メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 5月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20140131のエントリ

火曜静坐会(1月28日)

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2014/1/31 5:56
1月28日 火曜静坐会
 
初めての方     1名
2回以上の方    8名
会員          7名
合計         16名
 
座禅の後、坐禅和讃を唱えました。その後、居士寮で座談会。

読書会    「座禅入門」 芳賀幸四郎 著
「禅は来世主義・厭世主義の教えか」の結論部分を読みました。
 
『正法眼蔵随聞記』にこうあります。「・・・ただ念々に明日を期することなく、当日当時
ばかりとて思うて・・・後日はなはだ不定にて知り難ければ、ただ今日ばかり存命のほど、仏道に随わんと思うべきなり」
 
「過去を追わず、未来を期せず、この現在の刹那刹那をこよなく惜しみ大切にし、人生
を悔いなく充実して生きよというのが大乗仏教、別して禅の真精神である」

私も入門したてのころ、あるときこのことに気づきました。当たり前なのですが、「今しか無い、何回でもやり直せる」と気づいてから楽になりました。

今日、初めて参加された青○さんは医学関係の人名事典の編集を仕事にしていて、田中増蔵氏(大綱居士)を調査中に、増蔵氏が擇木道場を寄進したということを知り、擇木道場に来られました。

大綱居士のお墓の管理に対する我々の対応、唯一縁者であるお婆さんが亡くなり、お墓は無縁墓地として撤収される予定であることなどをお話しました。
また、隠寮にある「献堂書」をお見せしました。

大綱居士のお墓の期限が迫る中、不思議な縁を感じました。 
青○さんは田中大綱居士由来の会社など、縁者に繋がる方を調べてくださいました。
しかし、系譜を追うことが不可能でした。との報告をいただきました。

どうもありがとうございます。

1月28日のブログが見にくいので修正しました。

松井龍泉 拝

   
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (731)
最新のブログ記事