メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 5月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20140121のエントリ

心印です。

前回のブログでは、人間禅での参禅体験と公案の修行について書きました。
擇木禅セミナーと禅フロンティアが1月24日~26日の金、土、日と開催されるのでその歩き方です。

擇木道場での座禅会は、通常の座禅会(火、木、金、土、日)のものと、それ以外に摂心会(せっしんえ)と呼ばれる特別な座禅修行の強化期間があります。

擇木道場のある埼京支部の場合、他の支部は年に3回あるところを、毎月擇木禅セミナー、禅フロンティアでも参禅修行ができることから、摂心会は年2回となっており、これも2月8日から始まります。

来週からの擇木禅セミナー、禅フロンティア、その翌々週からの摂心会と擇木道場では参禅できる期間が集中してきますので、この期間を逃さないようにしましょう。特に金~日までつめると参禅の機会は8回あります。

さて初めて参禅する方は、まず老師面談を受けなければなりません。

今週末の金曜夜は8時受付ですが、だいたい8時半過ぎから老師面談が始まります。
これは老師面談とは言え、新到者のほぼ全員が受けるので一人一人ではありません。内容は人間禅の歴史から、座禅で何を悟るのか?、人間禅での公案を使った修行の方法などが、老師直々に話がある貴重な機会です。

この老師面談を受けると、2回目以降の方に限って(これは擇木道場の場合で他の場所では1回目からの参禅体験もあります)、参禅の体験ができます。1回目の時は拝(はい 仏教式の礼拝のこと)の仕方や、参禅のコースなどを指導する為、直日(じきじつ 参禅会の責任者)と、侍者(老師のおつきの者)が付き添います。

そして拝を行い、老師の部屋へ入って、そこで最初の公案を授かり、公案の工夫の仕方を教わります。この時から老師との問答や出来事は他言無用となり、老師と弟子(体験ですが)の間の秘密となります。この時は付き添いの者も声が聞こえないよう離れた場所に待機しています。

鈴が振られたら終わりということで、室内を出て拝を行い、付き添われて禅堂内へ戻ります。これで人生初の禅の参禅ということになるわけです。

それからいつものように懇親会が始まりますが、その最中も開枕(かいちん 就寝のこと)になった後も、公案の工夫を続けます。

翌朝はいつもの座禅会より30分遅くて、6時起床の6時半座禅、7時半から参禅です。これが2回目の参禅となります。その後、女性部の勉強会、茶書勉強会、剣書勉強会とあり、それぞれ参禅があり5回となり、これで土曜日が終わります。

日曜の朝も6時半座禅、7時半参禅の6回目、俳書勉強会、禅フロンティアとそれぞれ参禅があり、全部で8回となるわけです。

参禅はやはり短期間でも集中した方がいいと思います。最初に今日は必ず参禅するのだと決めることでです。見解(けんげ 回答のようなもの)ができたら参禅しようなどと思っていたらいつまでも参禅できませんから。

では頑張りましょう!!

わからないことがあれば気軽にご質問ください。

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (542)
昨年の12月/中に撮影協力を打診された。イギリスで座禅(坐禅)の広報ができ
れば嬉しいので、協力を受け入れました。

イギリス北部に住むシャーロット(女性)が世界を旅して、いろいろな職業など
を体験して、その国の文化と事情を伝える番組。今回は日本を旅して、浅草
の振袖さんの職業を3日間体験する。
集中力が無いと指摘されて、座禅(坐禅)によって集中力を高めるために、ここ
擇木道場を訪れた。

シャーロットさんは集中力の養成に座禅(坐禅)道場につれて来られるとは知ら
ず、びっくり。
擇木道場の静坐会で初めての人が経験するように座禅(坐禅)を教わって、二階の禅堂でなれない座禅(坐禅)を実習しました。座禅中の警策にびっくり、どうして叩かれたのですか?と質問する。
「叩いてくださいと頼んだのです」と聞いて、不思議な顔をしていました。

終了したのは10:00pmでした。撮影というのは、いろいろなアングルで撮らな
ければならないし、ストーリー立てもしなければならないので、時間との闘い
だったと思います。
撮影スタッフと私たちの間を調整した西○さんは大変だったと思います。
ご苦労様でした。

今回は座禅30分でした。シャーロットさんが何か感じるには、足りなかったの
ではないでしょうか。イギリスに帰ったら、現地の座禅(坐禅)道場で再度体験してくださると嬉しく思います。

アメリカ、ドイツ、フランスでも座禅が流行っていますので、座禅(坐禅)道場
は、いくつかあると思います。
擇木道場の先輩はアメリカで第一禅堂の基礎を作りました。また、ドイツに
毎年行って座禅指導をしていました。擇木道場は居士禅の発祥の地で、来年
で100年を迎えます。

松井龍泉 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (629)

1月19日 日曜静坐会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2014/1/21 19:24
いつもは座禅(坐禅)の後は抹茶を頂くのですが、今日はお汁粉を作って振る舞いました。先週の鏡開きに私が欠席したため、今日になりました。なので
参加者      15名
初めての方     2名
2回以上参加    9名
内部  4名

一行物    「山寒花発遅」 山寒うして花の発くこと遅し
大器晩成を例えたもの。
熱心に修行を続けれは、大悟の時期が必ず訪れる。
真面目に、毎日一炷香の座禅(坐禅、数息観)を続ければ
必ず気づくときがきます。
ローマは一日にしてならずです。
連絡    ① 1月26日 禅フロンティア
          講演会題名 「科学者と禅」 
          講師 葆光庵丸川春潭老師
                   ② 2月8日~15日 摂心会
       ③ 2月9日(日) 講演会
          題名 「般若心経と禅」
          講師 慧日庵老禅子

松井龍泉 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (469)

1月18日 土曜静坐会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2014/1/21 19:08
初めて参加される方が集中しため、禅堂4列になりました。擇木静坐会始まって初めての状況です。座禅(坐禅)終了後の座談会会場を1階居士寮から2階の禅堂に移して対応しようとしました。しかし、リピータを含めてほとんどの方が帰ってしまわれました。それでも、初参加のお二人が参加してくれました。
嬉しい。
人の誘導を失敗した痛い経験でした。座談会はやはり居士寮でやるに限ります。大反省です!!
この日は理事会があったので、老居士が3人も参加しました。帰ってしまわれた方は良い話を聞くことができず、残念でした。また、来ていただけると嬉しく思います。

参加者      28名
初めての方   12名
2回以上参加  10名
内部  6名

読書会    「禅」誌vol.41   人間形成の禅 数息観(座禅)の効用と効果
         6.効用その5、7.効用その6
        三昧が身に付くと人間力が増強され、仕事の達成に大きな
        影響を与える。
        知識の蓄積だけでは創造はできない。感性が創造力の元。
        感性の増強は三昧力による。
        三昧力は座禅(坐禅)の継続的な実修により身に付く。
連絡   ① 1月26日 禅フロンティア
        講演会題名 「科学者と禅」 
        講師 葆光庵丸川春潭老師
                  ② 2月8日~15日 摂心会
      ③  2月9日(日) 講演会
        題名 「般若心経と禅」
        講師 慧日庵老禅子

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (447)
最新のブログ記事