メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2013 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20170514のエントリ

心印です。
 
金曜のブログについては、海香さんのブログを使って勉強会をしたのですが、ツイキャスで生放送をして録画した分を、編集してYoutubeにアップロードしようとしているので、それができたら書こうと思います。
 
海香さんのブログでは、人間は一人では仕事も座禅も続けることができない、お互いに自堕落防止をするために、うまい仕組みとして集団づくりをしたのだと、それで入会して仲間になると座禅が続くのだと。
 
このブログこそ、我が意を得たりということで勉強会のネタに使わせて頂きました。最近、入会するメリットは継続できることだと、仲間づくりはどういう意味があるのかとか、入会しないまま座禅が続けられる人はほとんどいない(わずか0.7%)ということを書いたからか、この勉強会の後、今月で通いだして1年になるAさんが入会したいと言っていただきました。座禅を続けて、さらにレベルを上げたいとのこと、その道心の発心に心の中で合掌しました。

しかし入会せずに続いている二人のうち一人が入会されるってことで、0.7%が計算するのが怖いほど低い値になりそうです。


さて、それはまた今度のブログで書くことにして、今日は来月の五十嵐晴美さんがライブ+座禅体験会をして頂ける、またその後も続々と出演して頂ける方が決まりつつあります。
 
そこで、ヤフオクで激安で落札した(なんでもヤフオクw)RAMSA WR-X02 という業務用のミキサー(発売当時は15万円!!)をテストしてみました。
 
ちなみにシールドコードはゴールデンウイークで帰省していた大阪の自宅から持ってきたのですが、高校生の時バンドでエレキギターを弾くときに使っていたものなので、40年近く経過した熟成ものですw
 
パソコンからのオーディオ出力をミキサー(右の黒い箱)につないで・・・

 
マイクとギター用のシールドケーブル

 
いろいろテストして決めた接続状況はこちら。

 
アンプ側の接続はこう決めました(こちらは入力1本だけなのでシンプル)。

 
Youtubeでギター弾き語りのライブを流してセッティングを決めましたが、パソコンのオーディオは出力レベルやレンジが狭いので、実際に歌う生声と、本物のギターだとアンプとスピーカーが耐えられるか心配でしたが、調べるとアンプ+スピーカーは、今でも簡易PAシステムとしてレンタルされているので、この道場の広さなら大丈夫でしょう。
 
カセットがついているってことでだいぶ古いもののはずなんですけど、音は結構しっかりしていました。

玉村梨紗さんのライブの時は、PAの専門家である群馬のととちゃんが本物のPAシステムを持って来ていただいたのでライブハウスそのものの音になりましたが、そこまでは到底いけません。せめてもう一台、アンプとスピーカーがあればいいのですが、ないものねだりしても仕方ないので、これで行きましょう。

これだけでも当時の価格を計算すると結構お高い価格のはずw

 
ライブ楽しみですね!!
ライブの詳細はこちら
http://takuboku.ningenzen.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=239
 
心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (106)

日曜座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2017/5/14 11:46
514日 日曜座禅会
初めての参加 3
2回以上参加 4
支部員    4
合計    11
 
読経    「座禅和讃」
一行物   「江月照松風吹」
唐代の七祖永嘉玄覚大師が書かれた『証道歌』のなかにある一節。中秋の名月、それを照らす大河、松林の奏でる松風、自然の趣の世界を表している。自然はそれだけではない。日本の四季にはそれぞれに良さがあります。この春夏秋冬の季節の変化を起こす根源は何か、また、何ものが我々をこのように然らしめているのであろうか? 
人間は知性を働かせることによって、今日の文化を築いてきたが、慧の分野が置き忘れられてきました。首をかしげるような事件が起こっています。心の教育が置きざりにされてきた所以だと思います。「数息観」は慧の分野を深め、人間形成に寄与できる手段です。
 
連絡事項
519日、20日に禅セミナを開催します。
520日午後は「心療内科と禅」というテーマで禅フロンティアを開催します。
龍泉 拝
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (182)
最新のブログ記事