メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2013 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20170611のエントリ

心印です。
 
先日はシンガーソングライターの五十嵐晴美さんを道場にお呼びして、座禅体験会とライブを開催しましたが、法照さんがビデオや写真をずっと撮影してくれていました。
 
私が座禅を教えているところは、なんと40分のフルバージョンです。普段の金曜日の夜は21時からの座禅に備えて30分早く来て頂くことにはなっていますが、座禅の講習申込書を書いてもらっている間にどんどん時間は過ぎてしまい、20分くらいで説明してしまうことになるのが常です。
 
かと言って1時間も前に来てもらうというのも無理がありますから、20分くらいになるのですが、これだと座り方の説明だけで、座禅の意義などはとても説明できるものではないのです。
 
そこを40分フルバージョンで説明したのが、こちらです。
 

 
たとえば左右揺振(さゆうようしん)前後揺振などは普段はとても説明できないのですが、やってみると姿勢を作るのにとても良い方法です。これも道場の先輩から私がレクチャーを受けたものです。
 
また座禅の意義や、座禅をするとどうなるか?という効用の話については、金曜の夜は座禅後の勉強会で説明しています。以前の人間禅では座禅をしたらどうなるかなんて説明せず、「ただ黙って10年座ればわかる」と言っていたのですが、最近はちゃんと説明しないと今の方は納得しない、納得しなければ、座禅をしなくなるので、ちゃんと説明しよう、説明するスキルをつけようということになりつつあります。
 
こういうビデオをアップするのも、来られた方の参考にしてもらうのはもちろん、人間禅の会員の方にも勉強してもらうという意図があるのです。私がレクチャーを受けたことを私で止めるのではなく、後世に伝える試みです。
 
今はギターやピアノの弾き方や、バイクの説明なども、たくさんYoutubeにアップロードされており、もちろん座禅の仕方についてもいろいろな方がアップされています。情報を入手することについては、とても便利な時代だと言えますね。
 
でも座禅については、ビデオを見てやってみてもいいのですが、やはり道場で座ると全然違うということを是非来られて感じて頂きたいものです。人間には目に見えないものを感じる力があるので、擇木道場のような座禅の専門道場に来ると、そういうことを感じることができると思います。
 
心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (144)

6月8日(木)荻窪座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/6/11 16:07
6月8日(木)午後7時30分から、2回目の荻窪座禅会が行われました。

座禅会には、1回目から引き続き参加された方4名、新規1名、タクボク道場に座禅経験のある方1名、東京支部会員6名、広島禅会会員1名合計14名が参加しました。

1回目に参加された女性は、小学校5年生の息子さんを連れてこられましたが、普段は吉祥寺のお寺で座禅をしているということで、完璧な結跏趺坐で見事でした。
また、2年ほど前にタクボク道場で座禅会に参加された男性がメルマガで近所の荻窪で座禅会が始まることを知り、これはきっと行けということだろうと思って来ましたと言っておられましたが、その後、荻窪道場の井上先生と剣道のつながりのある方の御孫さんということが判明し、不思議なご縁を感じる場面もありました。

実は、私の娘も座禅会に参加しました。私が朝座禅している姿を見て、やりたいとは言っていたのですが、なかなか朝早く起きられず一緒に座ることができなかったので、当日仕事が早く終わりそうだと聞いて、半ば強制的に連れてきました。座ってどうだった?と聞くと、足が痛かったが静かな時間をもててよかったと言っていたので、親としては、これからも続けてほしいなと思っているところです。

東京支部会員の方にも多数荻窪道場においでいただきました。タクボク道場より静かで座りやすいと好評でした。
床は剣道場のため板張りですが、井上先生のほうで、床をカンナで削って新しくされたということでピカピカな上に、音が床に吸収されるのか、JR中央線に近い割にはほとんど音が気になりません。
初回に引き続き、あらためて荻窪道場は、座禅に適した場所であると思いました。

これから、荻窪座禅会の仲間が増えていくことを楽しみにしています。
是非、お越しください。お待ちしています。

合掌 香水 拝


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (88)
最新のブログ記事