メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2013 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20131122のエントリ

心印です。
前回はホームページが役に立つサイトでないと検索されない、明確なコンセプトを書いていないと、検索されても人が来ないということを書きました。
 
ブログにしても書き手が熱心なのか、そうでないのか? 新しい人に来てほしいのか、実は面倒だと思っているのか? 心がこもっているか? そういうヒューマンな面が見られて来るかどうかが決まるのです。
 
人間が読めば思いが伝わるのは自然なことですが、技術の進歩でGoogleのような検索エンジンですらヒューマンスキルを評価するようになり、ついにコンピュータが人間の気持ちを理解し始めたと思うと夢がありますが、実は記事の自動生成等の小手先SEOや、自作自演のリンクを排除していった結果です。
 
これも自然にリンクが増えたように振る舞うSEOができてイタチゴッコですが、Googleにはこの分野で世界一の技術者が集まっているので、中身の濃い役に立つサイトだけが検索されるのは間違いありません(有料広告が表示されるのは変わらないので最強のSEOですが)。
 
第4の波では人間の感性に訴えるコンセプトが生み出せるかの勝負、それは人の気持ちがわかるヒューマンスキルの高い人ができる人になる時代です。
 
本論の最期に結論らしきものを書いておきましょう。
 
第4の波で検索すると、ハイコンセプト、ハイタッチと言う言葉が出てきます。少し引用になってしまいますが、ハイコンセプトは、パターンやチャンスを見出す、芸術的で感情面に訴える美を生み出す(必ずしも美だけではない)、人を納得させる話のできる能力などだそうです。
 
そしてハイタッチとは、他人と共感する能力、人間関係の機微を感じる能力、自らに喜びを見出し、他の人々が喜びを見つける手助けをする能力、ごく日常的な出来事についてもその目的や意義を追求する能力などだそうです。
 
私はここに書かれていることの全ての項目に禅が有効だと考えています。第4の波の時代、できるビジネスマンと落ちこぼれのサラリーマンの違いは、禅をやっている人と、やっていない人の差になるかもしれません。

禅は第4の波を受けて変革しなければならない時代が来ているのかもしれません。長い長い駄文の論におつきあい頂きありがとうございました。

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (429)
最新のブログ記事