メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2013 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20131116のエントリ

龍吟です。

ちょっと気の向いた時に、町で出会った禅者たちを紹介したいと思います。
 
気の向いた時、とお断りするのは、私自身、禅者って何かよく理解していませんし、そんなにたくさん知っているわけではないから。でも、そうは言っても素晴らしいと思う方は必ずいらっしゃいます。そういう市井の方々を紹介できればと思います。
 
私の禅者の定義は正直、適当です。志を持って今を生きている人ぐらいに考えていただければと思います。
 
さて、今日の禅者は御徒町の歯医者さんです。お名前は言いません。だって言ってしまうと予約を取るのがもっとたいへんになるからです。
 
その歯医者さん、もう10年くらい前に、はじめて診察を受けました。現在、お歳は65才くらいでしょうか。腰が低く丁寧で、しかも腕がいい。そして他の歯科医とは違う治療を行います。
 
普通、虫歯の治療だと、レントゲンをとって、虫歯を削って、型をとって、次に保険でやるか、金を入れるか、そんなことを聞いて、また来週って感じですよね。
 
でも、この歯医者さんは、その日に全部治してしまいます。虫歯の部分は最小限に削り、型などとらずにセメントのようなもので埋めて終わり。えっ、来週来なくていいの?っていう感じです。
 
体の負担を最小限にすることを主眼にしているようで、けしてブリッジとかインプラントはしません。
 
私も、下の奥歯が一つ抜けているのですが、先生いわく「ここに入れる必要ないね。ブリッジなんかしたら、上の歯がやられてしまうよ。大丈夫、一本なくても」ってこんな感じです。余計なお金はとらない。
 
そして、先生は「歯を一本一本治療しようと思うから、全体が見えなくなるんだよね。今の歯医者さんは。」「無理に治さなくていいの。口の中でうまく行っているんだから」そんなことをいいながら、きちんと治すところはしっかり治します。
 
治さないなんて聞くと、下町のいい加減な歯医者のように思われるかもしれませんが、東京医科歯科大の教授たちからもお墨付きのとても偉い先生のようです。風貌は偉そうではありませんが。

私は10月に診察して、次に行くのは12月の予約。だから2ヶ月待ち。こんな歯医者あんまりないんじゃないかと思います。案の定、ホームページはなし。口コミ情報もなし。でも予約は取れない。
 
夕方遅くに行ったときは、「ごめんね。今日はもう疲れちゃってね、だから応急手当だけにしとくね。夕方になると集中力続かなくてね。でも、この手当だけでも2ヶ月は持つから大丈夫だよ」そういいながら、痛みは完全になくなっていました。
 
こういう方を、禅者といってよいのではないでしょうか。


龍吟 拝





  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (627)
龍吟です。

車好きの私には、とても興味のあるネタ。

心を動かす。心を止める。
それぞれの究極を求め続ける、メルセデスと坐禅。

という、コピーで、メルセデスベンツのAクラスなんですけど、AMGというチューニング版のとても速そうな車と、坐禅が出会ったというストーリーで、インターネットでビデオが見られます。 

本物の禅僧とおぼしき方々が、広い駐車場のようなところで、円になって坐禅を組みます。その周りをこのAMGが、ジムカーナーのようにドリフトしながら、突っ走る。

しかし、禅僧は身動き一つせずに、じっと坐禅を組んでいるというものです。

なんか、禅僧の頭に脳波計をつけているみたいで、車が接近したときの禅僧の心の動きを測定しているようですね。ただその結果がどんなものだったかは、ビデオでは明らかにされてないのですが。

設定や風景がとてもおもしろい広告なのですが、感じるのは、メルセデスも、坐禅も洗練されているというイメージがあるんですね。ストイックで、凛とした感じ。

それだからメルセデスも坐禅も大好きなのですが、私がやるんだったら駐車場で坐禅を組むというよりは、メルセデスの運転席に座って、車を止めて数息観をしながら、心を整えるとかの方がいいかも。


龍吟 拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (810)
最新のブログ記事