メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20190414のエントリ

日本人は時間にルーズ?!

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/4/14 17:26
法照です。
 
もう昨年のことなのですが、スペイン人のSeñor Brunsさんの「日本人は時間にルーズだ」という主旨のツイートが話題になりました。
外人の人が日本を見ると、「時間に正確だ」と驚くというのがよくある話で、日本人は時間に正確だと思われていると思い込んでいました。
しかも発言者はスペイン人。外国の事情には不見識な私でもラテン系の人は時間にルーズなのでは?という印象を持っているので尚更意外な話でした。
 
こんなジョークがあります。
 
ある時、世界的な音楽コンクールが行なわれた。
開始1時間前にドイツ人と日本人が到着した。
30分前、ユダヤ人が到着した。
10分前、イギリス人が到着した。
開始時刻ピッタリにアメリカ人が間に合った。
5分遅刻して、フランス人が到着した。
15分遅刻して、イタリア人が到着した。
30分以上経ってから、スペイン人がようやく現れた。
ポルトガル人がいつ来るのかは、誰も知らない。
(早坂隆『世界の日本人 ジョーク集』(中央公論新社、2006年))
 
こんなジョークがあるのですから、私の認識もあながち間違いではないのかと思います。
 
では、なぜこのスペイン人の方が日本は時間にルーズだと思ったのか?
この方のツイートを引用します。
 
俺スペイン人だから、1分2分遅れたら「さすがスペイン人」とか「ラテン系は時間守らない」と日本人によく言われますね。
日本人は自分は時間を守る1位国だと思ってるけど、日本人はスタート時間しか守らない。
5時半に終わる予定会議は7時半までに延長すると、俺にとって5分遅れるより酷いと思ってる。
 
『日本人はスタート時間しか守らない。』
いや、もう、おっしゃるとおりです…。ゴメンナサイ。m(_ _)m
 
そうなんですよね… 日本ではよくある話です。
会議を定刻に終わらせる、というのは議事の内容を見越して事前の準備がしっかり出来ているとか、話の進み具合を見ながらテキパキと議事進行できるかとか、会議を仕切る人や参加者の力量を問われる作業だと思います。
 
デービッド・アトキンソン氏の『新・所得倍増論』(東洋経済新報社、2016年)でも述べられていますが、日本はGDPでは世界3位の経済大国ですが、一人当たりのGDPでは世界23位となります。
ざっくり言えば一人の生産性は先進国の中ではかなり低くなります。
日本のGDPが高いのは、単に人口が多いから、ということになります…
終了時間を守れない日本人は、たしかに生産性は低いと思います。
今の日本は非効率が蔓延していて、私もそれに毒されている一人であると感じます。
 
人間禅では「段取り(準備)、真剣(集中)、尻拭い(後始末)」とよく言われます。
禅の修行の中にはこういったことを高めていく要素が多々あります。
 
さて、擇木道場では毎日座禅会が朝、夕と開催されています。
夕は月・水・木は19時から、火は18時30分から、金曜は21時からございます。
とりあえず、参加できそうなところで週一回でも仕事をキッチリ片付けて夕方の座禅会に参加してみてはいかがでしょう?
習慣化されれば、仕事の効率も上がっていくのではないでしょうか?
 
 
法照 拝
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (84)
最新のブログ記事