メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2013 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20190802のエントリ

座禅会便り

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/8/2 15:10

8月1日 木曜夜座禅会

 

初めての参加   0人

二回目以上参加  1人

会員       1人

 

5分の休憩を挟んで、20分の坐禅を2回、

読経(般若心経、座禅和讃、四弘請願)10分

終了後は居士寮で、冷たい日本茶とお菓子で座談会をした。

『ひとづくり肚づくりと禅』の1-1「相対樹と絶対樹」を読んだ。

 

久しぶりに二人だけの座禅会だった。本日の日中は35℃以上の猛暑。外に出るのは辛い。そのためだろうか、いつもの常連さんも参加できなかったのだと思う。

1-1「相対樹と絶対樹」に掲載された内容に関連して、2年前に導入した新会員制度における座禅会員と参禅会員について説明した。人間禅会員は全て「参禅」する者だった。20年ぐらい前までは「参禅」が許可されるのに1年を要した。定例座禅会に継続参加し、摂心会に2回以上参加することが条件だった。これは「参禅」を始めても早々に止めてしまうことを防ぐための処置だったと思う。「途中でやめるなら最初からやらないほうが良い」とよく言われた。

「参禅」を長く続けていた人でも仕事や家庭事情で中断せざるを得なくなることがあり得る。その場合の対応として「座禅会員」を設けた。事情が改善したら「参禅会員」に復帰できるようにした。また、「参禅」は敷居が高く感じるので、もう少し、しっかりと座禅を継続してから再考してみようという方を「座禅会員」として擇木道場の正規メンバーとして受け入れるようにした。この制度を有効に活用したい。龍泉
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (61)
最新のブログ記事