メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20160223のエントリ

座禅が効く:心静かに・・・

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2016/2/23 23:31

心印です。

 

先週の金曜の夜は摂心会が終わって、定例の座禅会に戻って最初の座禅会でした。摂心会は気持ちも張り詰めていますし、やらなければならない役位の仕事も多いし、公案とも取り組むわけでギリギリの精神状態でやっているという感じでしたから、通常の座禅会に戻ると気持ちが落ち着いてきます。

 

心静かに数息観という感じでしょうか。

 

慣れてくると一瞬で心を静かにすることができるのが数息観です。これから大事な商談があるとか、失敗のできない本番環境での作業の前になると、そこまで行く間に数息観をしながら向かいます。

 

歩きながらの数息観は意外と心を集中することができます。そして心を静かにすると、ナチュラルな自然の状態になり、仕事に集中する状態を自ら作り出すことができるようになります。

 

この効果は絶大で、本番環境のシステムを操作する時や、難しい課題や突発的な障害が発生した時に、問題が複雑で厳しい状況になればなるほど、心を落ち着けて、しかも頭の中はフル回転して対応できるという感じになります。

 

SE(システムエンジニア)という仕事は気を抜けない場面が多いので、なるべく数息観はマスターした方がいいと思います(マスターなんて10年やっても難しいそうですが)。

 

また心を静かにすると不思議なことに、困難な状況や課題に対応するだけの気力がわいてくるのです。元気のない時に、無理にでも笑ったりすると元気が出るような気がしますが、ことほどさように心というか、感情というものはいい加減なものなのですが、心を静かにすると、そこから気力が出てくるのは本当のようです。

 

金曜にいつも参加されているNさんが、家ではなかなか100まで数えられないのが、道場で座るとあっさりと100まで行けたと言われていました。これが場の力というものです。人間って不思議なものですね。

 

元気がない時ほど数息観をやってみてはどうでしょうか?

難しい問題がある時は一歩下がって心を静かにしてはどうでしょう・・・ま、仕事も人生もそんなに簡単なものではありませんが、対処する時、気力は大事だと思います。

心を静かにすると言うと、落ち着いた、枯れたわびさび(笑)のような雰囲気がするかもしれませんが、座禅の場合は心の奥底から燃えるような気力がわいてくる感じがして、そこに座禅の魅力を感じているのかもしれません。

 

さてあなたは座禅をして道場から帰ると元気になっていませんか?

 

心印 拝

 

道場の前に停めた愛車 カワサキZZR250

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (383)
最新のブログ記事