メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 8月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20131114のエントリ

 お菓子の続き、塩まんじゅうの赤穂から東へ行くと、姫路の白玉椿の生菓子が忘れられません。
 小生と同じ歳だったと思いますが、むかし三木淨光居士というくそ真面目な道友がいました。彼は姫路出身で大きな生家に住んでいましたが、土産によく白玉椿を頂きました。もう久しく頂いていないので、彼を思い出しながらお濃茶と一緒にもう一度味わいたいものです。
 
 坐禅修行の要訣として、大信根が大切で、その信には三つの信があると前回お話ししました。
 
 三帰依文の中に、「信和の人間禅これ我が僧伽なり」という一説があります。
 また、三禁令の一つに、「道友の信を裏切ってはならない」があります。
 
 この二つの信は、僧伽の中での信であります。この信はどういう信であるかは、『立教の主旨』の第三項「わが人間禅は、正しく・楽しく・仲よく 人間味の豊かな人々の家庭である。」と、第四項の「我が人間禅は、禅 本来なる自由と平等とを尊び、各自の人格を尊重する。」の中に謳われている人間禅の精神から発せられる信です。
 
 ここにあります「仲良く」は、お互いに相手の中にある仏性に対して合掌し合うということであり、そういう信を持ち合った人々の家庭が、すなわち人間禅であるということであります。
それは取りも直さず根源的な意味から「各自の人格を尊重する」ということになります。僧伽内における対人関係での信は、こういう信であります。
 
 ここで前回述べました「信」に対する説明ですが、広辞苑での説明に加えて、信というものには、「自分には認識することができないことを承認するという意味」が付け加えられると申し上げましたが、それに更に別の切り口から、信についての説明を付加します。
 
 一般的な信は、脳科学で云えば「頭頂葉で考えた信である」といえ、これに対して、坐禅修行での大信根や僧伽内での信は、「前頭葉において感得せられる信」であります。
 
 数息観三昧に入ると頭頂葉がsilentになり、入れ替わるように前頭葉がactiveになるということが脳科学の実験で証明されていますが、禅における信には、三昧が付いて初めて信というものになるのであり、三昧が付かず前頭葉が不活性なままでは、信というものは形骸化されてしまい本当の信にならないと云うことです。
 
 そして、三昧が深くなればなるほど、信も深く揺るぎないものになると云うことです。
 
 同様に人間禅の『立教の主旨』も、三昧が深く身に付くにつれて、それを真に理解し認識することができるようになるし、三昧が浅く前頭葉が不活性なままでは、皮相的にしか理解できないものです。
 
前回、急に寒くなりましたのでお風邪を引かないようにと言いましたが、どうも小生が鼻風邪を引いてしまったようで、くしゃみと鼻水でキーボードを叩くのも容易ではありません。改めてご自愛下さい。合掌 春潭
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (843)
心印です。

前回は、擇木道場にネット経由で入会された方が、システムを使いこなして予約対応し、そのプロセスがネット布教というコンセプトにまでなった話をしました。
 
余談になりますが、ネット布教って新旧2つの言葉が合わさって醸し出す違和感が面白いと個人的には思うのですが、若い方には布教という言葉が宗教っぽくて抵抗感を持つ方がいらっしゃるかもしれません(人間禅はれっきとした宗教法人ですけどw)。それなら単に禅をネットで普及させようとしていると受け止めればよいかと思います。実際、修行している人は仏教の一宗派に入信したと言う意識はありませんし、会員には他の宗派やクリスチャンの方までいらっしゃいます。
 
当初、擇木ホームページを龍泉さんから引き継いだ時点で既に50ページくらいあって、リンクやデザインの変更、検索用のキーワードだけでも50ページ全部修正しなければならず、これは大変とImpressCMSというCMS(コンテンツマネージメントシステム)を導入しました。
 
そして新しい方が来られるようにいろいろ機能を選んで組み込んだ(ImpressCMSは世界中で開発されたXoops用のモジュールを組み込める)結果、一種のCRM(カスタマーリレーションマネージメント 顧客関係管理システム)になってきました。
 
技術的な話になりますが、簡単にシステム構成を紹介すると、
1.ブログと一体化した動的なホームページがImpressCMS。
2.ブログ・ニュース投稿や予約対応等、フロントの機能を持つホームページツール(Excelマクロ)
3.いろいろな情報を共有して蓄積するSNS
 
これらの機能を組み合わせて全体としてCRM的なものになっているのですが、擇木道場へ新しく来られた方は入会までこう進むことになります。
1.「座禅 東京」などのキーワードで検索
2.初めて来られて座禅を体験
3.2回目以降も来られてリピーターさんになる
4.座禅だけの方は、KUJ擇木静坐倶楽部の年会員になる(会費がお得)。
5.本格的にやりたい方は老師に面談、参禅体験
6.参禅するうち正会員として入会する意思を固める。
7.めでたく入会されると、運営側にまわる。
8.最初の公案をとおれば道号(心印みたいな修行上の名前)を授かる。
 
次に続く~

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (407)

11月 12日 の 火曜静坐会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2013/11/14 1:01
昨夜からの冷たい北風で 谷中の桜の葉は赤く染まらぬうちに どんどん散っていきます。
もっと秋を味わいたかったのに……。

今夜の火曜静坐会、 寒い中で坐ったので熱いハブ茶が有難く、 仰月庵老居士の
お菓子も美味しく、 カリカリご馳走になりました。

読書会では 『禅入門』 の 「禅は神秘主義か」 のところを読んでいます。

       禅は神秘主義の教えだと誤解されている。
       禅の開悟の唯一の手段は 坐禅して三昧に入ることである。
       三昧に入るとは 一切の雑念を空じ去って、 唯、正念の一貫相続を
       計ることで、 自然と人生の相を あるがままに正しく受け取ることである。
       臨済禅は 坐禅による三昧と 公案の工夫によって境涯を高めて行くが、
       公案は 殆んどが江戸時代に作られたものだから 言葉が古めかしいし、
       表面的には 没常識的で 非科学的で 不可思議玄妙なことのように
       思える……

火曜静坐会には これから参禅してみたい人、 参禅体験をして公案を頂いた人……と
熱心な方々が居られます。
読書会後、 数息観の やり方に 質問が集中しました。

       ・ 坐り始めは自然な息をして 息が落ち着いて来たら数を数え始める、
         という人。
       ・ 吐く息 吸う息に 力を入れて一生懸命に数えていたら 酸欠状態に
         なった、 という人。
       ・ 総裁老師がブログに書かれていたように 一日一炷香が現状の三昧レベル
         回復保持の坐禅だとすると 公案を工夫する為に もっと坐らねばならず
         それでは眠る時間が なくなる、 という人。

       皆さん真剣です。

私は 一日一炷香の坐りが やっと。  家人や友人と出掛けたりすると その日は評点ゼロ。
限られた一炷香で 如何に上質な坐りが出来るか、 夏以来 静坐会にみえている熱心な
女性の姿に 教えられた思いです。

               私も頑張るぞ~~~!       秋香



   
         



  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (365)
最新のブログ記事