メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20150729のエントリ

7月29日 さいたま座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2015/7/29 22:03
24日と25日の参禅会から4日、定例の水曜座禅会です。

3名の方からメールなどで参加予約をいただき、さてどうしたら
初めての人へ座禅が伝えられるかを道々考えながら、途中で
麦茶を買っての会場入りでした。
定刻20分前にようやく会場に入れたので、初めての人に会場設営
をしていただき、麦茶を飲んでてね、と言いながら着替え。
既に、おひとりの女性が会場のドアの前で待っていてくださいました。
 続いて男性二人・・・・きっと、初めての方々も忙しい中を、やりくり
して「坐ろう」と来てくださったはずです。
早くしないと、と思うほど着替えをする袴の帯がうまく結べません。

それでもなんとか、格好を整えて・・・・
座布団の敷き方、お尻の置き方、足の組み方・・・なんでそうなのか
個人さがある身体に対し、こういうのもあるよ、とお話していくと、
アッという間に定刻です。

坐っている間に常連のN氏、そして以前はほぼ皆勤賞だったS氏が
顔を見せ、6人となりました。後で聴いたら、「座禅会には来なかったけど
家では坐ってました。毎日ではないけれど・・・」とのこと。
その正直さは、座禅のおかげでは、とふと思いました。

今度の擇木道場の接心会のチラシ、慧日庵玉渓老禅子の講演会の
お話、初めての座禅の感想を聞いたら、ほとんど21時。
片付けは、みんなでやってくれました。

帰りがけ、常連のSさんがボソっと
「他の会員の人たちは来なかったですね。」と。
                                
私が別に行っている書道・硬筆教室などは、修行でもなんでもないのに
毎週ほぼ全員出席なので、落差をつい感じてしまいます。
・・・・きっと私が悪いのだろうなぁ、と思うことが続いています。

ただ、座禅会が大事という点を曲げるつもりはありません。
 なぜなら、坐禅儀の読み方が間違えではなければ、
「座禅は先ず大悲心を起こし、(中略)一身のために独り解脱を求め
ざるべきのみ」 ですから。

来週は、会員のみなさんの仕事のやりくりがつきますように!!
                                  海香
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (640)
最新のブログ記事