メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20170604のエントリ

心地の良い陽射しに頭の中までポカポカしてきそうですね。
でも、それだと困っちゃうので、正しい坐相で気を引き締めております。
 
63日(土)の女性部静坐会には、2度目のご参加の方1名、常連の方1名、会員4名の合計6名で坐りました。
いつもは倍くらいの人数ですので、なんだか堂内が広々と感じます。
うららかな春の陽射しが畳に当たるのを見るともなしに見ながら、こんなふうに静かに坐るのも気持ちの良いものだな、と思いました。
 
女性部では静坐30分、5分の休憩の後にもう一度30分ほど坐ります。
静坐の後はほんのちょっとのお勉強タイム。
この日は、
「諸悪莫作(しょあくまくさ)
 衆善奉行(しゅぜんぶぎょう)
 自浄其意(じじょうごい)
 是諸仏教(ぜしょぶっきょう)」
の前半2行についてでした。
 
「諸悪莫作 衆善奉行」とは「悪いことはするな、善いことはせよ」という意味です。
漢字の羅列だと難しそうですが、いたってシンプルなことを言っているのですね。
どんな場面でこの言葉が出てきたのかというと、
「仏教の秘中の秘として代々大切に受け継がれてきた教えとは?」
と聞かれた時の答えなのだそうです。
質問した人が「そんなの3歳の子供でも知ってることじゃん」(意訳)と言うと、
3歳の子供でも知っていることを、80歳だったらちゃんとできているって言える?」(とっても意訳)と返されてしまいます。
 
自分自身に問いかけてみるとどうでしょう。
「悪いこと」は絶対にしていないでしょうか?
「善いこと」は必ずしているでしょうか?
 
それにしても、こんなにわかりやすいことが仏教の秘中の秘とは!!
「悪いことはするな、善いことはせよ」と知っていても、行動できていないならイミ無いよってことなのでしょう。
今はまだ「悪いことはしない、善いことをしよう」と意識して行動していますが、坐禅を80歳まで続けていくうちに自然と身に付いていくのかもしれないなあ、と思いました。
 
 
「心静かに坐りたい!」
「仏教の秘中の秘を体得したい!」
という方は擇木道場へお越しくださいね。
 
土曜日の朝、9時30分からの静坐会にご参加お待ちしております。
 
   合掌 翡翠 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (66)

日曜座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/6/4 11:34
64日 日曜座禅会
初めての参加 0
2回以上参加  9
支部員    3
合計     12
読経    「座禅和讃」
一行物   「紅炉上一点雪」
真の禅者の境涯は、いつでも、どこでも正念が生き生きと一貫相続している。美しいものは美しく、苦しい時は苦しく感じる。その一念は紛れもない。普通の人はその一念を連想に連想を重ね、雑念妄想のとりことなってしまう。真の禅者はその一念を「紅炉上 一点の雪」のように、正念の炎で瞬時に溶かし二念・三念に発展させることは無い。
「正念の工夫」について、巌光庵佐々木真応老師の解説を読みました。数息観は呼吸、息を観るか、数えることに集中する。息を吸うときは吸っていると観、吐くときは吐いていると観る。この状態が深くなると自然に自我は落ちてきて自分が息と一体になる。ほんとうに観るだけの状態になれたら自我は当然ない状態になる。観るということが難しいのは、考えを入れずにやることが極めて難しいためです。
座談会で読まなかった部分があります。耕雲庵立田英山老大師によると「人間禅では『念々正念、歩々如是』を理想的な心の修練法とする。そして、この修行は死ぬまで絶やすべきではない。公案の工夫、提唱聴聞は補助に過ぎない。道眼を磨き、道力を養うための方便として、古人の実修したこの方法が適当なるものと認めて採用しているにすぎない。・・・人間禅は古来の講本や公案を離れても成り立つが、念々正念、歩々如是の実習を離れては、万に一つも成り立たないのである」とても重いお言葉と感じました。

連絡事項 
摂心会
  71日~8
講演会  72日 
 摂心会は一年に3回開催している禅の集中修行期間です。
 起床から就寝まで、食事、作務、座禅、参禅、
  「法定の形」実習、ご提唱
という内容で毎日やります。
  水曜日は第
4回仏教講座のビデオ上映もあり盛りだくさんです。
  期間中は静座会も開催していて、私たちと一緒に坐
禅できます。
 どうぞご参加ください。
 
講演会チラシ、摂心会案内を配布。
龍泉 拝
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (53)
法照です。
 
61日の荻窪座禅会に参加してきました。
初回の模様は香水さんがすでにブログに書いていらっしゃいますので、私はその時の模様を撮った写真を少し紹介します。
 
                                                                                         
  
  
  場所ですが、荻窪駅東改札を出て、南口の階段を登ってそのまま道をまっすぐ行けば右手に「TOYOTAMA」と赤く書かれたトヨタマビルが見えます。
  
  
  
  入り口は赤枠のところです。
  資材搬入口、という感じなので一瞬戸惑うかもしれませんが、奥にエレベーターがあり、エレベーター横にインターホンがあるので、ここで「5」「0」「1」を押してスタッフを呼び出します。
  
  
  
  エレベーター横には立派な金剛力士像が…
  
  
  
  エレベーターを降りて、道場の入り口があります。
  座禅会の張り紙がなくて、香水さんが袴をはいていなければ料亭の入り口に立つ女将みたいだと思ったことは内緒です。
  
  
  
  中はこんな感じです。
  
  
  
  受付は畳の部屋で。
  
  
  
  座禅中はこんな感じです。
  
  
  
  座禅が終わったら丸くなって自己紹介や今日の感想など
  
  
  
  スタッフの香水さんと大海さん
  
 
エレベーターが動いている時だけ、若干動作音がしますが、それ以外は全く静かです。
擇木道場の日暮里駅のアナウンスで鍛えられている我々からすれば静寂そのものです。(笑)
座禅をするには申し分ない場所だと思います。
是非こちらの座禅会にも参加してみてください。
 
法照 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (49)
最新のブログ記事