メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20190417のエントリ

荻窪通信「思いつくまま」

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/4/17 8:47

私は縁あって禅というものに多少なりとも触れさせて頂くようになり、幾ばくかの年月が過ぎ去りました。当初は禅に参じればいともたやすく自己の心境等制御できるものと、考えていたように記憶しています。現実には私の怠惰さが原因し修行に身が入らず、今でも頻繁に頭を擡げて来る虚無感に、その虚しさの意味を問いかけている今日この頃です。

最近では、この虚しさと因果の関係等という事が気に掛り始めています。因果律の因果です。善因善果の因果です。例えば何故に修行するのか?良い修行をして良い人になるため。それはその通りだし、悪い結果を望んでわざわざ努力する人もいないでしょう。しかしながら[今ここにある原因の時間が経過して将来、産まれるであろう結果]まだ見ぬ未来への自己の投機。実在しない物への夢。そこに如何ともし難い虚しさの温床があるように思えてなりません。

それでは白隠和尚座禅和讃の中にある(因果一如の門開け)の因果は一つものとは何でしょう?人は産まれたという原因から、間髪いれず今生きているという結果が生じ、また次の瞬間から次の瞬間へと因果は永遠に持続する。そして一個の人が死に絶えても、因果はこのように絶えるという事はあり得ず、このように人の分別とは無関係に瞬間に生起して行きます。だから一つものなのでしょう。その通りと頷きながらも、、

しかしながら、未来への希望(夢想)なくして何かに取り組むという事が凡夫にとり可能なのか?将来へ向け投機する為の原動力たる何かなくして人は動けるものでしょうか?この様な事を考えつつ、この様な事を考えずに只座れる日を夢見つつ、今夜も一柱香しなければと思う今宵です。                                                               心舟

*毎週木曜日午後730分~9時に、荻窪座禅会開催しています。

 418日(木)は葆光庵丸川春潭老師 もお見えになり、懇親会を予定しています。

初めての方でも大丈夫です。参加したい方は、ご連絡ください。

<荻窪剣道場のご案内>

東京都杉並区荻窪4-30-10 トヨタマビル5階「荻窪道場」

JR荻窪駅東口より線路沿いの道を新宿方面に歩いて5分です。

ビル1階奥のエレベータ脇のインターホンで501号室を呼び出して下さい。)

(連絡先)中川香水 09058277004 kousui.nakagawa@gmail.com

  
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (95)
最新のブログ記事