メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 9月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20190909のエントリ

コンサート参加報告

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/9/9 20:35

コンサート参加報告 9月6日

横浜摂心会の3日目、午後の作務終了後に道場を下山してウェスタ川越で開催された「冨田勲という宇宙」というコンサートを聞きに行った。

冨田勲さんをよく知らず家内に勧められるまま直前に前売りチケットを購入して参加した。

第一部:開演すると、聞きなれたメロディーが流れた。「新日本紀行」、「きょうの料理」のテーマ。その後は、大河ドラマ「花の生涯」、「天と地と」、「徳川家康」、「新平家物語」、「勝海舟」のテーマと続いた。琴、琵琶、龍笛の和楽器、ハープ、ピアノを含めて90ケもの楽器で構成されるオーケストラに90名の合唱団、その中には川越少年少女合唱団が含まれる。このような大規模のコンサートを私は初めて見た。大河ドラマのテーマにおける琴、琵琶、龍笛の和楽器が奏でる音は心地よかった。

第二部:

最初にシンセサイザーとオーケストラにより、組曲《惑星》の火星、水星、木星を聴いた。360度無指向性スピーカーを使ったマルチチャンネルサラウンドシステムによる演奏は目をつぶって聞いていると、自分が宇宙空間に飛び出していて遠くから音が聞こえてくるような不思議な感覚を受けた。これが宇宙的トミタサウンドの音響なのかと感心した。素晴らしかった。一階席のSS(スーパー・サラウンド)席でサラウンドシステムの音を聞いたら、より強く音に包まれた感覚を受けたのではないかと思います。二階席の最前列に座っていた私も、とても大きく身体を揺すられるような音響でした。

「NHKみんなのうた」から「鳳来寺のブッポウソウ」では、48名の川越少年少女合唱団を舞台と二階席の左右に分けて配置された。私の席の直ぐ右隣に合唱団が椅子に座った。私は合唱団を休憩させるのかと思ったら、彼女たちは椅子に座ったままで歌っていた。少女の心地良い歌声に心が休まった。指揮者は舞台の合唱団に対しては前を見て、二階席に対しては後ろを振り返って指揮を執っていた。なかなか忙しそうだったが、聴衆としては前と後ろから響くステレオ効果の音声に満足できた。指揮者の工夫に感心した。

最後に《イーハトーブ交響曲》より「銀河鉄道の夜」「雨にも負けず」「岩手山の大鷲」を聞いた。第二部はシンセサイザー活用の草分けである冨田勲さんの音響体験パートだった。久しぶりに感動したコンサートでした。龍泉
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (67)
最新のブログ記事