メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20130818のエントリ

クリエイト静坐会8月18日

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2013/8/18 19:31
クリエイト静坐会を下記の通り開催しましたので報告いたします。

                記

日時:平成25年8月18日(日曜日)午前9時30分〜11時30分

静坐:三炷香(25分、25分、25分)

参加者:4名+栗原
 
◇今日は臼杵宗應さんが仙台出張のため栗原が代行しました。Mさんには聖侍をお願いしました。

◇Uさんという女性の方がクリエイト1階のチラシをみて初参加されました。少し経験のあるかたでしたが姿勢がとてもしっかりした方でした。これからも参加されるそうです。

◇終了後お茶を飲みながら坐禅談義に花が咲きました。せっかくでしたので居士禅、人間禅それから西東京支部での水曜静坐会、摂心会までいろいろとお話させていただきました。皆さん興味をもってお聞きになっていましたので、もしかしたら水曜静坐会に参加される方がいるかもしれませんので、そのときはフォローお願いします。

栗原道活 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (489)

8月18日 日曜静坐会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2013/8/18 10:17
参加者 14人
新到者 0人

読経 「般若心経」
一行物 「古澗寒泉湧」
「正念の一貫相続」について説明。
「禅」誌 Vol.39 佐々木眞應老師の新作提唱の一説を読んで紹介しました。
坐禅している間は数息観に集中して、正念相続しているが、坐禅から離れて日常生活に戻ると、再び「我」が出てきてそれに左右された行動をしてしまう。そして、それが自分であるように思っている。「正念の相続」というのは、私見(我見)を入れずにものごとを観ることで、そのような状態が長く続けられるようにすることが大切。相手に触発されて怒ったり、有頂天になったりするのは、本当の自分がこの身をコントロールしているものではないことを知るべきですね。
また、関連がありそうなのでね沢庵和尚の「不動智神妙禄」の「不動智」の意味も紹介しました。

連絡事項
8/30,31 禅セミナ
9/1 禅フロンティア
テーマ 「漢方と禅」

松井龍泉 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (545)
最新のブログ記事