メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 5月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20140122のエントリ

 今週末に開催される擇木禅セミナー。37回目を迎える禅フロンティアは
 新春特別版として「科学者と禅」というテーマで丸川雄浄氏をゲストに

 お迎えし、禅の師家にして鉄鋼業界をけん引してきた科学者に、真の

 社会人とは何かを問うフォーラムを開催いたします。
 擇木道場ブログに禅セミナーの手引書と投稿がございましたので、
 ご紹介させていただきます。
 心印さん、いつも情熱のこもった書き込み、ご苦労さまです。 合掌 剣外
 

心印です。

ガイドブックにあやかったタイトルをつけてみましたが、久しぶりの擇木禅セミナーと禅フロンティアが1月24日~26日の金、土、日と開催されます。

24日の金曜日の夜20時から受付開始、20時半に座禅です。
その座禅の間に、老師から人間禅の修行についての話を聞くことができます。

一度、ビデオに録画させてもらったのですが、ビデオ編集が大変で公開にはまだ時間がかかります。

この話を聞いて(老師面談)、座禅会に2回以上来られている方は希望すれば禅の参禅体験ができます。

臨済宗で言う参禅とは、老師の部屋へ一人一人入って、あらかじめ授けられた公案についての見解(けんげ)を呈する本格の禅の修行です。

これは本来の姿は正式に入門し、参禅願いを提出して許可を受けた後の修行なのですが、特別に禅フロンティアの期間に参禅体験として行われているものです。

私もこの禅フロンティアでの参禅体験から公案修行を始めた口ですし、最近入門された方はほとんどが、この参禅体験をした方です。

これはおそらく全国でも、人間禅だけのやり方で、お寺などではまず考えられないことなのです。

続く

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (654)
最新のブログ記事