 

 午後710分から講本(提唱で読む文を載せた冊子)の下読みをして、午後7時半から提唱(ていしょう:摂心会の期間中に行われる師家による講座)です。今回講本侍者(こうほんじしゃ)という提唱の準備や合図などを行う重要な役割をさせて頂きました。作法を覚えるのが大変で「こんなの覚えられん。無理(^^;)」と思ったのですが、怒られながらも作務をサボって作ったカンペでどうにか乗り切ることが出来ました。様々な役割を与えられてそれを全うするのは、現実生活への予行演習のようなもので、とても良い経験をさせて頂くことが出来ました。

 

 提唱の後は再び静座と参禅を行います。

 

 参禅の後は、真向法(まっこうほう)という身体を伸ばす体操をします。私は身体が固いのでそんなに伸ばせませんが、身体を伸ばすと気持ちが良いです。

 

 午後10時になると開枕(かいちん)と言って、就寝の時間です。

 これだけやると結構疲れるので、私は直ぐに寝ました。

 

 摂心会はそれなりにハードですし、摂心会中は修行者同士の会話は出来るだけ控える決まりがありますので、道場の者が無愛想に感じることがあるかもしれませんが、それはそういうものですのでどうかお気になさらず、興味のある方は是非参加して頂けると幸いです。

 

合掌 風印 拝

 


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (155)

7月28日 日曜座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/7/29 20:14

7月28日 日曜朝座禅会

初めての参加   7人

二回目以上参加  4人

会員       4人

 

7:00-7:40 座禅

7:40-7:45 休憩

7:45-8:00 座禅

8:00-8:10 経行

8:10-8:20 座禅

8:20-8:30 読経 般若心経、座禅和讃、四弘請願

終了後は居士寮で座談会。

 

久しぶりに賑やかな日曜座禅会だった。

座談会では『人づくり、肚づくりと禅』の<はじめに>を読んだ。次回から本文に入る予定。

今日、初めて参加された7人はMBA資格を取るために専門の学校に一緒に通っている友人で、座禅体験のために来られた。明け方は強い雨が降っていたので、来られないかもしれないとも思ったが、予定の時間に全員来場した。多人数のため参加表の記入、座禅の説明は二階禅堂で

行った。

座談会で読んだ『人づくり、肚づくりと禅』はMBA取得を目指している彼らには最適だったと思う。<はじめに>に記載されている人間禅「立教の主旨」については、居士寮の壁に掲示してあるものを読んで、簡単な説明をした。初めて来られたうちの二人は、しきりに頷いて理解を示していた。

9:00に座談会を終了して玄関まで見送りして別れた。龍泉 拝

 

7月28日 日曜夕方座禅会

初めての参加   1人

二回目以上参加  0人

会員       7人

 

17:00-17:25 座禅

17:25-17:35 休憩

17:35-17:50 座禅

17:50-18:00 読経 般若心経、座禅和讃、四弘請願

終了後は居士寮で座談会。

 

今日は茶道部稽古日だった。茶道稽古に参加したメンバーが合流したので、賑やかな座禅会になった。

総務会から帰って道場に着いた時、後ろから声を掛けられた。初めてですが、座禅を体験したく参りました、とのことでした。予約は無かったので看板を見てこられた人のようです。

 

座禅終了後は、朝の座禅会に続いて『人づくり、肚づくりと禅』の<はじめに>の部分を読んだ。

初めて来られた方は多分、中間管理職だと思いますが、仕事上で周囲の人との関係に悩みがあるようでした。

私も実際に座禅を始めたのは45歳ぐらいなので、同じような年齢になると同じような悩みが出てくるのでしょう。

擇木道場は座禅の修行によって培われた人間力を自分の立場、職場で発揮していくための道場であることを説明した。龍泉 拝
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (67)

7月27日 土曜夕方座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/7/28 9:25

7月27日 土曜夕方座禅会

 

初めての参加   0人

二回目以上参加  0人

会員       3人

 

7:00-7:25 座禅

7:25-7:30 休憩

7:30-7:50 座禅

7:50-8:00 読経 般若心経、座禅和讃

終了後は居士寮で冷たいお茶と枝豆で座談会。

主婦の○○さんは夕食支度があるため座談会の前に下山。

『人づくり、肚づくりと禅』の<はじめに>の部分を読んだ。明日の日曜座禅会でも読む予定。

本日は青年部摂心会の徹宵明けで、朝食・懇親会で少しアルコールが入った。本部道場を下山して擇木道場に寄り、汗臭い浴衣を洗濯した。冷蔵庫に残っていた茶豆を茹でて冷蔵庫で冷やした。茹で加減、塩加減が良く、冷たい日本茶にもよいツマミになった。

カリタス学園の事件、元農水次官の息子殺傷事件が話題になった。ひきこもりに絡んだ事件。ひきこもりは家庭内暴力に繋がることが多く、外の人への傷害事件に繋がる確率は少ないと聞いた。心の病が原因と思われる事件が多い昨今、座禅に抑止効果があるだろうか?

人間の行動は心の深いところに依っているので、道徳や規範では対応できない。座禅を毎日継続して、少しずつ心を耕していく地道な行が必要だと思う。

先日の禅フロンティアで町田宗鳳先生が仰っていた。心が内に籠った人が座禅をすると、かえって悪化する。そのような人には発声、動作などで外に発散することが大切、という考えから「ありがとう禅」を始めた。とのことだった。なるほどと思った。

行動を起こす最低のエネルギーは必要。それがあれば、自分を何とかする方法を模索できるが、無い場合は?やはり家庭内での語り掛けが必要ではないかと思った。龍泉
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (73)

7月25日 木曜夜座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/7/28 9:15

7月25日 木曜夜座禅会

 

初めての参加   0人

二回目以上参加  2人(Mさん、Ⅰさん)

会員       2人

 

7:00-7:25 座禅

7:25-7:30 休憩

7:30-7:50 座禅

7:50-8:00 読経 般若心経、座禅和讃

終了後は居士寮で冷たいお茶と菓子で語り合った。

 

Mさんは禅フロンティア、火曜座禅会にも参加して擇木道場では数ケ月の経歴。Iさんは火曜、金曜にも参加するが木曜夜座禅会の常連さんです。

Iさんに擇木坐禅会の参加が長いので、如何ですかと聞いたところ、座禅の効果を感じている。良く眠れるし思い悩むことが少なくなった、とのことでした。Mさんも同様でした。二人の感想を聞いて嬉しく思いました。

日曜座禅会では座禅、経行、読経をやっているが、全て三昧力の向上を目指したものです。摂心会は座禅、参禅、「法定の形」、作務、提唱聴聞、決められた日課に従って修行する期間ですが、それは三昧力向上のためのものに他ならない。三昧力の向上こそが人間形成という人間力の向上です。座禅だけでも三昧力の向上は可能ですが、一週間の摂心会に参加すると効果が高まります。機会が有ったら、是非、参加してみてください、と案内した。龍泉
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (57)
最新のブログ記事