メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20190618のエントリ

丸川春潭


 公案修行は、公案の数を多く見るのが目的ではなく、公案を手がかりにしてちっぽけな自分という殻を破り、自意識などで濁った眼の鱗を落とすための修行です。


公案というものは全て非常識なもので頭頂葉(知性)では理解しがたいものです。この公案に対する真正の見解は知識の引き出しをいくらかき回してもそこにはありません。公案に込められた宗旨や境涯に公案三昧になって近づいてゆき、公案と一体になれば自然と見解は見えてくるものです。これは全て絶対樹の場で行われることであり公案の宗旨も境涯も前頭葉(感性)で悟るのです。世に「公案解答集」の類いが出回っておりますが、何らかの手段で公案の見解を外からの情報で知り得たとしても知識が増えただけであり相対樹は充実しますが、そんなものでは人間形成は一歩も進みません。公案修行は公案に対する見解を知性で言い当てようとするのではなく、公案に込められた祖師方の深く高い境涯に感性として迫ってゆき、その境涯に自分の境涯を高め近づけることに意味があるのです。実はまたそれが取りも直さず公案透過の秘訣というか王道なのです。公案修行は公案透過が目的ではなく、どう公案を透過するかの過程(プロセス)が大切であり、このプロセスを真摯に修行することで人間形成が進むのです。すなわちこの公案透過のプロセスにおいて前頭葉が活性になり道眼(胆識)が開かれるのです。師家はその邪正を判別するだけでそれを悟るのはこのプロセスの中で本人自身が前頭葉を活性にして悟るのです。


 道眼を開くとは初関を透過することを指し、道眼を磨くとは後悟の公案修行によって差別の妙所を一つ一つ明らかに掴んでいくことを指しております。そしてまた公案修行の全貌を見性入理・見性悟道・見性了々とも云っております。


臨済禅の世界宗教界に冠たるところは見性入理だけに留まらないで更にその後の見性悟道・見性了々まで、人間形成を完成させる行程が完備していることです。 


その全貌を申し上げるにはブログででは紙数が足りませんが(拙著『人づくり肚づくりと禅』に少しは掲載しています)、最初の見性入理についてもう少し次のブログで説明いたします。(つづく)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (235)

6月17日 早朝座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/6/18 2:54

6月17日 早朝座禅会

 

初めて参加 5名(坐禅体験3名、記者、撮影者が各1名)

リピータ  0名

会員    6名

 

毎日やっている早朝座禅会に関して、サンケイリビング新聞社の取材を受けた。City livingは会社に配達される情報紙で、特集に朝の座禅を取り上げたとのこと。記者1、撮影1、座禅体験3名が道場を訪れた。全員30代の仕事をしている女性で、全員が揃ったのは5:55だった。座禅のやり方を15分説明して、6:15から6:50まで坐った。終了後は居士寮でハブ茶と菓子をふるまい、質疑に回答して取材を受けて以下のようなことを話した。

「数息観」は数字を思い浮かべて数えるのではなく、意識を呼吸に集中して呼吸していることを観察しながら、心の中でそれを数える。数字を思い浮かべるのではなく呼吸に集中する。自分は今、ここに在るのであって、昨日や明日には居ない。今、ここにある自分を観ることにより三昧力(集中力)が養われる。三昧力が養われると明日の不安を悩んだり、昨日の失敗を後悔することはなくなる。もし、不安が有ればその基を今、ここで確認して対処するので失敗はなくなる。その結果、行動力、判断力が増強され、仕事のパフォーマンスが向上する。それは人間力の向上につながる。

擇木道場は社会人が座禅の修行によって培われた人間力を社会で発揮できる自分になるための修行道場です。入門している我々は、老師の指導のもとで、生涯を通じて人間らしい人間になることを目指して毎日の生活に座禅を取り入れて実践している。具体的には、摂心会という一週間の修行期間もあります。

坐っていると色々なことを思い浮かべる。祖母のことが浮かんできた。どうすれば無くせる?

今やっている「数息観」以外は全て雑念です。雑念に気付いたら意識を呼吸に戻せばひとりでに消えます。雑念を無くそうと努力するのは、かえって雑念が渦巻いてしまう。雑念が湧いてしまう自分を否定したり、批判するのはいけない。呼吸とともに雑念を流すようにします。

どのくらいやれば、できるようになりますか?

数ケ月、毎日やっていると「数息観」のやり方、コツのようなものは掴めます。私も座禅を始めたころは腰が痛くなって困った。背筋をのばしたために腰椎が前に出過ぎたことが原因と思われたので、臍を少し後ろに引いて坐ったり、腰当ての形状や、厚さを工夫して落ち着いた。

6/23の「チェンジ ユ―」講演会と擇木道場のチラシを渡した。講演会は「座禅に関する初期の疑問について、座禅の目的や効果について判りやすく説明され、実習があります」と案内した。今週の土曜日から来週の土曜日までやっています。都合のよい時間帯に参加できるので、興味が有りましたら参加してみてください、と案内した。龍泉
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (208)
最新のブログ記事