メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2014 2月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 1
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20191113のエントリ

親父の認知症の度合いがここへきて急激に進み、とくに夜から朝にかけては手足の上げ下げの仕方、

歩き方すらわからなくなっている。譫妄状態の親父を夜中とか朝方に風呂場に連れて行って汚物を処理して体を洗ってやるのは

結構苦労で、今のところまだいつもいつも、というわけではないが、そういう状況が確実に増えつつある。


そんな状態の親父ですが、これがゴルフのクラブを持たせると俄然、往年の時代の立ち姿にもどる。

家の中でパターの練習セットをひろげると、クラブの構え方も振り方も全然昔のまんまで、実際に打ってみると、玉もそれなりに穴に入る。


そういうわけで、先週の土曜日に、ためしに近くのゴルフの打ちっ放し場に連れて行ってみた。僕にとっては生まれて初めてのゴルフ体験でしたが。


全く不思議です。


やっぱりスイング(っていうねでしょうか?)姿はやっぱり昔のまんまだし、きちんと玉はまっすぐ正面にとんでいく。

そこだけみていると、とても84歳の認知症老人には見えない。目もシャンとしている。

ド新到者の私にドライバーの打ち方をアドバイスしたりしている( 「もっと足を広げた方がいいよ」 以外は意味不明だったけど)。


嘘だと思うなら、今度の月曜座禅会の時に見せてあげます。ケータイ電話で動画を撮ったので!


やはり親父は親父なりにゴルフについては長年真剣に、集中力をもって取り組んでいたということなのでしょう。

そして、集中する、それも身体全体でもって集中する、という種類のことに長年にわたって取り組みつづけていく、というのは、

人間であり続けるためにも、とても重要なのだと感じました。


月曜座禅会の後でそんな話を聞いてもらおうと思っていたのに、どなたかからのご供養のバランタインの17で頭がいっぱいになって思い出すことなく終わってしまったため、

この場を借りてご報告です。 ぼくもまずいなぁ・・・



寺嶋 徳隆(月曜担当)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (121)
最新のブログ記事