メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2013 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 201707のエントリ

香水です。
7月27日(木)は、荻窪で初めての参禅会を開催しました。
参禅というのは、老師と一対一でいわゆる禅問答(問題のことを公案といいます。)をすることですが、うれしいことに、6月から毎回静座に来られている2名の女性が参禅をされました。
また、初めて来られた方も含め合計5名の方に老師と面談いただき、参禅の意義等についての説明も受けていただくことができました。
私も、3年前の夏から日暮里の擇木道場の土曜日午前中の女性部静座会に通い始め、秋ころから参禅を始めましたが、初関を許された時のことは今でもよく覚えています。
それ以来、公案と格闘し苦しみながらも、公案に向き合えることのありがたさを感じながら毎日座禅しています。
口ではなかなか説明するのが難しいのですが、荻窪で座禅会に参加される方が一人でも多く参禅していただきたいと思います。
総裁老師には、毎週の摂心、禅セミナー等の合間を縫って荻窪においでいただき誠にありがとうございました。
東京支部のスタッフの皆様も本当にありがとうございました。今回は、新規参禅者及び初関を持つ方対象で参禅の機会がなかったにもかかわらず、かけつけてくださり心から感謝しています。
さらに、荻窪座禅会や参禅のための備品を用意くださった千釣庵老師はじめ先輩会員の皆様のお力がなければ参禅会を催すことはできませんでした。
あらためて、皆様に支えられていることに感謝するとともに、まだまだ未熟ではありますが、荻窪座禅会の発展に心血をそそんでいきたいと思います。
最後にもう一つうれしいことがありました。
今週末の禅セミナーで、東京支部に男性一名の入会式と女性会員3名の道号授与式が行われました。道号授与が一度に3名、それも全員女性というのは東京支部ならではです。
その中の一人、Mさんは、荻窪参禅会の翌日の禅セミナーの参禅で初関を透過されました。
Mさんは、参禅するために、東京だけでなく、本部、水戸、新潟の摂心にも参加され、直前の荻窪参禅会終了後の懇親会では、少し(?)荒れていたようでしたが、その翌日に見事透過されましたね。
Mさんのガッツに脱帽です。本当におめでとうございます。
さて、荻窪座禅会は、8月も毎週木曜日に休まず開催します。
座禅したい方は、是非、荻窪にお越しください。
お待ちしています。
 
合掌 香水 拝
                                                                                 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (132)
心印です。
 
私は毎週金曜の夜21時からの「東京で夜一番遅い座禅会」を、人間禅に入会して5年間ずっと続けています。
 
でも私が擇木道場に初めて来たとき、既に21時からの座禅会は京葉支部(現、中央支部)の玉道さん、魁星さん、埼京支部(現、東京支部)の霊亀さんの3人を中心に行われていて、そこに私が入った形でした。座禅会の名前も「金曜青年部座禅会」で、中年の私は気おくれがしたものです()
 
当時の金曜青年部座禅会(筆者は右端)

 
当時は座禅後に日暮里の駅前まで飲みに行っていましたが、毎週だとお金がきついので、工夫してコンビニにビールとおつまみを買いに行くようになりました。その頃は初めての人はほとんど来られないし、たまに来られても次の週には来ませんでした。
 
冬になり鍋を作るようになってからは、多少、リピートする方が出てきましたが座禅と言うよりは週末に飲みに来る感じで、参禅や入会する方は出ませんでした。
 
ホームページを作って「東京、座禅」で検索できるようになると、一気に人数が増え、入会される方が出てきて、私の後、金曜から初めて入会されたのは「春光さん」でした。
 
「少し早い春の光がふりそそぎました・・・」
http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/details.php?bid=112
 
今は忙しくなって来られなくなってしまわれましたが、金曜の夜に男性ばっかりだった中で紅一点、女性が来られるのが多くなっていたのでとても助かりました。今の東京支部は女性比率が高くて、女性パワーでもっているようなものですが、春光さんの後、続々と女性の入会が続出したのです。また金曜だけでなく、土曜の女性部の座禅会もやられていました。
 
座禅会の名称もキャッチーに金曜は「東京で夜一番遅い座禅会」、土曜は「女性の美は座禅から」に変えたのです。
 
さて金曜の夜に来られる方はほとんどが現役のビジネスパーソンです。彼らが座禅に来る理由はほとんど似通っていて、心が不安、心がブレるのをなんとかしたい、落ち着きたい、仕事が苦しい、うまくいかない、会社の人間関係がうまくいかないというものばかりです。
 
私が座禅を始めた理由も、会社だけではありませんが、人間関係に悩んだ末なのでとてもわかります。この週末にも一回目の座禅ライブ(玉村梨紗さんの時)に来られた方が、仕事上の悩みがあってダークなんですってことで、やはり同じライブに参加されていた人に相談していたら、「緒方さんの座禅会が金曜じゃなかったっけ? 行って見たら?」ってことで来られました。
 
私が座禅を始めた頃は、仕事もプライベートも何もかもがうまくいかず、ノイローゼ気味で、将来の夢や明るい未来など全く想像もつかない、いっそ死んでしまいたい心境だったのです。座禅の知識だけは本を読んで知っていましたから、きっと座禅で何とかなる、座禅にすがるような思いで必死に数息観と公案に取り組んでいました。
 
そして最初の公案(初関と言います)を透った時、すべてが見えました。私自身の意識に問題の根っこがあること、今の状況を招いているのは私の意識が作り出しているということが、一気にわかったのです。
 
ただ前のブログに書いたように、最初の見性は「見性入理」と言って、理の上でわかっただけ、つまり頭で理解したというだけで、それを解決するような実力はついていないのです。でも自分のどこに問題があるのか、はっきりしただけで心は救われました。あんなに死んでしまいたいと思っていた人生が、座禅で救われたのです。
 
そして私の人生は一変しました。仕事しか見えてない視野の狭い人生から、プライベートが充実し、そして使命として、私と同じような悩みや苦しみを持って来られる人に座禅で解決する道があると伝えること。
 
老師はよく、今の時代はストレスが強烈にかかるので、何か心を安定させる、リセットする方法を持たない人は危険ですらあると言われます。NHKでもストレスが命を落とす原因になる「キラーストレス」についての番組が特集されました。
 
こういう時代、座禅をすれば良くて、座禅をすればすべて解決とはいきませんが、特に公案の修行をすると、数年もかからず、数か月でかたがついてしまう、座禅は特効薬ではないとよく言いますが、公案修行についてだけは別で、こんな短期間に自分を変えてしまう方法は他にないと思います。
 
私が毎週、金曜の夜、忙しくても疲れても座禅会を開催し、勉強会をしているのは、悩みや苦しんでいるビジネスパーソンの方に座禅の良さを伝えるためなのです。
 
そして夢を見られる、バラ色の人生を歩んでみませんか?
「東京で夜一番遅い座禅会」でお待ちしています。
 
心印 拝
 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (169)

ドリームマップと禅

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/7/25 23:19
ドリームマップと聞いて、何を想像しますか?
「夢の地図」はい、まさにその通り。
ドリームマップは夢への地図です。
将来なりたいもの、こうあったらいいな、こんなものに囲まれていたいな、と思うものを写真や文字などを使い、4つに視点:自利(みえるものとみえないもの)と利他(周りの人と社会世界)で台紙に張っていきます。そして、それを毎日ながめる。
誰でも夢を描けるツールです。一日かけて描きます。
小中学校でも、一日いただき講座を全国で行っております。
夢を描く支援をしている私たちは「ドリームマップファシリテーター(ドリマ先生)」です。
ドリームマップファシリテーターは様々な人々を受容し承認し、認めることができるように努めています。「利他の心」で場に臨みます。
そのためには自らが自分を知っている「自己対峙」することが大切であると考えています。
思っているだけではなく、ほかの方たちのためにドリームマップを描くお手伝いをすることが実践者としての使命であるとも感じています。
ドリームマップ普及協会事務局長 三輪夢遊と代表 佐藤夢月は人間禅に入会させていただきさらに修行を深めることで より全国、全世界に夢の種をまくことへ広がりと深みが出るかと感じております。老師はじめ皆様には感謝いたしております。
今回、三輪夢遊が登壇させていただくことになり、重ねての感謝いたしております。
ひとりでも多くの方にドリームマップが伝わることが私どもの夢でございます。
どうぞよろしくお願いいたします。
佐藤 夢月
一般社団ドリームマップ普及協会 代表理事 佐藤惠子
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (138)
暑くて暑くて「夕立でもあれば少しは涼しくなるのにな」と思ったら、大きな雹が降りまして。。。
谷中霊園の桜の枝葉が落ちて、一面緑に変わっていました。
被害に遭われた方、怖い思いをされた方もいらっしゃったことでしょう。お見舞い申し上げます。
 
721日(土)の女性部座禅会には、初めて座禅をするという方が3名、常連の方が2名お越しくださいました!
会員8名とともに30分の静坐、5分の休憩後にもう30分ほどの静坐をしました。
 
静坐の後は輪読を少し。
この日は「坐禅のすすめ -正しい人間形成のために-」という本の「三昧」という章です。
この本には「禅でいう三昧は3つある」と書かれています。
「正念の相続一貫」「心境一如・物我不二」「正受にして不受」ですが、これを説明するのは私には難しいですので、詳しく知りたい方はこの本をじっくりお読みいただくか、擇木道場でベテランの方々に聞いてみてくださいね!
 
なんとなく三昧とはこういうものなのね、と思ったところでお茶タイム。
常連の方が京都のお土産を持ってきてくださいました!
さらに会員の方からも静岡のお土産が!
お二方、ありがとうございました~。
お土産のお菓子を堪能しつつ、各自で点てたお抹茶に氷を入れての冷抹茶です。
冷抹茶は夏ならではの飲み方ですね。再来週もするのかな?
「来週は?」って??
来週は禅セミナーですよ~。
 
冷抹茶をいただきながら自己紹介や近況報告などをしていきます。
「クーラーがなかった昔の人はこの暑いなかで座禅をして三昧になっていたのかと思うとすごい」との声もありました。
 
さて、数息観での三昧とはどのようなものなのでしょう。
「坐禅のすすめ -正しい人間形成のために-」を輪読した中から書き出してみます。
 
「数息観についていえば、数息の一念だけが生き生きと働き、それが切れ目なく一貫相続することを数息三昧という」
 
う~ん、わかるようなわからないような。
また、「独楽が高速回転しているとき、一見静かに止まっているようにも見えるが、動き続けている」というものに例えられるそうです。
たしかに座禅をしているときは静かに見えますけど、数息三昧になったら激しいのかもしれません。
そういえば、しっかり回っている独楽って少々の障害にはめげないもので、デコボコした場所でも掌でも紐の上でも回りますよね。
よし!高速回転する独楽のような数息三昧を目指そう!!
 
「高速回転する独楽のような三昧になりたい」という方、
「座禅したあとに冷抹茶で一息つきたい」という方、
「クーラーの効いた場所で座禅がしたい!」という方。
 
土曜日の朝、9時30分からの静坐会にご参加お待ちしております。
★ご注意★
今週は座禅の時間が変わります!
 
729日(土)の女性部座禅会は「禅セミナー」の勉強会に組み込まれております。
 通常の座禅会と時間が違いますのでご注意ください。
 
 お経に学ぶ:一宇庵小野円照老師 著『勝鬘夫人の告白』

午前8:45開始(8:30受付)~9:45終了予定


 


茶道と禅:芳賀幸四郎 著『わび茶の研究』


午前10:00開始(9:45受付)~午後 0:10終了予定


茶書読書会(1時間)、坐禅(20分間)、参禅(30分間) 
 


729日(土)に座禅をしたい方は1100ごろからとなりますことをご承知おきください。


また、上記以外にも「剣道と禅」(728日)や「ドリームマップと


禅」(729日)も開催されますので、ご興味のある方はぜひお越しください。


各勉強会の参加費は1000円となっております(3つ以上のご参加で割引あり)


詳しくはhttp://zenfrontier.org/index.php


または、http://zenfrontier.org/uploads/ckeditor/files/20170610175940.pdfをご覧ください。
 
   合掌 翡翠 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (104)
心印です。
 
7月21日 「東京で夜一番遅い座禅会」を開催しました。今回は事前に7名の予約がありまして、いつもよりも多いなぁと思っていたら、ふたを開けてみると11名の方がおいでになられました。
 
30分前に集合とホームページには書いてはあるのですが、連絡もなく遅れてくる方が多かったです。ちゃんと読んでいただいていないのか・・・はわかりませんが、お寺では時間に遅れたら絶対に入れてもらえないどころか、遅刻する者、座る価値なしと怒られちゃいますよ。

もちろん遅れるので・・・と事前に連絡してもらえる方もいらっしゃいますが少数派です。「遅れてきてすみません」と言われる方もまた少数派なので21時までに来ればいいと思われているのでしょう。
 
結局、前半組と後半組の2回教えることになり、私の座る時間はとても少なくなってしまったのですが、これは仕方ないですね。その場合は、最初から数息観のペースを上げて集中するように心がけています。
 
ペースを上げると言うのは速くするという意味ではなくて、集中するレベルを例えば参禅の直前の心境にするのです。果たして結果はちゃんと100まで一回目で数えられました(普段は2、3回失敗するw)。
 
しかし、この日はいつも来られる方が1年を越えている方ばかりで、初めての方とベテランの方と会員という感じで、2回目、3回目、数か月って方が誰も来なかったのです。やはり座禅は入会しないと続かないという典型的な出席でした。
 
先週来られた初めての方もやはりいらっしゃらない、おそらく今週来られた11名の方のうち再び来られるのは1名、多くて2名と言ったところでしょう。
 
・・・これは私の教え方が悪いのか?、上から目線になっていないか? わかりにくい禅の専門用語を使っていないか? と反省することもありますが、座禅を続けるにはちゃんと入会して、ある程度、強制力が働くようにしないと難しいのだと思います。
 
座禅が良い事だとはわかっているのだけど、日々の生活や仕事に追われると、人間は易き方向へ流れがちなのです。だらだらと時間を過ごしてしまう、はっと気がつくと5年、10年自分を磨くことを何もせずに過ごしてしまった・・・と云うのが大半の方の人生です。
 
会員になったらちゃんと座禅会に行かなきゃと言う自覚が出てくるので、こちらから強制するわけじゃないですけど、ちゃんと出て来られます。なので、座禅を続けようと思う方は入会することをお勧めいたします。
 
座禅後の勉強会も、初めての方と常連さんばかりだったので、老師の書かれた「座禅の効用」の最初のところを読んで勉強しました。失敗したのがスマホのバッテリー切れで、この時はツイキャス生放送ができず、録画がありません。
 
いいこと言ったのになぁ(爆)終わってしまうと、何を話したかはすっかり忘れているのです()
 
勉強会が終わった後、「禅と仏教」の関係について質問して来られました。仏教系の大学へ行かれている方でしたが、人間禅は宗教団体ではあるけれども、入会したという意識はありますが、入信したということはありません、禅は仏教の中でも行にあたる部分で、その行を行うのが目的の会ですが、とは言え行だけでなく、仏教の知識も必要なので仏教講座などをしているという話をしておきました。
 
仰月庵老師は「座禅をすると人生がバラ色になるんだよ」とおっしゃいました。バラ色の素晴らしい人生を私たちと一緒に歩みませんか? また再度の来訪をお待ちしております。
 
 
心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (119)

中島春香,Kanten mama 座禅体験会+ライブ
 


 

8月5日(土)13時半開場、14時開演
 

日暮里 擇木道場(たくぼくどうじょう)
 
 擇木道場では音楽をやっているアーティストとファンの方に向けて、座禅体験とライブのコラボイベントを行っています!!

これで5回目となりますが、今まではギター弾き語りばかりだったのですが、中島春香さんはピアノ弾き語りなので、擇木道場では初めてのピアノ弾き語りとなります。
 
スケジュール(途中の時間は進行の状況で前後する場合があります)
 開場   13時30分

 開催挨拶 14時      中島春香さん、Kanten mamaさんと擇木道場の紹介
 座禅体験 14時30分   座禅指導:緒方心印
 ライブ  16時00分~

 
ライブ後は物販タイム、ファン交流、座談、グッズ、CD販売等
参加料金 前売り(予約)2、000円 当日 2,500円

 
予約はこちらから


  擇木道場ホームページ http://takuboku.ningenzen.jp
  人間禅 東京支部 擇木道場 緒方心印


 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (214)

7月20日(木)荻窪座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/7/21 15:54
香水です。
20日(木)の荻窪座禅会は、座禅初めての方3名をお迎えし、開始当初からの方やスタッフ等合計12名で座りました。
座禅終了後、総裁老師が書かれた「座禅の効用」を読んだ後、初めての方に座った感想をお伺いしたところ、
自分の座相が気になって、眼がしばしばし、肩が凝ったとお話された方がいらっしゃいました。
どんな座り方がいいのかといっても、身体の硬い方や柔らかい方、足を組むより正座や椅子の方がいい方と人それぞれです。
自分に合った座相は、時間をかけて自分の身体と会話しながら見つけていくしかありません。
静座会に参加して、先輩から指導やアドバイスを受けたり、座相のきれいな方をお手本にすることも大事です。
また、参加者の中に、整体のお仕事をされている方がいらっしゃいましたが、座禅をすることで自分の身体を感じることができたとお話されていました。
数息観をすることは、自分の息に集中する、すなわち自分の体の中に入ってくる息、出ていく息を体全体で感じることです。
普段の我々の生活は、特に現代社会にあっては、頭で考えることに重点をおきがちですが、数息観をすることで、考えることを止め、自分の身体感覚を鋭敏にすることができます。
さて、来週27日(木)は、いよいよ荻窪で初めての参禅会です。
今回は、新規参禅される方と初関をお持ちの方を対象としています。
参禅会終了後は、老師を囲んで懇親会を開催する予定です。
普段の静座会とは異なる部分もありますが、前半は普段どおり静座を行いますので、初めての方も大丈夫です。
老師の話を聞きたいという方は、是非お越しください。
お待ちしています。
(なお、参禅をされる方は、参加費が1000円となります。)
合掌 香水 拝
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (104)
心印です。
 
714日、金曜の夜「東京で夜一番遅い座禅会」を開催しました。
初めての方は2名(カップルさん?)が来られました。
 
金曜日はいつも老師の書かれた「座禅の効用と効果」を使わせて頂いて、座禅の効用を説明していますが、いつも老師が初めての方に対して説明をされている「絶対樹と相対樹」の説明にチャレンジしてみました。
 

 
この図は老師が書かれたもので人間の精神活動を表しているのですが、左側が思考をする働きを表す相対樹(科学)、右側が三昧を表す絶対樹(宗教、道)の図です。座禅で力がつくのは右側の働きとなりますが、これを私なりに説明してみました。
 
私は侍者(老師の身の回りの仕事をする役位)をしている関係で、初めての方に老師が説明しているのをもう100回以上も聞いているはずなのですが、やはり老師のようにはうまく説明できませんでした。
 
とは言え、これを見て何かを感じる方もいるかもしれず、恥をしのんでYoutubeに上げてみましたのでもし良ければご覧ください。
 

 
座禅の後の勉強会は、その日の座禅を振り返り、正しい座禅をしているか? 間違った方向へ行っていないかをセルフチェックできる、また禅の知識をつける(座ることが大事ですが、知識もやはり必要です)、他の人の話を聞いて座禅のモチベーションを高めると、いろいろな効果がある大切な時間です。
 
擇木道場では座禅を初心者にもわかりやすく説明することにかけては、お寺の座禅会では、できないことをやっていると自負しています。是非、ご参加ください。

心印 拝
 
 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (103)
朝から陽射しが強くて日傘が手放せません。
擇木道場の玄関にある傘立てには、雨傘の忘れ物はあっても日傘の置き忘れは皆無。
 
715日(土)の女性部座禅会には、初めて座禅をするという方が1名、常連の方が1名お越しくださいました!
会員7名とともに30分の静坐、5分の休憩後にもう30分ほどの静坐をしました。
 
静坐が終了すると、皆で円に集まって輪読をします。
今日は「坐禅のすすめ -正しい人間形成のために-」という本の「修行の要件」という章を読みました。
「大疑団・大信根・大勇猛心」について書いてありますが、初めて座禅に参加された方にはわからない言葉だらけで難しかったかもしれませんね。
というか、座禅を始めて一年ほどの私にも難しいです。
難しいながらも「そうだよな~」と思ったのは、
 
「迷いが多ければ多い程、
 雑念が多ければ多い程、
 坐禅の修行はかえってやりがいがある」
 
という言葉。
やりがいがなくスルスル捗ってしまう修行は修行にならないような気がします(これは私個人の考えです)
ということで、迷いも雑念も多い私の坐禅の修行は、めちゃくちゃやりがいがあるってわかりました、やったね!
 
座禅をしてみたいなと思う方には「修行!やるぞ!」という考えの他に「日々の疲れを癒したい・リセットしたい」という方もいらっしゃいます。
どちらにも有効なのが座禅のすごいところですよね。
 
「迷いや雑念がめちゃくちゃ多くてどうしよう。。。」と思っている方、
「やりがいのある修行がしたい!」という方、
「癒されたい~!」という方。
座禅がおすすめですよ。
 
土曜日の朝、9時30分からの静坐会にご参加お待ちしております。
 
729日(土)の女性部座禅会は「禅セミナー」の勉強会に組み込まれております。
 通常の座禅会と時間が違いますのでご注意ください。
 
 お経に学ぶ:一宇庵小野円照老師 著『勝鬘夫人の告白』

午前8:45開始(8:30受付)~9:45終了予定

 

茶道と禅:芳賀幸四郎 著『わび茶の研究』

午前10:00開始(9:45受付)~午後 0:10終了予定

茶書読書会(1時間)、坐禅(20分間)、参禅(30分間) 
 

729日(土)に座禅をしたい方は1100ごろからとなりますことをご承知おきください。

また、上記以外にも「剣道と禅」(728日)や「ドリームマップと

禅」(729日)も開催されますので、ご興味のある方はぜひお越しください。

各勉強会の参加費は1000円となっております(3つ以上のご参加で割引あり)

詳しくはhttp://zenfrontier.org/index.php

または、http://zenfrontier.org/uploads/ckeditor/files/20170610175940.pdfをご覧ください。
 
   合掌 翡翠 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (122)
法照です。

今年も人間禅の会員で陶芸家の山田眞由美さん(道号:妙玲)のご夫妻が開催する個展「船の沢窯 二人展」が開催されたので行ってきました。


山田眞由美さん(道号:妙玲)
龍泉支部長もいらっしゃいました


東京支部では、7月1日~7月8日まで摂心会という禅の修行期間で、その間、妙玲さんは複数の役位を大車輪のごとくこなしていらっしゃったので、平行しての個展の準備も大変だったと思います。

会場には妙玲さんの人柄そのままの暖かみのある作品が展示されています。
有楽町駅すぐそばの東京交通会館地下1階で開催されていますので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。


船の沢窯 二人展
2017年7月16日(日)~2017年7月22日(土)
AM11:00~PM6:00(最終日 PM4:00 終了)
東京交通会館地下1階 シルバーサロンC
会期中直通電話 03-3212-7505
JR有楽町駅 京橋口正面
地下鉄有楽町線 有楽町駅D8出口

法照 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (96)
最新のブログ記事