メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 5月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20140113のエントリ

心印です。

ついに大御所(笑)、真打登場(?)です!!

当道場の担当師家であり、人間禅の総裁老師であられる、葆光庵丸川春潭(ほうこうあん まるかわ しゅんたん)老師が「科学者と禅」というテーマで講演をされます!!

http://takuboku.ningenzen.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=104






第37回 禅フロンティア テーマ「科学と禅」

新しい一年が始まりました。今年も皆さんと共に素晴らしいゲストをお迎えして楽しみながら開明のヒントとなるフォーラムを開催してまいります。この世のすべての現象は、相互に関係し合って成り立っています。それぞれの分野を知ることは、たとえ自分には直接関係のないことのように見えても実はひとつも関係のないものなどないのです。帝釈天の宮殿には水晶の玉を網のように張り巡らした蓋いがあって、ひとつの珠にはすべての珠が映って煌めいているそうです。相互に関係し合って成り立っている人間世界を喩えたお話です。ご参加をお待ちしています。

さて今回は新春特別版として人間禅総裁老師をお迎えしますが、あくまで従来通り、時代を生きるスペシャリストとしてお話を伺います。老師は日本の鉄鋼業界をまさに牽引してきた科学者・技術者です。また「科学技術と宗教の協調をあらゆる局面で推し進め、科学技術は宗教によって心を持たなければならない」「宗教者と科学者・技術者は共同で事態に対応し、宗教は科学によって新しい時代に蘇らなければならない」など、科学者・技術者のあり方についてのオリジナルな言及も多く、さらに、普遍的な禅の精神をそれぞれの社会人が働きの中に生かすことで実現する世界こそが未来を開く、とメッセージを送り続けています。ぜひ新年最初のフォーラムにお越しください。そして心静かに本格の坐禅を体験する時間も併せてお楽しみください。

【日時】 平成26年1月26日(日) ※参加はどこからでも。出入りもOK です。
 午後 1:00 受 付
 午後 1:30~3:15 フォーラム
 午後 3:30 坐 禅(希望者は、老師と面談)
 午後 4:15 参 禅(希望者は、老師との一対一の禅問答)
 午後 5:00 茶話会(6時終了予定)

【費用】 2,000円

【場所】 禅フロンティア日本文化研修道場(人間禅択木道場) 日暮里駅南口徒歩3分
 〒110-0001 東京都台東区谷中7-10-10 TEL:03-3823-7647 FAX:03-5815-5921

フォーラムの後は心静かに坐禅を体験する時間もお楽しみください。なお、希望者には老師から禅の話を聞く時間、参禅できる機会もありますので、ぜひ本格的な禅の世界も体験してみてください。

ゲスト*丸川雄浄氏
人間禅総裁・工学博士




詳細はこちら(PDF)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (520)

1月12日 2回目の日曜座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2014/1/13 12:55
心印です。

今年2回目の日曜座禅会を開催しました。
龍泉支部長が所用でお休みのため、仰月庵老居士がピンチヒッターで交代されました。

新しい方は2名来られました。

朝早い時間なのに有難いことですが、1名の方は懲りたのか? 途中で帰ってしまわれました。
自己啓発や哲学に興味のある方のようですから、これに懲りずにまたおいでください。

もう1名の方は若い女性の方でしたが、座禅の座相がとてもきれいでした。
日曜の座禅会の後は、なんと無料のヨガ教室があるのですが、そちらへも参加されていました。

ヨガの方は参加されている藤○さんという方が、長年ヨガをやられているということで、広い禅堂でヨガをやりたいということでボランティアでやって頂いているのです。もうお金とってもいいレベルだと私などは思うのですが、無料です!!(笑)

おそらく都内のヨガスタジオなどで同じレッスンを受けると、月に1万円はかかるような内容ではないかと思うのですが。

日曜は朝7時と早いですが、座禅をして、抹茶を頂いて、禅の話を聞けて、ヨガまでできる。
とてもお得なコースですね!!

先週、初めて参加された男性の方が、2回目も来られました!!
なかなか朝早く2回目も来られるとは熱心で頭が下がります。
是非継続されるようお願いします。

禅のお話は仰月庵老居士の、この週末の奮闘と言いますか、金、土、日ですから大変かと思いますが、「坐禅義」という昔に書かれた座禅のやり方を書いた文書から、「大悲心を起こし・・・」、「念起こらば即ち覚せよ」、「但だ肯心を鞭ぜよ」のところを解説して頂きました。

土曜もそうなのですが、日曜の朝が早くて、あるいは遠方で参加できないという場合は、私はいつも金曜、土曜は前の晩から泊っているので一緒に泊りで参加すれば朝も絶対に起きれますよ(笑)

座禅は一人で家ではなかなか誘惑が多くて続けられませんが、こういう工夫はいくらでもできるので継続して座禅を続けられるようお勧めします。

再来週には擇木禅セミナー、禅フロンティアがあります。

禅フロンティアでは、なんと真打登場(驚)、当道場の担当師家であり、人間禅の総裁老師であられる、葆光庵丸川春潭(ほうこうあん まるかわ しゅんたん)老師が「科学と禅」というテーマで講演をされます!!

http://takuboku.ningenzen.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=104

是非、ご参集ください。


心印 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (521)

1月11日 土曜静坐会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2014/1/13 12:36
心印です。

今年初めての土曜静坐会を開催しました。
龍泉支部長が所用でお休みのため、仰月庵老居士がピンチヒッターで交代されました。

新しい方は、金曜に続き、また6名でした。またリピーターさんも多くて、総勢20名と2列がいっぱいになりました。
私が知る限り摂心会以外で、土曜の静坐会が2列いっぱいになるのは初めてではないかと思います。

遠く茅ヶ崎から来られた方は、ネットで検索して土曜にこれから座禅できるところを探して来られたそうです。
ご苦労様ですが、あまりに遠いと続きません。京浜禅会に茅ヶ崎静坐会があるので、こちらへいかがかと思います。

金曜日の夜は初めて来られる方は仕事帰りに座禅を一度体験できればそれでいいという方も多いので、一見さんになる方も多いのですが、土曜日の夕方はお休みの日にわざわざ座禅を目的にして日暮里まで来ないといけないので、真面目で熱心な方が多いと感じています。

土曜は他の曜日、例えば火曜と土曜、金曜と土曜と言うように週に2回来られる方もいて熱心な雰囲気になっています。

金曜の夜から引き続き仰月庵老居士の深い禅のお話が聞けたので、禅を求めて来られた方にはとても有意義だったのではないでしょうか?

埼玉の越谷から遠く久しぶりに来られたご夫妻もいらっしゃいました。
どうもありがとうございます。

座禅は一人で家ではなかなか誘惑が多くて続けられません。
もちろん家でも毎日座るのがいいのですが、難しいので、一週間に一度でも道場に来て、広い道場でみんなと一緒に緊張感をもって座るのがいいのだよと、これも仰月庵老居士のお話でした。

是非、座禅を継続して続けて頂きたいと考えています。

心印 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (488)
心印です。

今年初めての東京で夜一番遅い座禅会を開催しました。

新しい方は6名、総勢で19名で座禅と懇親会をしました。
なんと神奈川から2名もそれぞれ別で来られていましたので、京浜禅会がありますよと言いましたが仕事が都内だと言うことでした。

新年で忙しいのか、リピーターさんが数名しか来られず、またリピーターさんも含めた女性陣が帰ってしまわれたので、懇親会には男性ばかりと久しぶりの硬派な懇親会となりました(春光さんが紅一点でしたねw)。

今年一番ということで、相○さんが腕をふるったおいしいお鍋と何故か炊飯器からできてくるケーキのデザートが出たのにもったいないことですね~(笑) ほんとおいしかったですよ!!

また禅道場の懇親会ですから単なるおしゃべりの飲み会ではなく、禅を極めたこの道何十年と修行されている仰月庵老居士のお話がとても良かったです。これを聞かないとはもったいない(こればっかりですがw)。

数息観はなかなか難しいものであるが、数息観をずっと続けていれば、これは禅がわかるのだと、これは私が言っても説得力ないですが、この道何十年と修行されている方の話ですから説得力があります。

外国の方から見ると日本人は禅を知っていると思う方が多いようですが、全然そんなことはなく、かえってアメリカやヨーロッパの方の方が禅に強い関心を持っているそうです(スティーブジョブズが有名ですよね)。

こんな中、私は禅がわかっていると言えるようになりたいと思いませんか?
カッコいいですよね!!

なぜ手の形が法界定印(ほっかいじょういん)なのかもわかる、これは集中力を助ける形だとのことです。
また、禅を続けて数息観がうまくできるようになると、座禅が楽しみになるとも。

禅には肯心(こうしん)という言葉があるそうですが、これは座禅がちゃんとできたことを自ら納得する心だそうです。自らを肯定する、うけがうという心だそうです。また自らのことは自分が一番よく知っている、自らの心を偽らないということでもあるそうです。

私もまだまだ数息観がちゃんとできていませんが、こういう納得できる座禅が早くできるようになりたいと思います。

懇親会の途中から入ってこられた中国の金ちゃんを合わせて、数名で道場に泊り、次の朝は6時から座禅して解散しました。

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (525)
最新のブログ記事