メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 9月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20190513のエントリ

「生き方も知らないうちから生きているのです。」
――野口晴哉
「わからないのに、それでもきちんと事実として生きている。」
――藤田一照


 「一毛呑海」という言葉が好きです。
 この言葉は、時間を無駄遣いすることにすぎないはずの坐禅が、どういうわけか、私にもたらしてくれているものを端的に表現しているのだと思われるからです。
 ほかの人にとっては無価値だと思われるけれども、私にとってはとても素晴らしいもの。
 そんなものをくれるので、坐禅のことをもっと知りたくなり、禅や仏教の本を読むようになりました。
 ただし、禅道修行至らずで、よく意味がわからないまま、字面だけ追い、よいフレーズが出てきたときには、書き留めて覚えておくようにしておくという読み方をしているのが正直なところです。

 以前は、このような読み方について、情けないなとも思っていました。
 しかし、しばらく前から、このような読み方で良いのではないかと考えるようになりました。
 わからないものは、わからずともよしとして、いつか気付くことがあれば儲けもの。
 このように思うようになったのは、仏教や禅の本を読む理由は、あるいは、そもそも坐禅などの仏教の実践をする理由は、楽になるためであり、それなのに「わからない」ことを気にして苦労をするのは、本末転倒だと考えるようになったからです。

 私は、坐禅をしたり、仏教や禅に関する本を読む前から、生きていました。
 仏教や禅に関する本の内容がわからなくても、現在生きています。
 そう考えると、仏教や禅に関する本の内容を私が理解しているかどうかということは、私の人生にとって、本質的にどうでもよいことであり、それにより、私の人生の価値が毀損するようなものではないのです。
 同様に、仏教について学んだり、坐禅をする必要だって本質的に不要なことなのです。
 それらは、私の人生をただ豊かにしてくれるだけのものであり、必要不可欠なものではありません。
 私にとっては、あればよいかもしれないけれど、なくてもどうでもよいものなのです。

 禅の修行は、困難であり、その目指すところに至るには、相当長時間を要するものとされているようです。
 その修行を進めて行けば、私がわからないと思っていることもわかるようになるかもしれません。
 しかし、私は、明日死ぬかも知れない、今日死ぬかも知れない、次の瞬間には死んでいるかも知れない。
 私は、わからない、わからないと悩みながら、禅の修行をしているうちに、死んでしまうのは、馬鹿馬鹿しいと思っています。

 私にとって重要なことは、「人生を不満なく豊かに生き、きっちりと死ぬ」端的です。
 次の瞬間には死んでいるかも知れないことからすると、至らない現在、この場所において、独力で、この端的に直入しなくてはならないのです。
 
 至らない者としては、わからないものはわからずともよしとしてしまって、肚から定まる生き方に邁進するようにしています。

 「衆生本来佛也」


 私は、この言葉を、何もやらなくても、苦しみ、悩み、そして、求める、このありのままで、ベスト・コンディションだという意味だと勝手に解釈しています。
 苦しかろうが、悩ましかろうが、飢えていようが、この肉体は、その時々の環境に合わせてきっちり機能しているのです。 
 頭の片隅で「苦しい」、「悩ましい」、「欲しい」などとささやく些細な現象が「私」などと称して、この肉体を支配しようとしているだけです。
 頭でわかろうとするのではなくて、もっと、この肉体、「私」の「心」の中で何が起きようがきちんと機能するこの肉体、そして、この肉体を機能させる自然の法則に委ねればよいのではないかと思っています。
 
 ……こんな怠惰な根性でやっているので、いつまで経っても至らないのかなとも思うのですが(苦笑)。

合掌 英風 拝

【引用文献】
野口晴哉『風邪の効用』52
藤田一照・魚川祐司『感じて、許す仏教』36

【坐禅会のお知らせ】
*私は、(だいたい)毎週次の人間禅の坐禅会で坐禅をしています。 
 私と一緒に坐りませんか(°∀°)
1 月曜日19時(初回1830分)から20時 
 場所:東京都台東区谷中7-10-10擇木道場 
 連絡先:TEL03-3823-7647
2 水曜日1930分(初回1915分)から21時 
 場所:東京都杉並区荻窪4-30-10 トヨタマビル5階「荻窪道場」 
 連絡先:中川香水(090-5827-7004kousui.nakagawa@gmail.com
*参加費 初回(指導料込み)1000円、2回目以降 500円

【東京荻窪支部摂心会のお知らせ】
*私の所属する東京荻窪支部では、来る5月29日から6月2日にかけて第5回摂心会を実施いたします。
 伝法の師家による参禅(公案修行)の機会もあります。
 詳細は、後日お知らせいたします。
*場所:東京都杉並区善福寺3-8―5 清明庵
  善福寺公園の上池ボート乗り場東横の家です、大きな欅が目印です。
  荻窪駅から南善福寺行のバス乗車、善福寺公園下車(約15分)     
 連絡先:中川香水(090-5827-7004kousui.nakagawa@gmail.com

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (158)
最新のブログ記事