メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧
  • カテゴリ ホームページ運用 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

擇木ブログ - ホームページ運用カテゴリのエントリ

心印です。

久しぶりのホームページ物語です。

昨日、10月31日は予約対応のスタッフの間で慌ただしい動きがありました。そこで、今回は擇木道場の予約対応を裏で支えている、スタッフの物語を紹介しましょう。

31日の2時頃(深夜です)、10名~15名で来ますと言う予約が入りました。しかし、その時点で既に数名の予約が入っており、一度に7,8名くらいしか教えられないので、予約がいっぱいで・・・と回答しました(夜中の2時半)。

ちなみにこれは自宅でホームページの運用中に対応しています。予約対応もホームページツールを使ってできるようにしてあり、予約対応のスタッフは誰が誰にどう回答したかもわかるようになっています。

また予約状況が一覧できるので、何日に何名予約が入っているか、未対応の方はいないか一目でわかるのです。ImpressCMSとExcelの組み合わせでちょっとした予約対応システムになっています。

朝9時にお客様から、分割して教えてもらうことはできますか?とまたメールが入ったのですが、私の方は仕事で対応できず。

またこの週末は私が広島禅会へ初の出張(笑)で不在、龍吟さんと玉道さんが仕事で遅くなる・・・ということで青年部だけではスタッフ側が人数不足な状況に。

一足先に広島の参禅会へ行かれている老師から春光さんに連絡が入り、状況を把握された後、メールで本部、擇木道場の支部長、老居士、老禅子を含むいろいろな方に指示を出され、急遽いろんな方がお手伝いに手を上げてもらって、スタッフがそろう目途が立ちました。

31日2時頃から、わずか1日でこれだけの動きができる、擇木道場は困った時には助け舟を出してくれる素敵な仲間が集う本格的な座禅の道場です。

もし興味があって、禅を深くやりたいと思われたなら、あなたも門を叩いてみてください。

PS.今日の夜の状況、誰かブログ書いてね(とホームページ担当としてはプレッシャーをかけるわけだw)。

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (831)
心印です。

久しぶりのホームページ物語の続きです。
前回は、ホームページツールの登場の話でした。

このExcelで作ったところがみそでして、Excelが入っているパソコンは多いので使える方が多い、不具合があってもその場で修正できてしまうというのが便利です。

これが開発環境が必要なアプリケーションならその場で修正が効かず、自宅でないと修正できないとなれば、これだけの機能を短期間でそろえることは無理だったでしょう。

実はExcelのマクロを組める方は多いのです。SEやプログラマーでなくても、現場でExcelを使いこなしている方がマクロで仕事を自動化していますし、解説本もたくさん出ています。

しかし、Excelのマクロからインターネットエクスプローラ(IE)を呼び出して、操作するマクロは今まで一度だけ見ただけです。

ExcelマクロはVBAという言語ですが、オブジェクト指向でクラスとして開発しており、先日来られた方も、VBAでクラス作る人は初めて見たと言われていました(笑)

また中身を見てこれはものすごいものだと言ってくれるた方は龍吟さんが最初でした(彼はIT企業の社長さんをやっています)。

ImpressCMSとこのExcelのツールを抱き合わせて販売できないものかなぁ?とか思っていますが、ユーザが自分で更新できてしまうので、制作している業者さんは仕事が減って困るかもしれません・・・

こういう技術的なブログを書くから最近IT業界の方が増えているのかな(笑)
別にIT業界でなくても、仕事をしている方のほとんどに禅は効くと思いますので、これからは座禅は必須のスキルですよー

道場においでくださいねー 一緒に座禅しましょう!!

だんだん金曜の夜は道場が異業種交流会のようになってきた(笑)

まだまだ続く(笑)

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (843)

禅用語集を作ってみました

カテゴリ : 
ホームページ運用
執筆 : 
擇木道場 2013/9/22 21:32
擇木道場の心印です。

人間禅の道場で使われる禅の用語は一般のお寺の禅用語と少し違っています。

私の場合は、擇木道場にたどり着くまで、あちらこちらのお寺をさまよい歩いていたので(笑)、そういうことに気づいていました。

また禅の本を読むと、この道場で使われる用語と意味が違っているものがあったりします。
これは居士禅として、専門僧堂で行われる禅の修行と立場が違うことから独自のやり方を取ってきたのかと思いますが、一般の社会人や学生が禅の修行が継続できるように工夫されていると思うものも少なくありません。

そこで禅の用語集を作ってみました。
まだまだ数は少ないですけども、気付いた時に追加したいと思います。

禅の用語集はこちら
http://takuboku.ningenzen.jp/modules/xwords/

ちなみにこれは海外で作成されたマルチカテゴリー辞典「Wordbook」というXoops用のモジュールを、Toshinori Aiba様が日本語対応、改造されたモジュールを使わせていただいております。

ImpressCMSはXoops互換ソフトなので、Xoops用のモジュールが結構そのまま動いたりします。

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1110)
ホームページツールの登場!!の続きです。

予定カレンダーは坐禅会の毎週の予定を繰り返してくれるので、特に入力しなくても毎月の予定は自動で繰り返してくれます。

イベント予約には予約に関する機能は充実しているのですが、カレンダー表示がない・・・

この2つの機能を併せ持つソフトはないか???

ありそうで意外とないのですよねぇ・・・坐禅会は毎週行われているので、自動で表示されるのはとても楽なのです。流行りのCMSのWordPress界ではMTSという予約システムが有名のようですが、これは予約にカレンダー表示があるのですが、自動の繰り返し機能がない・・・orz

予定カレンダーは繰り返してくれますが、それに当たるデータをイベント予約に登録する作業を毎月、毎月繰り返していましたがいい加減面倒で大変なので、ホームページツールというのをExcelで開発しました。

1.単発のイベント登録
単発のイベントを登録すると、予定カレンダーとイベント予約の両方に同じデータを登録します。日付は10個まで入力できるので、主に参禅会や禅フロンティアの入力に使っています。

2.予定に対する予約を自動生成
繰り返し登録で予定カレンダーに表示されたデータで、イベント予約にデータがないものがあれば、該当するイベント予約のデータを生成します。2ヶ月分自動で生成するので、2ヶ月に一度ボタンを押すだけです。

このツールを作ってからホームページの運用が劇的に楽になりました。
ExcelですからExcelが入っているパソコンならどこででも使えます(会社でもw)。

ブログ、ニュース、予定・予約、メルマガ、予約対応、問い合わせ対応とボタンはどんどん増えて、VBA(マクロ)の行数はどんどん増えていくという感じなのです。

最近はスマホでもできればいいなぁと思っていますが、まだスマホアプリは作ったことがありません。

まだまだ続く(笑

心印  拝


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (784)
ホームページツールの登場!!

・・と書くと勝手に登場したように読み取れますが、私が開発しましたw

ホームページへの記事の作成は、ImpressCMSのシステムへ管理者のユーザIDとパスワードでログインして行うのが基本です。管理者であれば、各記事の右下には編集ボタンが表示され、その場で記事を編集できますし、メニューには新規作成ボタンがあって、新規の記事が作成できます。

ブログとニュースだけならあまり困ることはなかったのですが・・・予定カレンダーとイベント案内にはまいったことに、別々の方が開発されたモジュールなので、操作方法も違えばデータも2回それぞれに入力する・・・という手間がかかっていました。

ホテルの宿泊予約や美容院などの予約システムならありますが、有償で高額だったりするし、無料のものは坐禅の予約にはちょっと違うかな?というものが多かったのです。イベント予約には、イベントの予約に必要な受け付けフォームがあり、項目等を自由にカスタマイズできますし、申し込んだらメールが飛んできてお知らせしてくれるし、予約に関していろんなことができて、とても便利なのですが・・・カレンダー表示がない・・・orz

予定カレンダーはXoops界では有名な(ImpressCMSはXoopsと互換があるのです)、piCalを使わせて頂いていますが、こちらも便利なのが、予定の繰り返しが登録できるのです。毎週火、木、金、土、日は繰り返し登録しているので特に何もしなくても自動的に予定が繰り返して表示されますし、この日は中止と言う場合は1件削除できます。

この二つの機能を併せ持つモジュールはないか???? 

まだまだ続く(笑

心印  拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (876)
ついにホームページ経由で来られて、入会までいく方が出ました。

しかし毎週、初めての方はたくさん来られるのに、二度目は来られない方が大半という状況は相変わらず続いていました。なので金曜日の夜は多くても少なくても、15名くらい(それでも私が入門した頃は5名くらいだったので多くなりましたが)という状況が続いておりました。

そのうちに私の仕事が変わり、それまでのように定時で帰れなくなり、だんだん帰るのが遅くなってきました。こうなると予約や問い合わせは頻繁に入るのですが対応できないことが出てきます。

一度か二度、予約に返事ができなくて、そのままにしてしまっていたら、やはりその方は来られないことがありました。自分が予約しても返事がなければ受付してもらえてないと思いますから、来ないのは当たり前ですよね。

その時の方、対応できなくてどうもすみません。

また春光さんの場合は、予約を入れて本当に人から返事が来たと驚いたと言うことですし、来週、入会されることになっている山○さんの場合は、朝に予約を入れて昼頃には返事がきて、その後、直前に問い合わせを入れたら、それにも返事が来たので、それもきっかけになったと言われていました。

ホームページや予約の対応で手が回りません~と言い続けていて、ようやく他の人も入って数名で対応できる体制ができました。今では龍泉支部長、春光さん、秋香さん、海香さん、心印の5名で予約と問い合わせの対応をしております。

他の支部、禅会のホームページも作っているのですが、この予約への対応ができる体制ができないところは、予定カレンダーの中に「予約はこちらへ」のリンクを作らない設定にしてあります。

予約入れても返事がなければ、やっぱり来られないので・・・この対応ができるようになることが一つのターニングポイントになるような気がしています。

ブログも私以外の方も書くようになっているので、いろんな素敵な人が道場にいるということも読んでいる方にわかるかと思います。

まだまだ続く(その5くらいで終わる予定だったのだが(笑

心印  拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (840)
擇木道場と青年部のホームページが並んで、Googleの「東京 座禅」で検索すると1ページ目の下の方に出てきた、2012年10月~11月。

それまで金曜夜に1名新到者が来られますが、二度目はだいたい来ないという状況が続いていました。それがお友達と来ましたとか、サークルで来ましたと言う複数で来られる方がまず増えました。

しか~し、お友達と来ました、仕事仲間で来ましたというパターンはその後二度と見えられない方がほとんどです。最初に来られた方が、お友達を連れてこられても、やはり最初の方だけが残るという感じです。

私なりに分析すると、友達や仲間で来られるのは坐禅が流行っているようだし、一度やってみない?という軽いノリで来られるからです。解決したい問題や悩み、苦しみがある、精神を鍛えたい、人間力をつけたいという方は一人で来られます。

もちろん中には例外があって、女子大生が連れてこられた男友達は彼(彼氏というわけではないらしいw)の方がはまってしまって、参禅を繰り返すようになりましたし、彼は双子の弟も連れてきてしまいました。この前、老師に弟の方も参禅すれば、早慶戦になるぞとプレッシャーだか、なんだかわからないようなことを言われていましたw

でも、きっかけはお友達と来られて、その後来なくなっていても、何か人生の問題や悩みにぶつかった時、擇木道場で坐禅したことを思い出してもらえればいいと思っています。

そうこうしているうちに、ぽつぽつと定着する方が出てきました。
10月、11月に来られた方は数名がその後も定着していますので、きっとその頃に始まった相○さんの作った鍋がおいしかったのだろうと(爆)思いますが、その中から参禅する方が数名出てきて、そして1月についに見性(最初の公案をとおること)されて、2月に入会されました。

その方は春光(しゅんこう)という道号を頂きましたが、老師のお名前は葆光庵丸川春潭(ほうこうあん まるかわ しゅんたん)老師、自分の名前から2文字も取っていらっしゃいます。娘か孫かわかりませんが可愛いのですね(笑)

春光さんの入会式、道号授与式の様子はこちら
http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/details.php?bid=112

まだまだ続く(笑)                  心印  拝

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (796)
それから京葉支部、KUJ(耕雲塾)、高松坐禅倶楽部、中国支部、名古屋禅会と立て続けにImpressCMSをインストールして、サイトを作りまくってきました。

青年部や擇木道場のホームページにも、5月の初問い合わせ以来、時々予約や問い合わせが入るようになり、金曜夜の青年部静坐会は、毎週、新到者(初めての方のこと)が一人来られるようになりました。

私が入門するまでは、初めての人ってほとんど見なかった(笑)
たまぁに思い出したように1名ぽつりと来られては、次週にはもう来ない。毎週、常連のメンバーだけで続いていたのです。

その状況が一変したのは、2012年10月・・・SEO(検索エンジン最適化)のことをいろいろ勉強しては効果を試すことを繰り返していて、ある日、Googleの検索エンジンで「座禅 東京」で検索して、青年部と擇木道場が並んで1ページ目に出てからでした。

まずは効果が出たのは金曜夜の青年部静坐会です。毎週の新到者1名をずっと続けていたのが、毎週、4名~5名、多い時は10名近くの方が来られるようになったのです!!

こうなると今度はスタッフ側が足りない!!

坐禅の仕方を教えている間にも、電話がかかってきて「今日は坐禅会やっていますか?」とか「急なのですが、今から入れますか?」とか、はては「お墓の中で道に迷いました」など、谷中墓地の中まで携帯をつなぎながら捜しに出たこともありました(笑)

そして、ついにホームページ経由で来られた方の中から本格的に入門される方がっ!!

続く(笑)

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (803)
青年部のホームページを運用に乗せられたので、次は擇木道場のホームページにかかりました。

とりあえず龍泉さんからの引き継ぎを受けて、NiftyのサーバーのFTPのユーザIDとパスワードを教えてもらい、全てのファイルをダウンロードしました。そしてそれを使い慣れたホームページビルダーに読み込ませて、それで古くなったところをちょこちょこ修正して、またアップロードするというのを繰り返していました。

その作業があまりにも面倒、かつ青年部のホームページでImpressCMSが強力かつ、本格的な運用に耐える信頼性、支部のホームページにふさわしい機能がそろっていることがわかったので、ImpressCMS化をすることにしました。

だいた2012年4月頃にImpressCMSをインストールして、既存のHtmlファイルを1記事づつコピー、貼り付けの作業を繰り返しましたが・・・ファイルの数の多さ(記事の多さ)に驚きました!!

50ファイルくらいあったような感じで、よくもまぁこんなに記事を書いたものだと驚いたものです。それらのファイルを全部ImpressCMS化して、現在はブログやらニュースも入っているので、軽く300記事くらいになっていると思います。

300記事というのは一つの目安では、人気が出るブログの境目らしいです。300記事以下なら、検索にもかからない(Googleなどの検索エンジンが重要視しない)のですが、これくらいの数があると、そのブログが何について書いてあるのか十分に機械的にプログラムで分析できるようになるようです。

擇木道場ではもちろん禅について書かれているわけですから、Googleさんにはこのサイトは禅について書かれているのだな?と記事の内容とボリューム、出現するキーワードなどから、それなりのサイトだと評価を受けて、検索の上位表示がされると。

もちろんこうしてブログの更新も時折やってないと、すぐに検索順位は下がってしまうのです。それまで全国坐禅情報や、タウンノートや、地域のコミュニティ、ツイッター、Yahooカテゴリや、いろんなサイトに登録してみました。

そして4月にオープンしてから、10月頃にようやくGoogleの検索で1ページ目に出るようになりました。そうすると驚くべき事態がっ!!



心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (768)

ホームページ物語 その9

カテゴリ : 
ホームページ運用
執筆 : 
擇木道場 2013/8/20 11:31
人間禅のホームページのリニューアルプロジェクトで、業者の方と打ち合わせをする度に私も同席していました。

オープンまで時間がないということで、業者の方は制作に専念し、レンタルサーバーの用意はこちらがやるという形で作業を分担しました。

さくらインターネットは私も以前から使っていたので、サポートの良さや信頼性はわかっていました。たまぁに障害も起こしますが、シングルのサーバーであれば障害 0件はあり得ないので、当たり前なのです。

障害の許されないシステムでは、ダブルのサーバーにして障害が発生したら自動で切り替えることで、見た目の障害 0件を達成しているのです。当然、費用も相当高くなります(ダブルだから2倍とはならず、自動切り替えの機能が高額になる)。

障害の際にどれだけ情報が提供されるか?迅速に復旧するかが勝負なのですが、さくらインターネットは数時間で復旧することを知っていましたので、さくらインターネットと契約して、ningenzen.jp というドメインを取得しました。

それで自宅サーバーで動かしていた青年部のホームページも、ImpressCMSをさくらインターネットへインストールすることで引っ越しできたのでした。

http://seinenbu.ningenzen.jp というURL(アドレス)で運営しはじめた頃、5月に初めての予約が問い合わせという形ではいりました!!

2012/5/8 参加申し込み
初めまして。

○○と申します。今週金曜(5/11)夜の静坐会に参加させて頂きたいと思います。初めてなので、特別に必要なものや集合時刻などの定めはありますでしょうか。よろしくお願いします。

この頃はまだホームページツール(Excelで作ったもの)はなかったので、全部手作業でメールを書いて返信していました。

続く(笑)

心印 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (699)
最新のブログ記事