メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20150716のエントリ

7月15日 さいたま座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2015/7/16 21:02
昨日は、浦和駅西口から7分ほどの「しみん会館うらわ」で
座禅会でした。12畳ほどの和室に7人の参加。
擇木道場などは広々ですから、窮屈だなぁ、と感じる方が
いるかもしれませんが、禅と関係の深いお茶の世界では方丈
がベースですし、その空間には宇宙がすっぽりそこに入って
しまうらしいですから、座禅をしているこの和室も狭くは
ないわけであります。
まぁ、お茶は門外漢の私ですから、それがあてになる話か
どうかは来てみて座ってみてください。

ただ、狭いなぁしか感じない人は、もっと座禅をしてホントウ
を掴まないといけません。
そして、オオッ、広いじゃないか、と感じた人は、多分
勘違いですから、ホントウを掴むために座禅をしないと
いけないと思います。

さて、
さいたま市は内陸ですから、東京都心より夏は2、3℃高く
冬は2.3℃低いという東京より修行環境としては良いわけ
ですが、この座禅会場は冷暖房完備なので、折角の自然の
計らいを帳消しにしてしまっています。
私なぞは、夏風邪までひいて二週間経っても未だ治らない
というオマケまでついてしまい、「病は大悲より起こる」
とか「衆生病むが故に我も亦病む」どころか、苦しむさなか
家族から用心のまずさをネチネチと叱責されるという、
「傷口に塩を塗られる」経験ができ、大いに得るところ
がありました。
「たとえ悪讐怨敵となって我を罵り、われを苦しむること
あるも、これは是れ菩薩権化の大慈悲にして、無量劫来、
我見偏執によって造りなせるわが見の罪業を消滅解脱せしめる
方便なり」・・・です。


こういう時には、ノドが痛いのに、いつもは全くかけて来ない
座禅関係者から何本も電話がきたり、仕事で遠方出張が続いたり
しましたが、いままで気付かなかったけど、この人たちは、
キリスト教でいうサタンというものだなぁ・・・試す人、妨害者
という意味で。仏教で言えば、鬼だったんだ、と妙に納得
してしまう出来事でありました。
勘違いしてほしくないので、注釈をつけますと鬼もサタンも・・・
自分の心が作り出すものだなぁ、とつくづく思った次第です。

脇道に大いにそれましたが、来週24日、25日は参禅会、
講演会です。
http://takuboku.ningenzen.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=149
こんなヘンことを書く者の顔を見てやろう、でも結構ですので、
是非ご参加くだされば幸いです。
                                         
                                  海香 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (704)
最新のブログ記事