メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 201708のエントリ

 さいたま で座禅やっています!!

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/8/29 11:17

擇木道場のホームページをお借りして、さいたま座禅会の活動を書いていますが、

さいたま座禅会の活動予定などは、ブログでも見ることができます。

 https://ameblo.jp/saitamazazenkai/entry-12305717136.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----saitamazazenkai_12305717136


 フェイスブックも作ってしまいました。

 https://www.facebook.com/さいたま座禅会-698203763567807/

ツイッターもあり、ブログを書くと、フェイスブックとツイッターに自動的に反映される

ようセットしてあるので、告知に重宝しています。


さいたま座禅会は、2年ほど前から「さいたま市生涯学習登録団体」

 ということで、そのホームページにも掲載されています。

 「キーワード」に「さいたま座禅会」と入れて「検索」をポチッと押せば出てきます。ただ、情報更新をずっとサボっていますね。マズイ!!http://gakushu.city.saitama.jp/search/searchcnd.aspx?&&knd=8&ht=1&pageSiz=10&pageNum=1


 少しずつですが、フェイスブックやツイッターを見たので、という参加者も出てきました。


 ところで、今、ライターが不足しています。座禅会参加の方に参加の感想などを書いてもらおうか、と思っていますが、まずは、座禅会そのものの中身の充実ですねぇ。

                                 海香

 


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (122)

週末は大忙し

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/8/27 12:01
8月25日(金)は水戸に行っていて東京で夜一番遅い座禅会をお休みした法照です。
水戸ではちょうど参禅会が開かれていて参加してきました。
私も心印さんのブログよろしく定時前からそろそろ帰りますよ、の雰囲気を醸し出し、定時すぎたら脱兎のごとく会社を飛び出しました。
参禅会の場所は日本農業実践学園というところで、最寄り駅は内原駅。私が勤める場所からは1時間50分弱くらいかかります。
事前に電車の時刻をざっくりyahooで調べてあったのですが、この「ざっくり」が災いしました。
上野駅から目的の電車に乗ろうとしたら特急電車で全席指定。そして目的の電車は指定席売り切れで次の電車に…
友部駅で常磐線に乗り換えようとしたら車両点検。
やっと8時50分に内原駅にたどり着いたら、水戸禅会の清粋様から「9時参禅です」のメッセージが…
当初駅から歩く予定だったのですが、急遽タクシーでギリギリ間に合うという綱渡りでした。
東京では心印さんがピンチを切り抜けて座禅会をされていましたが、こちらもなかなかしびれる状況でした。
一泊して朝の参禅をして、水戸参禅会恒例の剣道の稽古を少し見学させていただいて東京の擇木道場に戻りました。
現地では、同じ東京支部の麗玲さんや、熱心に東京支部の座禅会に参加しているMさんにもお会いすることができました。
水戸禅会の方には、いろいろ教えていただいたり、帰りは典座(食事係)でお忙しい中、車で駅まで送っていただいて、本当に親切にしていただきました。
 
 擇木道場では、午後から仏教講座ということで、会場設営や録画などを行いました。
 今回は「『般若心経』② あるがままを堂々と生きる」
 慧日庵老禅子の仏教講座、今回は特にすばらしかったです。
 心にしみいってくるような内容で、参禅で疲れて眠いはずなのに眠気も吹っ飛びました。
 迷い、不安、怒り、等々… 自分の中で勇気をもって受け入れていくことの大切さ。
 般若心経と禅の修行がどう結びついていくのか、よくわかる内容でした。

 仏教講座が終わった後は、中央支部の魁星さんの車に乗せていただいて市川の本部道場へ。
 ここで、最近始まった青年部の座禅会に参加させていただきました。
 禅堂のつくりは擇木道場とほぼ同じなのですが、建物自体はこちらの方が古く、擇木道場より更に重みがある感じがします。
 摂心会の時に座ったことはあったのですが、純粋に座禅だけで座るのはこの日が初めてです。
 千鈞庵老師もいらっしゃって、一緒に座れるというまたとない機会でした。

 
金曜夜から土曜日いっぱいまで、禅三昧の濃い時間を過ごすことができました。
「やり切ったーーー!」という感じの週末でした。

 
最後にオチとして…、、水戸参禅会や本部道場の座禅会の写真を撮ったのですがカメラを紛失…
本当はこのブログに掲載したかったのですが、文字だけになってしまいました。
入会してから金曜夜を休んだのはもしかして始めてかもしれません。
金曜の夜の座禅会は20人もの方が参加されたそうで、スタッフや応援の香水さんにご迷惑をおかけしてしまいました。
ありがとうございました。
 
法照 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (104)
心印です。
 
この日は夕方の18時頃、「今日は座禅会だし~、法照さんは水戸へ行っていないし~、そろそろ帰らせてもらおうかな?」とそろそろ帰りますよ、の雰囲気を醸し出していたら・・・() (一応、金曜は座禅会なのでなるべく早く帰らせてねと言ってある、18時はIT業界では早く帰る時間なのですw)。
 
でも・・・なんと以前の作業のミスが発覚しました!!
 
この時点で、いったん家に帰ってバイクで道場に行くいつものパターンを諦めました。バイク乗りはこうして乗る理由を作る習性があるのですが・・・仕事であれば仕方ない、仕事場から道場へ直行すれば、19時半~ギリギリ20時までは仕事ができると計算しました。
 
一瞬で集中力を上げるモードに入って(これは座禅、特に参禅の賜物です)、何とか、修正作業を終わらせました。座禅をやっていると、こういうミスが許されないという場面において、心がブレず、いつもの実力を発揮できるのです。とは言え、こういうことはあまり起きてほしくないものです。
 
この日は初めての方は5名、うち2名はミートアップ経由の外国の方でしたが、日本語が上手だったので問題ありませんでした。ただミートアップはイベント体験型のサイトの為か、一度の座禅体験で終わって、その後リピートされる方がほとんどいらっしゃらないのです。
 
これはなぜかと言うと、ミートアップ経由の方は、メールアドレスを登録しない為、メルマガを受信されていないからです。擇木道場HPへ予約すると、メールアドレスがメルマガに登録されるので、その後メルマガを読んで、リピートされる方が多いのです。
 
でもお一人が「メルマガ希望」(日本語で)と書かれて、メールアドレスを書かれていたので、翡翠さんがホームページツールでメルマガに登録して頂きました・・・ただ綴りがわかりにくい字がありまして・・・正しいかどうか・・・再度来られたらわかるでしょう(汗)
 
とは言え、参加者は総勢20名、もう後、数名で3列になるところでしたので、夏休みは終わったという感じでした。
 
座禅後の勉強会は先週とはメンバーが入れ替わったので、もう一度、以前に書いたブログ半年くらいの方がいない理由」を題材にとりあげました。
 
スマホでツイキャスライブも録画しましたが、先週とほとんど同じことを話したので、先週のがYoutubeにアップしてあるので興味があればご覧ください。
 
ほとんど先週と参加者の顔ぶれが変わったのは、毎週来られる方は意外と少ないということです。玄関に置いてある出頭簿に書かれたお名前を見ても、先週と共通の方は少数で、数週間に一度来られるというパターンの方が入れ替わり、たち替りで来られているのだなぁと思います。
 
なかには1年以上続いている方もいらっしゃるので、毎週は来ないけれども数週間に一度来られる方は必ずしも会員にならなくてもいいのかもしれませんが、毎週、座禅に来ようと思われる方は入会されることをお勧めします。
 
会員になると指導する、運営する側に回ることから、それだけ先輩からの指導や注意が増えますし、座禅の姿勢も厳しくなおされます。禅の歴史や思想の勉強や、摂心会の役位の練習もあります。
 
さて勉強会では参加者の方にどうだったかを一言をお願いしていますが、これは座禅がちゃんとできているかのフォローでもあり、本人の振り返りでもあります。おそらくお寺で、こんなことをやっている座禅会は皆無だと思います。
 
そこで話が出てきたのが初参加の大学生が、IT業界を希望されているとのこと・・・、現役システムエンジニアの私は「うーん」と考え込んでしまいました。座禅を継続するならIT業界でもいいが、しないならそれは危険だと言わざるを得ませんでした。
 
大昔は擇木寮として、大学生がたくさん住み込んで座禅していましたが、今では私が入会以来、2名しか例がありません。おそらくは継続されないだろうなぁとの前提です。
 
今のIT業界の現場は派遣の方が、正社員よりも多い状況です。と言うことは現場では使い捨てなのです。スキルはあって当たり前、人間的にも問題ない方が求められます。新人だからご配慮お願いしますなんてお客様には通用しませんから、スキルがなければ、人間的に未熟なら、他の人に替えてくれと言われるだけです。
 
うつ病にかかってしまう方が多すぎて、国や会社がストレスチェックを義務化するなど、以前は考えられない状況ですし、自己診断のストレスチェックなんて何の役にもたちませんから、会社も同僚や後輩がおかしくなっていないか、メンタル面をお互いに注意しましょうと指導するくらいなのです(本人はメンタルがおかしいことに気付かないので)。
 
IT業界に就職するのは、大学生には想像できない過酷さなので、SEになるなら座禅した方がいいよと言っておきました。さてどうされるでしょうかねぇ・・・ただ仕事の面ではIT業界は仕事がなくなることはしばらくないと思うので、食うには困らないかもしれません。
 
IT業界はブラックな業界だと知れ渡ったせいで、新人が入ってこない為、私のような40代~50代の現役エンジニアが増えているとのことです。
 
そういう話をしていたら、今度は教員をしている玉道さんが、よく報道されているように教員のブラックぶりを話してくれました。云く7時には部活で朝練があるので部室を開けに行かなくてはならない、授業をやって、お昼ご飯も教室にいないといけないので休憩がないそうです。部活が終わる18時頃から、ようやく自分の仕事に取り掛かれるので、帰宅は21時とか22時・・・そして次の朝はまた7時・・・これはIT業界以上かも・・・
 
座禅をしててよかったと言われていました。
 
また久しぶりに来られた方も大学を卒業して教員になったそうですが、別の新人が1ヶ月でうつ病を発症したとのこと。
 
IT業界や教員に限らず、正社員になれず、派遣でしか働けない方が増えたせいで、どの業界も危険なのは同じかもしれません。
 
こんな日本に誰がした?と言っても仕方のないことなので、現代の厳しいストレス社会で生き残るには座禅をしないといけないのでは?と思うのでした。
 
金曜日はこういう現役のビジネスパーソンばかりです。仕事に疲れたあなた、座禅をしに来られませんか? ビジネス上の悩みは座禅で解決できるかもしれません。
 
たまにはバイクの写真でも。

 
心印 拝
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (122)
今週金曜から日曜にかけて道場近くの諏方神社(西日暮里駅の近く)でお祭りがあるからなのか、日暮里駅のあたりも浴衣を着た人たちが行き交っていました。
若い子でも意外に上手に浴衣を着ていて感心してしまいます。
 
826日(土)の女性部座禅会には、初めて座禅をするという方が1名、常連の方や2度目の方、金曜の夜の静座会からご参加の方などがお越しくださいました!
会員4名とともに25分の静座、5分の休憩後にもう30分の静座をしました。
 
静座の後は輪読をします。
今日も「坐禅のすすめ -正しい人間形成のために-」という本を読みました。
 
その中に、
 
「日々の人間形成をその本旨において楽しくさせるものこそこの行である」
 
という言葉がありました。
今の自分がどんなに人間が出来ていなくてもダメダメでも、むしろ、だからこそ「どうなるんだろう、自分?どんな人間が出来上がっていくのだろう?」とワクワクしてしまいます。
この「楽しく」にはもっと深い意味があると思うのですが、座禅を始めて1年経ったばかりの私が感じるのはこのくらい。
 
輪読の後は自分でお抹茶を点ててお菓子と共にいただきます。
「お抹茶なんて初めて」という方でも大丈夫!
自分でお抹茶を点てるって経験ができるのはこの静座会ならでは。
 
お抹茶を味わいながら、自己紹介などおしゃべりをします。
そのときも「坐禅のすすめ」の中の言葉がすごくいい!という話が出ました。
 
「梅は梅の、松には松のよいところがある」
 
十人十色、百人百色ってことでしょうか。
つまり
 
「どんなにすぐれた梅も松の持ち味をもつことはできない」
 
ってことです!
 
 
「自分てダメダメだなぁ」と思ってしまう方、
「自分のちょっとした変化にワクワクしたい!」という方、
「お抹茶を自分で点ててみたい」という方。
 
土曜日の朝、9時30分からの静坐会にご参加お待ちしております。
 
★ご注意★
9月第二週は座禅の時間が変わります!
 
99日(土)の女性部座禅会は「禅セミナー」の勉強会に組み込まれております。
 通常の座禅会と時間が違いますのでご注意ください。
 
 お経に学ぶ:一宇庵小野円照老師 著『勝鬘夫人の告白』
午前8:45開始(8:30受付)~9:45終了予定
 
茶道と禅:芳賀幸四郎 著『わび茶の研究』
午前10:00開始(9:45受付)~午後 0:10終了予定
 
 茶書読書会(1時間)、坐禅(20分間)、参禅(30分間) 》
 
99日(土)に座禅をしたい方は1100ごろからとなりますことをご承知おきください。
 
また、上記以外にも「剣道と禅」(98日)や禅フロンティア「いまを生きる」と「禅」
99日)も開催されますので、ご興味のある方はぜひお越しください。
 
各勉強会の参加費は1000円となっております(3つ以上のご参加で割引あり)
詳しくはhttp://zenfrontier.org/index.php
または、http://zenfrontier.org/uploads/ckeditor/files/20170812134153.pdfをご覧ください。
   合掌 翡翠 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (90)

8月24日(木)荻窪座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/8/25 9:11
香水です。
 
長雨から一転猛暑が戻ってきた24日(木)、午後7時半から荻窪座禅会が開かれました。
先週の17日(木)は、6月開始以来一番多い17名が参加されましたが、昨夜も15名参加されました。
3名の会員以外に、新規参加者2名、タクボク道場で座りに来ている小学生、私の教え子4名などなど多彩な顔ぶれです。
この日は、座禅を早めに切り上げ、8時半過ぎには終了しました。
実は、初回から参加されている方の中に荻窪で超有名な春木屋さんの女将さんがいらっしゃるのですが、一度、春木屋さんの中華そばを食べに行こうということで、
午後9時の閉店までにお店に行こうということになったのです。
急いで片づけて、合計10名で春木屋さんに行きました。案の定、お店はほとんど満席でした。
当日は仕事が忙しいということで座禅会を休まれた女将さんに、にこやかに迎えていただき、ほどなくして席につきました。
私は、春木屋さんで一番人気のわんたん麺をいただきましたが、あっさりしょうゆベースのスープに縮れ麺とつるりとしたワンタンの皮が絶妙かつ上品にマッチしていました。
春木屋さんは、昭和24年から荻窪北口に店を構え今年で創業68年目を迎えられましたが、スープや麺など材料はすべて手作りで、そのため朝5時から仕込みをされるそうです。
朝5時といえば、摂心の時の起床時間で同じすが、年3回の摂心中でさえきついと思うときがあるのに、それを毎日、毎年続けられているということです。
座禅と同じ、継続することが大事だということですね。
ところで、春木屋さんの女将さんというと、ちょっぴり太目な女性をイメージされるかもしれませんが、想像とは大違い、いわゆる美魔女という言葉がぴったりの素敵な女性です。
しかも、単に容姿だけではなく、全てが恰好よく、女性が憧れる魅力ある方です(お酒もお強いようです!)。
みんなでおいしい中華そばを頂いた後、それで解散? となるはずもなく、再び荻窪の街に繰り出しました・・・
 
さて、再来週の9月7日(木)は、第2回目の参禅会が開かれます。老師がお見えになり、禅のお話を聞くこともできます。
9月8、9日はタクボク道場で禅セミナーが開かれ、翌週の9月16日からは東京支部の摂心が始まります。
詳しくは、タクボク道場のホームページをご覧ください。
座禅をしてみたい、参禅にも興味があるという方は、まずは、来週8月31日(木)の荻窪座禅会にお出でください。
座り方からご説明します。
一緒に座りましょう。
 
合掌 香水 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (88)

8月23日 さいたま参禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/8/24 9:46

高校野球で埼玉県の高校が初めて優勝した昨日、暑さがぶり返した浦和に11名もの方が集まってくださった第36回の参禅会でした。いつも応援してくださる仙台禅会の2名を含め5名の会員、そして座禅会から参加者が6名。そのうちお一人が初参禅、お一人が老師との面談となりました。既に参禅を続けておられる座禅会員の方も含め、5名の会員も全員が2回の参禅と、さいたま座禅会のメンバーは、いつから高校野球のような燃える集団になったのか? と思う夜でした。

ご参加いただいた方は、ホームページの他に、さいたま座禅会独自のツイッターやフェイスブックからとのことで、このご縁を大事にしたいと思います。「毎日顔を洗うように、歯磨きをするように、ほんの5分、10分からでも毎日坐ることを続けて欲しい」と座禅会の皆様には申し上げました。が、これは私への自戒でもあります。

この数日前、初めての方に差し上げる『数息観のすすめ』を改めて読み返していた時、その文字がなんとお会いしたことのない耕雲庵立田英山老師の肉声としてドドーンと聞こえてきて、びっくりして周りを見回しました。お盆でもあるので、さては、さぼってばかりの私に化けて出たかと思いましたが、人間禅は、神秘を語らず迷信を説かず、ですし、幽霊などは断然否定するのが禅であるわけですから、妄想というのは面白いものです。 

こうした妄想、雑念に翻弄されない自分を形成しよう、ただ、 ひとりではへこたれそうだから、みんなで「三昧の力を養って」いこうよ、が座禅会という舟の意味ですね。

 

 怠らず行かば千里のはても見ん牛の歩みのよし遅くとも

 

落語「浜野矩随」の下げをふっと思い出しながら、懇親会では美味しい日本酒を飲みつつ 来月の座禅会予定を見ようと開いた手帳で、こんな歌が目に飛び込みました。

 

 惜しみつつなお過ぎやすし月と日はげにもいま行く駒の足なみ

 

両忘老師 正念相続のありよう、とあります。

 

それから、「神秘を語らず・・・」の考え方は下記をご覧ください。 海香

http://www.ningenzen.org/zen40/02.PDF

 



  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (67)
心印です。
 
今年は一週間もの長い夏休みを頂けて、10日の木曜に大阪に帰省していたので、先週の金曜(祝日)はお休みしました。木曜の夜の高速バスで東京に戻ってきましたが、二週間ぶりの座禅会は久しぶりって感じになります。
 
この日は初めての方は3名(男性1名、女性2名)がいらっしゃいました。
 
また以前、毎週来られていたのですが、浜松へ転勤になった懐かしいFさんが、東京に帰省している(私と帰省が逆方向ですね)とのことで1年以上ぶりに参加されました。広島禅会の心眼さんが東京に仕事で来られているとのことで宿泊もかねておいでになりましたが、以前、会員になる前にFさんと擇木道場でお会いしていたそうです。
 
さすがに夏休みもまだ続いているのか参加者はいつもよりも少な目だったのですが、勉強会にはほとんどの方が参加されました。
 
この日は以前に書いたブログ半年くらいの方がいない理由」を題材にとりあげました。
 
1.半年くらいやっても座禅の効果が感じられない?
 これは、やり方が間違っているのかもしれません。

2.仕事や家庭が忙しくて、両立できなかった?
これは会員でも良くあることなので、一時期休んでで、また再開すればいいのです。

3.他にやりたいことをやっている
 私もライブやバイクや、ピアノも練習したいなぁといろいろやりたいことがありますのでよくわかります()

4.座禅をやりたいと思った問題が解決した・・・
 これは目をそらしているだけだと思うのですが・・・

5.座禅をやりたいと思った初心をすっかり忘れて、普段の生活に戻った?
 
大半の方はおそらく5なのですが、とりあえず座禅をしなくても食うには困らないし、座禅をしなくても特に困らないならそれでもいい、何か問題が起こった時に、あらためて座禅を始めればいいと、公案修行を始めて数か月で自分に原因があると見えて、感情面にケリがついた自分の経験を交えて話をしました。
 
80歳を過ぎて始めた方もいらっしゃるのですから、いつでも遅すぎることはないと。もちろん、どうせやるなら早い方がいいことは言うまでもありません。
 
ここで問題にしたいのは1の方で、半年も座禅をすれば数息観が100まで一度も行ったことがない方でも、一瞬だけでも、数と息が一体になった三昧の瞬間を体験でき、それから病み付きになったりするものなのですが、半年くらいで来なくなる方はそれがないのではないか? ひいては正しい座禅ができていないのでは?
 
だいたい座禅を20分か30分座り方を教わっただけで、正しい座禅がすぐにできるようになる方はほとんどいませんし、会員になった者でも先輩に何度も姿勢を直されたり、数息観の注意を聞いたりして、だんだん正しい座禅ができるようになるものなのです。
 
なので、一般の方が座禅会に出ただけで、このような勉強会に出ていなければ、そういう機会もないのです・・・と云う話をしました。またYoutubeに座禅の仕方や勉強会の話をアップロードするのも、この勉強会に出られない方が正しい座禅をするきっかけになればとの思いなのです。
 
・・・と云う話をしたせいか、ここ1ヶ月くらい来られている女性の方が二人も「私は座禅の効果があると感じています」という話をしてくれました。男女差は座禅についてはあるなぁといつも感じるのですが(もちろん個人差はありますが)、、女性の方が感性が優れているので、座禅の本質をつかむのも早いし、数息観の三昧も体験しやすいのかもしれません。
 
男性はどうしても理詰めで考える癖があるので、数息観の説明も理屈で受け止めてしまって、頭で考える座禅になってしまいがちです。こうなると三昧にはなれないのですよねぇ・・・
 
東京で夜一番遅い座禅会 2017818日 座禅が半年続かない理由

 
また多忙で座禅ができないと言う方の為に、多忙な職業であるシステムエンジニアの私がいかに5年間、座禅を継続できているかについて、その工夫を最後に話をいたしました(詳しくは動画でw)。
 
私は忙しくて、この漢字の通り心を亡くしそうな人ほど、座禅をすべきだと思っているので、工夫しだいでは座禅を継続できると言いたいのです。金曜の夜、座禅と勉強会でまたお会いしたいと思います。
 
心印 拝
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (160)
法照です。
819日~20日にかけて、布団乾燥作務を行いました。
布団乾燥作務とは、普段道場で使用している座禅用の座布団、宿泊用の布団などを業者の方に来ていただいて湿気やダニを取り除く作業です。
何しろ布団も座布団も枚数が多いので少人数では大変です。
今年も会員、一般の方に協力をお願いしてシーツの取り外し、取り付け、1階と2階の間の布団の上げ下ろしなどを行いました。
 
◆1日目
皆でシーツを取り外し、布団は1階へ移動させます。
  
  
  
  
 
 
布団や座布団は業者の乾燥用のトラックで乾燥させるのですが、シーツなどは事前にコインランドリーで洗濯、乾燥させに行きます。
  
  
  
  
 
1日目はこれで終了。簡単に書きましたが、これで半日かかっています。
とはいえ、人数が多いので昨年よりはだいぶ作業がはかどりました。
そして終われば楽しい懇親会です。

 
◆2日目
早朝から乾燥の業者さんが来て、道場の前に乾燥用のトラックを駐車します。
シーツを取った布団、座布団をこのトラックの中へ運び入れます。
  
  
   
  
 
昼食の準備も平行して行われます。
  
  
   
  
 
 
乾燥できたものから順次バケツリレー方式で2階の禅堂へ運び入れて、昨日洗濯したシーツを取り付けていきます。
  
  
  
  
 
お昼はカレー。インド人の会員の聖川さんが中心になって作った本格的なものです。
  
  
  
  
 
会員の玉水さんはお子さんを連れて参加。なごみます~
  
  
  
  
 
終了後の乾杯!

 
参加者はみなさんボランティアです。
「なぜ無償で奉仕しているの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、皆で力を合わせてする作業は結構楽しいんです。
どちらかというとレクリエーションみたいな感覚かもしれません。
懇親会は楽しいし、昼食のカレーも絶品です!
 
来年はあなたも参加してみませんか?
 
合掌 法照 拝
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (86)

    8月19日 女性部静坐会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/8/21 1:19

雨の多い8月です。

残暑が和らいでいるのは助かりますが。

 

この日はメディテーションの経験のある方が座禅をしてみたいと参加され

ました。

この方の参加されたメディテーションは各自に固有のマントラが与えられ

与えられたマントラは他に口外してはならず、心の中で繰り返し唱えるそ

うです。

私達の座禅では、自分の入息出息を“いーち、にーい”と数えることで

“今、”に集中しますが、私達のメンバーの生粋のインド人の聖川さん曰く

“同じことだね。”

誠に静かな5人の静坐会でした。よく坐れました。

 

 

道場ではこの土日に座布団・寝具の乾燥作務をしました。

土曜にカバーを外して2階から下ろし、日曜に乾燥車が来てカラカラにし

また2階に運び上げてカバーを掛けます。大量ですので大仕事です。

静坐会の方々が助っ人に来てくださり、日曜昼ご飯は、聖川さんが作った

本場インドカレーを大勢でご馳走になりました。

 

座禅の座布団はぷくぷくに膨らんで皆様をお待ちして居ります。

 

女性部静坐会では30分・30分の座禅後、少し読み物をし、お抹茶を頂き

ます。 皆さん茶せんを振って楽しんでおられます。

どうぞご参加くださいませ。

お待ちしております。 (秋香)

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (71)

フロントブリッジと座禅

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/8/19 22:17

座禅の第一関門は、「足を組んで」「背筋を伸ばして」のあの姿勢かな。座禅といえばあの姿と誰しも思います。かなりの人があの姿勢と格闘して多くの人が1回か数回でリタイアします。数十分それを維持するなんて至難です。

ところが、アメリカで座禅指導した僧の本を読むと、「結跏趺坐、半跏趺坐なんかほとんどできる人がいないから、枝より幹ということで体幹優先主義に変えました。座禅の姿勢で大事なのは、動かないけれども、そのつもりになればいつでも動けるようなしなやかな状態で坐っていること」とのこと。数十年前の日本の老師の中には、体操、剣術、合気道などの活用を推奨した方もおり、白隠さん伝来の体操も伝えられていたようです。
 ところが、座禅道場ではいきなり「坐る」ことが多いので、身体は気持ちについていけません。・・・・ということで、「体幹」、やってみようじゃないの、と体幹を調える「フロントブリッジ」というトレーニングを、本を見ながら一日、二日、たった20秒ほどやってみましたら、これがいい!!まず、普通に歩いていて、楽になる。そして、今日擇木道場へ行って作務の前に15分ほど一人で坐っていたら、楽です!! これお勧めです。https://smartlog.jp/70155
30秒とか1分とか無理をせず、一日1回だけ15秒位で始めたらいいように思います。あと、スクワットというのもあるけど、あれはやり方を間違えると腰やヒザを痛めたり、効果がなかったりするので、やるならちゃんとしたトレーナーについた方がいいと思います。

それから、フロントブレッジなど体幹トレーニングをやるまえに必ず行うべきといわれるのが、「ドローイン」という呼吸法。http://kintorecamp.com/draw-in/

これは、「欠気一息」と似ていますが、「欠気一息」は呼吸を調える方法で説明されることが多いですが、ドローインは上半身の筋肉のウオーミングアップであり体幹を調える方法だそうです。

 話は大きく飛びますが、土曜はたまたま作務の合間に擇木道場の歴史を聞く機会がありましたが、昭和20年代の交通事情の悪い時なのでしょうか「ハガキでの座禅指導」をやっていたとのこと。通信教育みたいですねぇ。今でいえば、自宅でネット映像での英会話のような感じでしょうか? アプリによる座禅指導かもしれません。普通の僧堂ではありえないことを工夫してやっていたのだなぁ、と思いました。熱意があれば、金も暇もなかろうが師匠のところに通うのが当たり前だろう、というのがどこの本にでも見る形です。

型を守るのが、伝統の維持・伝承なのに対し、移り変わる世に対応した新しい試みをしてきたのは、茶や花の世界でもそうであり、呼吸やら数息観ということの前に、「座禅」の一番初めに出会う「坐る」という形の工夫をしていかないと、座禅の良さを味合う前に縁がなくなってしまうのではないかと思うのです。

いま、12のストレッチと体幹トレーニングを工夫中です。たった5分ほどでできます。いつか、座禅の前にみんなでやってみてその感想を聞きたいものです。 海香
 



  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (87)
最新のブログ記事