メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20160229のエントリ

2月27日  女性部座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2016/2/29 23:17
      
 いつまでも 風が冷たいです。春の日差しですのに。

女性部座禅会に よく若い方達が 参加して下さいます。

心がざわざわする。 集中力が無い。 考え方がネガティブになる。
生半かな気持ちでなく もっと真剣になれたら 生きるのが自由に
なるかな。 と


今日は 金峰庵老師の法話の一部を 読みました。
その一部分を省略して 書かせていただきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・

 自分で背負い切れない難儀に出くわし 身動きができなくなった時にこそ
坐るとよい。若い頃座禅の修行を熱心に行った坂村真民さんの詩
 「死のうと思う日はないが」 があります。

    死のうと思う日はないが
    生きていく力がなくなることがある。
    そんなとき、お寺を訪ね
    わたしは、ひとり仏陀の前に坐ってくる。
    力湧き、あすを思う心が出てくるまで、坐ってくる。

というものです。
これは実体験に基ずく詩であるだけに心に迫るものがあると同時に 何か
救いのようなものが感じられる詩であります。

    ・・・・・・・・・・・・・・

太秦の広隆寺の仏さま、浄瑠璃寺の9体の阿弥陀さま、渡岸寺や聖林寺の
十一面観音。

皆さん ずっーと坐り込んでいた思い出の仏さまが あちこちにおありでしょう。

龍泉さんが 心の悩みに気づいたときに座禅を始めて欲しい
と云われました。

土曜朝9時半からの女性部座禅会 
坐って 自分の中を見つめるひと時になさってください。

お待ちして居ります。                 
                                 秋香




  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (383)
最新のブログ記事