メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 11月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20170823のエントリ

心印です。
 
今年は一週間もの長い夏休みを頂けて、10日の木曜に大阪に帰省していたので、先週の金曜(祝日)はお休みしました。木曜の夜の高速バスで東京に戻ってきましたが、二週間ぶりの座禅会は久しぶりって感じになります。
 
この日は初めての方は3名(男性1名、女性2名)がいらっしゃいました。
 
また以前、毎週来られていたのですが、浜松へ転勤になった懐かしいFさんが、東京に帰省している(私と帰省が逆方向ですね)とのことで1年以上ぶりに参加されました。広島禅会の心眼さんが東京に仕事で来られているとのことで宿泊もかねておいでになりましたが、以前、会員になる前にFさんと擇木道場でお会いしていたそうです。
 
さすがに夏休みもまだ続いているのか参加者はいつもよりも少な目だったのですが、勉強会にはほとんどの方が参加されました。
 
この日は以前に書いたブログ半年くらいの方がいない理由」を題材にとりあげました。
 
1.半年くらいやっても座禅の効果が感じられない?
 これは、やり方が間違っているのかもしれません。

2.仕事や家庭が忙しくて、両立できなかった?
これは会員でも良くあることなので、一時期休んでで、また再開すればいいのです。

3.他にやりたいことをやっている
 私もライブやバイクや、ピアノも練習したいなぁといろいろやりたいことがありますのでよくわかります()

4.座禅をやりたいと思った問題が解決した・・・
 これは目をそらしているだけだと思うのですが・・・

5.座禅をやりたいと思った初心をすっかり忘れて、普段の生活に戻った?
 
大半の方はおそらく5なのですが、とりあえず座禅をしなくても食うには困らないし、座禅をしなくても特に困らないならそれでもいい、何か問題が起こった時に、あらためて座禅を始めればいいと、公案修行を始めて数か月で自分に原因があると見えて、感情面にケリがついた自分の経験を交えて話をしました。
 
80歳を過ぎて始めた方もいらっしゃるのですから、いつでも遅すぎることはないと。もちろん、どうせやるなら早い方がいいことは言うまでもありません。
 
ここで問題にしたいのは1の方で、半年も座禅をすれば数息観が100まで一度も行ったことがない方でも、一瞬だけでも、数と息が一体になった三昧の瞬間を体験でき、それから病み付きになったりするものなのですが、半年くらいで来なくなる方はそれがないのではないか? ひいては正しい座禅ができていないのでは?
 
だいたい座禅を20分か30分座り方を教わっただけで、正しい座禅がすぐにできるようになる方はほとんどいませんし、会員になった者でも先輩に何度も姿勢を直されたり、数息観の注意を聞いたりして、だんだん正しい座禅ができるようになるものなのです。
 
なので、一般の方が座禅会に出ただけで、このような勉強会に出ていなければ、そういう機会もないのです・・・と云う話をしました。またYoutubeに座禅の仕方や勉強会の話をアップロードするのも、この勉強会に出られない方が正しい座禅をするきっかけになればとの思いなのです。
 
・・・と云う話をしたせいか、ここ1ヶ月くらい来られている女性の方が二人も「私は座禅の効果があると感じています」という話をしてくれました。男女差は座禅についてはあるなぁといつも感じるのですが(もちろん個人差はありますが)、、女性の方が感性が優れているので、座禅の本質をつかむのも早いし、数息観の三昧も体験しやすいのかもしれません。
 
男性はどうしても理詰めで考える癖があるので、数息観の説明も理屈で受け止めてしまって、頭で考える座禅になってしまいがちです。こうなると三昧にはなれないのですよねぇ・・・
 
東京で夜一番遅い座禅会 2017818日 座禅が半年続かない理由

 
また多忙で座禅ができないと言う方の為に、多忙な職業であるシステムエンジニアの私がいかに5年間、座禅を継続できているかについて、その工夫を最後に話をいたしました(詳しくは動画でw)。
 
私は忙しくて、この漢字の通り心を亡くしそうな人ほど、座禅をすべきだと思っているので、工夫しだいでは座禅を継続できると言いたいのです。金曜の夜、座禅と勉強会でまたお会いしたいと思います。
 
心印 拝
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (338)
最新のブログ記事