メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 20130808のエントリ

女性部 8月3日の静坐会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2013/8/8 21:35

塩田春光です。坐禅を初めてようやく半年が経ちました。
いつもは青年部の金曜夜と,土曜早朝の静坐会に参加しています。


土曜日朝9時半からの女性のための静坐会。
7月から正式な開始となり,一ヶ月が経過しました。

今回は,朝6時からの青年部静坐会から引き続き参加いただいた新規の方
とリピーターの方を加えて,計8名での静坐会となりました。


正直,45分×2 の坐禅はまだまだキツカッたり,,,(汗) するのですが,
女性部の静坐会は30分と25分の2本! 
日中は暑くなったものの,早朝はまだまだ涼しく,
足の痛みもなく,すがすがしい気持ちで坐れました。

 

坐った後は,皆で丸くなってすわり,お茶とお菓子を頂いておりますが,
これがまたまた良いんです(そして何よりも大変楽しみになっていたりもする。。)。
お茶を本格的にされている方も多くいらっしゃるのですが,この場は作法関係なし。
皆思いのままに,お茶もお菓子もお代わりなんかしたりして,リラックスモードで大変寛げました。




坐禅をやってみたかったけど,敷居が高くて・・・と思われている方がいらっしゃったら,
初めてくるには大変ピッタリな坐禅会です。
また,長く坐られている方も,是非ホッとしにいらしてください。



春光 拝








 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (424)

ホームページ物語 その7

カテゴリ : 
ホームページ運用
執筆 : 
擇木道場 2013/8/8 10:59
さてImpressCMSを使ってまずは青年部のホームページを自宅サーバに作ってみました。自宅サーバと言っても中古パソコンにFedoraというLinuxのOSをインストールして、そこにImpressCMSをインストールして作ったのです。

それでかかった費用はドメイン料はずっと使っているのでこれは別にして、中古パソコン代の5,000円くらい、メモリ代1,000円、HDDが5,000円くらいの1万円ちょっとという感じです。

それでImpressCMSの操作方法に慣れてきて、Xoopsと画面が違うだけでほぼ同様に使えるし、速いということがわかってきました。

2012年1月~2月くらいで、青年部のホームページを作りつつ1月末の禅フロンティアで最初の初関をとおり、2月の摂心会の時に正式に入門しました。

最初の公案の「本来の面目」は有名な公案ですが、ふむ!! なるほどこれか!!とうなづけるものでした。まだ禅の深い深い奥義にすると牛のお尻をチラ見しただけなのでしょう。

香厳智閑(きょうげんちかん)禅師が、やはりこの公案で大悟されております。香厳禅師は知識が豊富で、たくさんの勉強をされていたとのこと。禅師の足元にも及ばないとは思いますが、禅の本で読んだ知識は役にたたないということがよくわかりました。

指月の譬えという言葉があります。仏法を月に譬えて、お経や禅の本は月を指し示す指に過ぎず、月(仏法)そのものではないということ。参禅の室内は他言無用なので書くことはできませんが、だんだん指から離れて月に近づき、あれ?いつの間にか月になっていた?という感じでした。

老師の書かれた「見性とその工夫の仕方」という文書を公案と一緒にもらうはずですが、理屈っぽい現代人向けにノウハウが書かれています。「一つは、一日に少なくとも一回は参禅することである。生きた仏祖がそこに居られることの、恐ろしいほどの有り難さを思い起こし、全身全霊でもって室内に身を投じてゆくことが、見性の境涯にまで登りつめるのに不可欠といっても過言ではない。一人で工夫三昧になることに比べ何層倍も三昧が深まり、本当の工夫が深まるのは、御力のしからしむる処なのである。」とあります。

禅フロンティアのホームページで公開されています。
http://zenfrontier.org/modules/myalbum/viewcat.php?cid=1

ちょっとホームページからは離れてしまいましたが、続く(笑)

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (512)

日々の仕事ーある主婦の思い3-

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2013/8/8 10:21
日々の仕事
           
 朝は4時ごろに犬に起こされて散歩に行きます。その起こし方の強引さといったら情け容赦ないのです。まだ外は真っ暗だけれど、彼女の要求を飲んで散歩に行くしかありません。

そのあと食事をさせて歯磨きやブラッシングをします。犬は散歩と食事だけであとは結構、と言いたげですがそうもいかないのでちゃんと手入れをさせてもらいます。そのあとは我々人間の食事の支度にお弁当づくり。夕飯の仕込みも軽くします。それから30分ほどウォーキング。これは犬は連れずに自分だけ。

健康維持のための大事な仕事と思って雨さえ降らなければ毎日行きます。そして戻ってきたら食事、後片付け。時間があればお茶のお稽古。仕事に出かけ夕方帰宅。帰ってきてから買い物に掃除洗濯アイロンかけに夕食とお風呂の準備。食事のあとは後片付け、それから犬の散歩。そしてやるべきことが全て終わったそのあと坐禅をします。

やっと坐れる、という感じです。ほっとして心が落ち着きます。こうやって書き出してみると一日にすることががずいぶんぎっしりと詰まっている感じがしますが、実際に事にあたるときはいちどにひとつです。

順番にこなしてゆけば用事は片付き、坐禅をして一日も終わります。掃除をしているときに、(ああこれから玄関の掃除もしてトイレとお風呂場も掃除しなくちゃ。それが済んだら・・・)などと考えないに限ります。

いやになっちゃいますから余計なことは考えないことです。ひとつひとつ淡々とこなしてゆけば必ずできる。淡々とこなしているうちに予定していた全てが片付いたときは本当に気持ちがいいものです。いましている仕事に集中すること。それは家事だけでなく勤め人としての仕事も同じです。

長く事務の仕事をしていますが、ちょっとあり得ないくらい煩雑な状況というのが本当によく起こります。そんな時一挙に解決しようと焦るのは禁物。からんだ糸をほぐすように、ひとつひとつ出来ることから取り組んでゆけばいつか必ず全体的に解決する。

とにかく今やっていることに集中すること。時に失敗してしまってもくよくよしないこと。全てをうまくやろうと思わずに今の自分の仕事に集中すること。そう思うとスケジュールが過密でも、状況が混乱していてもちょっと気が楽になるように思うのです。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (356)
最新のブログ記事