メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20190921のエントリ

食欲の秋到来です。
本当に美味しい農作物はそれを作る農家が食べているのかもしれません。

日暮里駅から歩いて数分の擇木道場はお寺ではなく「座禅をしたい!」と集まった人たちで成り立っている座禅道場です。
そして、擇木道場に集う方々は老若男女様々な職業の方たちです。

今日、座禅に来られた常連さんは農家さん。
差し入れとして持ってきてくださったのは、お店で見かけてもさすがに贅沢過ぎて買えないとよだれを垂らしながら見るだけ、、というくらい高級品の葡萄。
しかも、見たことがないほど大きい房。
お店には出せないものだから、とのことですが、よくよく聞けば、持ってきてもらった「お店には出せない」状態のものが糖度が高く美味しいのだとか。
大粒シャインマスカット
夢中になって食べていたら、なんだか葡萄だけになったような感じがしました。
周りの「甘いね~。美味しいね~。」という声や姿は見えるし聞こえるのに、すべてがなくなったような、すべてが混ざり合ったような、そんな感覚に陥りました。

本当に美味しい葡萄でした。
ごちそうさまでした!

座禅の修行期間である摂心会では、食事も修行なので声や音を出さず黙々と「食べることに三昧になる」のだと言われています。
今日の葡萄は三昧にはなれないまでも、葡萄を葡萄として思いっきり堪能できました。
この美味しさ、この味は、私が座禅をしていなければ到底味わうことができなかったでしょう。
そう考えると、座禅とは副次的な幸せをももたらしてくれる素晴らしい修行なのかもしれません。

土曜日9:30からの女性部座禅会での様子を「人間禅 女性部」のブログにも載せています。
  合掌 翡翠
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (98)

座禅会便り

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/9/21 11:58

9月19日 木曜夕方座禅会

初めての参加  4名

二回以上参加  0名

会員      2名

 

到着が19:00だったため、受付後、直ちに禅堂に入っていただき座禅のしかたを説明した。

全員Gパンだったので、座禅の時間を15分に細かく区切って19:15から坐った。

終了後は居士寮でハブ茶とお菓子で座談会をして、座禅のやり方に関する質問に対してお応えした。

皆さん、IT関係の仕事をしているお仲間だそうです。座禅中の助警のチェックと修正により、座相はかなり良くなった。

PCを長時間使う人はどうしても猫背になり顎を前に出しがちです。座禅中の姿勢としては背筋を伸ばして顎を少し引くように努めること。また、左右両膝が座布団に接触するように座布団の高さや設置のしかたを工夫すること。座禅を始めると腰痛が出ることがある。痛みのない姿勢を自分なりに工夫することが必要、など補足した。

『ひとづくり、肚づくりと禅』のP41-45(1)三昧の三つの意味 ①正念の相続一貫を読んだ。「数息三昧」の実修による三昧力(集中力)の醸成は実社会におけるその人の仕事能力の向上につながる。個性の発現である「独創性」は正念の相続による集中力の賜物である。龍泉

 

9月20日 金曜朝座禅会

初めての参加  0名

二回以上参加  1名

会員      2名

 

第151回摂心会中の日曜座禅会に参加された方が、久しぶりに早朝座禅会に参加した。埼玉県から最近、台東区に引っ越されたとのことでした。再来されることを期待します。龍泉 拝
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (87)
最新のブログ記事