メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧
  • カテゴリ 座禅ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

擇木ブログ - 座禅ブログカテゴリのエントリ

擇木道場では月に一度、初関会という会を開催しています。

座禅を始めて間もない方を対象にしている初関会ですが、もっとえいば、参禅という「老師との一対一での修行」で初めていただく公案つまり「初関」に挑んでいる方を中心にしている会なのです。

初関を透過するまで「私には初関を透ることなど出来ないのではないか?」とか「頭でかんがえるんじゃない、ってどういうこっちゃ?」とか、ともすれば挫折してしまうのではないかと思ってしまうかもしれません。

恥ずかしながら私などは初関を透ってからでもすぐ弱気になってしまっています。

 

そのようなときに、月に一度だけでも初関会で集まって、慧日庵老禅子のお話を聞くと「よっしゃ!」とモチベーションが上がってくるものです。

慧日庵老禅子は仏教講座などで講義してくださっていますし、それ以外にも講演や各講座等を多くしていらっしゃるので、お話が聞きやすいということもありますね。

 

また、初関会の仲間から出る質問によって気付かされることも多いものです。

自分では思いもしない質問に対する慧日庵老禅子の答えは豊富な知識に裏打ちされたもので、それを聞くだけでも勉強になります。

皆の前ではなかなか質問できなくても、他の仲間の質問やそれに対する答えを聞くということもとても大事なのではないかと思います。

 

次回は仏教講座の日に開催いたします!

お楽しみに~。

 

4月の初関会

日にち 414日(土)

時間  13001345ごろ

場所  擇木道場(居士寮)

 

お待ちしております!

  合掌 翡翠

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (224)

3月31日  女性部座禅会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2018/3/31 22:55

 3月も今日で最後。

1週間前には まだ枝先に蕾のあった桜 今朝はもう若葉に彩られ

今年は 花も寒暖に惑わされたようです。

 

火曜座禅会を終えてから見た谷中霊園の桜 街灯の明かりの中で

ぽったりと妖艶な姿。花の後ろに能面の美人が佇んでいたかも…。

木曜耳順会の朝、微風なのに霊園の道は花びらが敷き詰められて

幸せな贅沢でした。

今年もしっかり谷中の桜を目に収めました。

 

 久しぶりに龍水さんが座禅会に参加され 以前に坐っていた方

今日初めての方 会員で 静かな良いひと時でした。

座禅後のお茶の時間 龍水さんから釈迦牟尼会のお話をたくさん

伺えました。

今日初参加の女性は 京都で座禅を経験したので 東京でもどこか

ないか調べて 女性部座禅会に来られたそうです。

 

輪読は『坐禅のすすめ』から読みました。

 坐禅の行の1つの目的は 心の安定を得ることである。

 坐禅で得た 何ものにも束縛を受けず自由に しかも一貫して

正しさを失わないで持続してゆく正念の力によって 本当に人間

らしい心の働きが発揮され 正しく・楽しく・仲のよい生活が

営まれていくことになる。

 

 

毎週土曜日 朝9時半から坐っております。

ご参加をお待ちしております。  (秋香)

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (180)

人生に目標を持とう!

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2018/3/25 21:57
法照です。
 
「人生に目標を持とう!」と言われてどう思われますか?
 
「え-、めんどくさい…」
「日々の生活が大変で目標どころじゃないよ!」
 
等々…
 面倒とか他に大変なことがあるのにそれどころじゃないよとか、否定的に考える方も多いのではないでしょうか?
 恥ずかしながら数年前は私もその一人でした。
 
 今回は「人生に目標があった方が、実は楽なんです!」というお話しです。
 
 コーネル大学の心理学者トニー・バロウ氏という方が、ある学生が先日授業を休んだ理由について「エネルギーが出なくて丘を登れなかった」と言い訳をしたのがきっかけで思いついた実験があります。
 その学生が通う校舎は丘の上にあって、学生達は頑張って坂を登らないと校舎に行って授業を受けることができません。
 その学生はそれを理由にして授業をサボったわけですが、ここでその話を笑い話として聞き流したり、「ふざけた言い訳をするな!」と言って怒ったりするのではなく、この先生は実験を思いつきます。
 
 まず、校舎の坂の登り始めと登り終わったところにそれぞれ質問をする人をおきます。
 登り始めの質問者の質問は2種類あり、ある人には「今日の目標は何?」と質問します。
 回答者はその質問に「今日は絶対ジムに行く!」とか「今日はおいしい晩ご飯を食べる!」等と回答します。
 そして、また別の人には「あなたの人生の目標は?」と質問します。
 回答者は「絶対教授になる!」とか「大金持ちになるんだ」といった回答をします。
 ただ、どちらの質問も、回答自体にはあまり意味がありません。
 重要なのは、坂を登り終わった時の質問にあります。
 坂の上の質問者は、登り始めに「今日の目標は何?」と聞いた人にも「あなたの人生の目標は?」と聞いた人にも同じ質問をします。
 その質問は、「この坂はどれくらい辛かったか?」という質問です。
 結果として、「今日の目標は何?」と聞いた人たちよりも、「あなたの人生の目標は?」と聞いた人たちの方が坂道に対しての苦痛は少なく感じていた、という結果でした。
 
 この実験結果は長期的な大きな目標を持つことは、目の前の苦痛を軽減するという事を現しています。
 そして、この目標は達成できるか否かは関係ないのです。
 目標がある、という時点で苦痛を軽減してくれるのです。
 
 最初の方で書きましたが、私は「人生に目標を持とう!」などと言われても否定的に考える人間でした。
 それが、大きな病気などもして、いろいろと考えた結果、「このままではイカン!!」と思って人間禅で修行することになりました。
 恥ずかしながら、なにがしかの人間になりたいな、という目標を持ったわけです。
 おかげで今は毎日がハッピー!…という程ではないです、、、
 まあ、そんなに簡単にはハッピーになれるほど甘くはないのですが、確かに修行を始める前よりは良くなったように思います。
 苦痛がなくなったと言うことはないのですが、感じている時間が短くなっているな、と感じることはあります。
 なぜ今の時代に修業など?と思われる方も多いかもしれませんが、最終的にはその方が楽になれると思います。
 
 大きな目標を持てば苦痛を軽減してくれる、ということがわかったこの実験、実はもう一つ大事なことがあると私は感じました。
 この実験のキモは、坂を登る手前で質問をした、というところにあります。
 ここで、質問された人は改めて自分の目標を思い起こします。
 もし、この質問がなかったとしたら? きっと質問されたときより苦痛が大きくなっていたと思います。
 つまり、目標を持っていても、ただ持っているだけではダメで、日々、きちんと意識して行動していないとダメだと思うのです。
 
 座禅では一日一炷香が重要とされています。
 一炷香とは線香1本が燃え尽きる時間で、だいたい45分なのですが、この毎日45分程度は座るという繰り返しによって修行を進めていきます。
 座禅では道力とか禅定力と言いますが、これを一日一炷香で養っていきます。
 ただ、これは力を養っている、というだけでなく、自分の目標を再確認している時間でもあると思います。
 特に朝に行えば、坂道の登る前に質問されたのと同じで、大きな目標を意識して1日を始められるので、1日のうちにおこる苦痛も軽減されるのではないでしょうか。
 
 
 擇木道場では年に3回、摂心会と言って禅の修行を集中的に行う期間があります。
 前回は2月に行われましたが、その際に慧日庵老禅子が講演会を行いました。
 タイトルは『「在家禅の修行とは」~人間形成の道~』というものです。
 この動画を公開しました。
 下記のURLからご覧ください。
 
 
 
 人間禅で行われている修行について、ご参考になれば幸いです。
 もし難しくてわからなかったという方は、講師の慧日庵老禅子が行っている仏教講座という講座が4月14日(土)にございます。
 是非こちらにお越しいただいて慧日庵老禅子に直接質問してみてください。
 
 仏教講座のご案内は下記のURLにありますのでごらんください。
 
 
 
 法照 拝
 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (251)
法照です。

東京支部の2月の摂心会で行われた講演会「在家禅の修行とは」~人間形成の道~ の動画を公開いたしました。
禅の修行がどのようなものか、一端でもご理解いただけると嬉しく思います。
(下記に再生画面が表示されていない方はお手数ですが https://youtu.be/OeWurToS7gQ へアクセスしてください。)


法照 拝



  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (387)

擇木道場では月に一度、初関会を開催しています。

初関会とは座禅を始めて間もない方を対象に開いている会で、参禅という修行の一番最初の公案である「初関」に挑んでいる方を中心にしてお互いを励まし合い、初関を透過しようとしている会でもあります。

 

月に一度集まって、どんなことをしているのかというと・・・

 

仏教講座でおなじみの慧日庵老禅子が、数息観での呼吸のやり方から人間関係の悩みまで、それこそありとあらゆる質問に答えてくださっているのです。

講演での質問では時間がなかったりとなかなか突っ込んだことを聞くことはできませんが、初関会では質問から話が展開していってかなり深いところまで聞くことができます。

たくさんの講演や各講座などで多くの方々と接してこられた慧日庵老禅子ですので、前回の初関会では質問された方の親子関係の問題まで言い当ててしまいましたよ!

「まるで占い師ですね!」とその方が驚いてしまうような、そんな一幕もありました。

 

また、知識が豊富な慧日庵老禅子の話で目からウロコが落ちまくっている方もいました。

さらに、座禅についてだけでなく仏教全般の話を聞けることで、以前はスルーしてしまっていたらしい言葉が自分の中にストンと落ちてくる感覚を味わうこともあります。

これは初関会という場で何度も慧日庵老禅子の話を聞くことができるからなのではないかと私は思っています。

 

お茶とお菓子を食べながらの楽しい雰囲気の中で、様々な質問が飛び出している初関会。

次回は禅フロンティアの日に開催しますので、初関会から禅フロンティアへ、そして懇親会へと座禅尽くしの土曜日を味わいましょう!

ぜひお気軽に来てみてくださいね。

 

3月の初関会

日にち 317日(土)

時間  13001345ごろ

場所  擇木道場(居士寮)

 

お待ちしております!

  合掌 翡翠

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (206)

座禅をして平常心を保つ!

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2018/3/4 18:25
33日は桃の節句、ひな祭りでしたね。
ひな人形を出す日しまう日におすすめの日があるなんて初めて知りました。
ちなみに、しまう日は3月半ばまでの晴れた日だそう。
一年に一度しか出さないのだからそうなりますよね。
 
33日(土)、東京日暮里にある擇木道場の女性部座禅会では、常連の方2名と会員5人とともに25分の静座、5分の休憩後にもう30分の静座をしました。
この日お越しの常連のお一人は今月中に人間禅に入会されます。
擇木道場でのお茶(有楽流)のお稽古にもとても熱心に取り組んでいらっしゃる方でして、317日(土)の禅フロンティアでの朝のお茶席でお点前をされます。
 
さて、この日は座禅が終わった後に「坐禅の効用」という本を読みました。
この本は総裁老師の著書です。
先輩禅子が読んでくださるのを皆で車座になって聞きます。
 
この日、読んだところは「常に平常心を保ってことに当たれる座禅の効果」について。
この章を読むと、三昧が身に付いてくることで、精神的に安定して日々を送ることができるようになるのではないかと思えてきます。
忙しく感じて空回りしてしまう日々が、落ち着いてゆったりとした呼吸で過ごす日々にいつしか変化するのかもしれません。
そう思うと安心できますよね。
たとえ今は、なにかにつけて焦っちゃったり、すぐにイライラしちゃったりしていても、三昧が身に付いた後のビジョンがみえることで座禅は裏切らないとわかりますから。
 
輪読のあとは各自でお抹茶を点ててお菓子とともにいただきます。
この日は「三昧ってどんなだろう?」という話題がでました。
読書三昧、仕事三昧、釣り三昧などという言葉はよく耳にしますが、座禅でいう三昧っていったい??
 
座禅でいう三昧とは高速回転する独楽に例えられています。
とても速く回転している独楽は止まっているようにみえますが、ツンとつつくとゆらっと揺れます。
・・・・・というカンジです。
 
いやこれ、手抜きではありませんよ。
独楽に例えられている三昧ですが、これ以上の説明は私には難しいのです。
云わんとしていることは何となく察することができても、体得して自分のものとして伝えられるかと言ったらムリ。
三昧ってもしかしたら、一人ひとりが「あ、あれがそうだったのかな?」という経験を何度も何度も繰り返して深めていくものなのかもしれませんね。
 
「平常心を保ちたい」という方、
「落ち着いてゆったり過ごしたい」という方、
「三昧ってナニ??」と思った方。
 
土曜日の朝、9時30分からの静座会にご参加お待ちしております。
  合掌 翡翠 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (184)
寒い寒いというのは朝晩だけになりつつありますね。
谷中霊園の桜並木にもちいさなつぼみがつき始めています。
 
224日(土)、東京日暮里にある擇木道場の女性部座禅会では、初めての方が4名、常連の方3名が、会員6人とともに25分の静座、5分の休憩後にもう30分の静座をしました。
 
今日は座禅が終わった後に「坐禅の効用」という本を読みました。
この本は総裁老師の著書です。
先輩禅子が読んでくださるのを皆で車座になって聞きます。
 
今日、読んだところは「直ぐ取り掛かれる効果~」について。
その中に「段取り真剣尻ぬぐい」という言葉がありました。
このあたりは擇木道場のサイトに掲載している「『人間形成の禅』その効用効果について」のページには載っていません。
「段取りと真剣の間、真剣と尻ぬぐいの間も大事」と本には書いてありました。
数息観でも吐く息と吸う息の境目で雑念が沸き起こりやすいという話を聞きますし、数息観だけでなく行動と行動の間を意識することって大事なのだなと改めて思いました。
 
数息観で行動と行動の間を意識するというと、吐く息を認識すること、吐ききって吸い始めるときを認識すること、吸う息を認識すること、吸いきって吐き始めるときを認識すること、になります。
一呼吸に対してこれだけ意識するということは、つまりもう呼吸そのものをじっくりとじーっくりとみているということになります。
私は座禅を始めて1年半ほどになりますが、では数息観で呼吸をそこまでじっくりと認識していただろうか、と考え込んでしまいました。
ただ静かに座って雑念が浮かんでは消し、浮かんでは消し、しているだけになっていないだろうか、と。
 
もう何年も擇木道場にいらっしゃっている常連さんも「数息観を誤解していたかもしれない」と本を読んだ感想をおっしゃっていました。
総裁老師の「坐禅の効用」は一章読んだだけでも目からウロコというか、深く考えさせられる本なのでしょう。
「呼吸になりきれ!」といわれますが、まずは自分の呼吸をじっくり意識してみつめてみたいと思います。
 
「直ぐ取り掛かれるようになりたい!」という方、
「段取り真剣尻ぬぐいをもっと詳しく知りたい」という方、
「数息観てなに?」と思った方。
 
土曜日の朝、9時30分からの静座会にご参加お待ちしております。
  合掌 翡翠 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (171)
今年の216日は旧暦での元旦でした。
二十四節気では立春もすぎ、219日には雨水となります。
桜のつぼみもこころなしか膨らんでみえますし、暦のうえではもう春なのですが、まだまだ寒さは厳しいですね。
 
217日(土)、東京日暮里にある擇木道場の女性部座禅会では、初めての方が2名、常連の方2名が、会員6人とともに25分の静座、5分の休憩後にもう30分の静座をしました。
 
初めて参加された方は「頭をリフレッシュしたくて参加しようと思った」そうです。
また、もうお一人は小学校以来のご友人に誘われてのご参加!
誘ったご友人は少し前に初めて参加された方で、「やってみて、座禅っていいなと思ったので友人を誘った」のだということです。
これは嬉しい!
 
この日は擇木道場に人間禅の総裁老師がいらっしゃっていたので、各自で点てたお抹茶をいただきつつ総裁老師のお話しを聞きました。
たくさん話をしていただきましたが、その中でも印象に残っているのが、
「外へ出ようとするハエは透明なガラスに何度も何度もぶつかっていく。すぐ隣りは窓が空いているのに。」
という話です。
つまり、
「現代は、苦しくても苦労にぶつかっていくような真面目な人ほど疲れる時代である」
ということです。
そのような苦しいときにはどうしたらよいかというと、座禅をして人間形成をしていくことだと老師はおっしゃっています。
 
そして、、、ええと。
なんということでしょう。
「座禅をしたらどうなるの?」という、その後の老師のお言葉がどんなだったか忘れてしまいました。
でも、ご安心ください!
総裁老師の処女作である著書「坐禅の効用」に書いてあります。
座禅をしたらどうなるのか、人間形成ができてくるとどうなるのか、気になる方は「坐禅の効用」をぜひお読みくださいね。
 
「頭をリフレッシュしたい!」という方、
「座禅ってどうなの?いいの?」と思った方、
「座禅をしたらどうなるのか気になる!!」という方。
 
土曜日の朝、9時30分からの静座会にご参加お待ちしております。
  合掌 翡翠 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (218)
香水です。
東京支部摂心、50周年記念式が無事終了し、普段の荻窪道場での座禅会再開です。
久しぶりに荻窪道場に戻ってきたんだなとなんだかほっとします。ホームグランドとしてなじんできたということでしょうか?
摂心疲れでみなさんお休みかなと思っていたら、新規の方1名を含む合計10名と大勢参加いただきました。
25分、30分の坐禅の後、総裁老師の書かれた「坐禅の効用」(サンガ出版、定価1500円)を読み進めていくことにし、まず最初に、「はしがき」を読むことにしました。
「はしがき」には、なぜこの本を書くことにしたのかということが書かれていますが、この内容が実に深いのです。達磨大師が武帝の問いに「無功徳」と答えた話から始まり、それなのに坐禅の「効用」を説くのはなぜか?
さて、来週から、いよいよ中身に入っていきます。
今後、荻窪座禅会では、坐禅後には、「坐禅の効用」勉強会を開催します。
座禅会に参加される方は、この本をご持参ください。本をお持ちでない方は書店やアマゾン等で購入ください。
お待ちしています。
合掌 香水 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (204)

人工知能

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2018/1/29 23:43
私「OK Google 明日の東京の天気は?」
 
Google Assistant(以下Assistant)「明日の東京は最高気温XX度 最低気温XX度で○○○でしょう」
 
私「OK Google 東京から沖縄の飛行機代はいくら?」
 
Assistant「東京都発 沖縄本島行きの片道のフライトはXX月XX日にいく場合、XXXX円からあります…」
 
私「3824足す5823足す2953を3で割って」
 
Assistant「答えは4200です」
 
(おお、割り勘で使えそう。)
 
私「OK Google 幸せとはなに?」
 
Assistant「Wikipediaでは幸福とは心が満ち足りていること、とされています」
 
私「…」(まだ自分の意見は無いのね…)
 
 
法照です。
 
年末にGoogle Home miniというスマートスピーカーを買いました。
こいつはインターネットにつなぐと、こちらの問いかけをGoogleのサーバーに送り、人工知能で解析して回答を返してくれます。
その他にも家電のコントロールをしたり、指定した局のラジオを流してくれるような機能もあります。(注)
ときどき言ったことを聞き取れなくてトンチンカンな答えが返ってくることもありますが、昔と違って自分の声を事前に登録しておく必要もありません。
昔は研究段階だった人工知能が、まだまだ初歩的とはいえ、いよいよ実用として役に立つ日がやってきたという気がします。
 
さて、禅の世界と人工知能では水と油、氷炭相容れずのように思っていましたが、意外な共通点があったので今日はそのお話しを。
 
人工知能と言えば、チェスや将棋、囲碁でプロを打ち負かして大きなニュースになりました。
IBMのディープ・ブルーが初めて世界チャンピオンに勝利したのが1997年。
将棋では最初にプロ棋士に勝利したのは2013年。
そして囲碁ではAlphaGoがヨーロッパ王者の樊麾に初勝利したのが2015年。
指し手の数がチェスが10の120乗、将棋が10の220乗に対し、囲碁は10の360乗あると言われていますが、チェスに勝ってから20年弱で指し手が10の360乗ある囲碁まで人間に勝つという驚異的な進歩がありました。
 
将棋でも囲碁でも人工知能では、「人間では考えつかないような手を打つ」ということがあります。
一見すると悪手にしか見えないような手を打ちます。
「人工知能もまだまだだな… これでプロが勝つだろう」と思って見ていたらなぜかどんどんプロの形勢が悪くなって…
終わってみれば人工知能の勝利。
棋士にしてみれば、大きなミスはしていないはずなのに形勢が悪くなっていく。狐につままれたような思いだったでしょう。
 
この人間と人工知能の差はどこから来るのか?
 
人間は線で考え、人工知能は点で考えると言われます。
私などは、最初聞いたときはただの点より点をつないだ線の方が優秀なのでは?という気がしてしまうのですが、実際にはそうではないのです。
 
線で考えるというのはどういうことか?
例えば、将棋を例に考えてみます。
 
将棋には戦法というのがあります。
振り飛車、四間飛車、金矢倉、銀矢倉、穴熊 等々
 
その中で穴熊を例に取ってみます。
穴熊は王を自陣の左隅や右隅に持っていって周りを強い駒で囲みます。
まるで穴の中に立てこもっている熊のように見えるので穴熊と呼ばれます。
これが完成してしまうと、鉄壁の守りなのでなかなか崩すことが難しい。
ただし、王様を隅に持っていって周りを駒で囲うため手数がかかるのが難点です。
 
さて、私が誰かと対局するときに、「よし、この相手には穴熊で行こう」と決めたとします。
王を隅に寄せて強い駒で囲っていきます。
それを見た対戦相手は当然「まずい、完成してしまったら攻めるのが大変!」と考えます。
そうはさせじと、完成する前にちょっかいを出してくる対戦相手。
ちょっかいを出してきた相手に私は考え込みます。
 
「さて、どうしたものか…。穴熊は諦めてここで相手と戦うか、それとも穴熊の完成を優先させるのか…」
 
将棋というのは、前に進むことは簡単なのですが、後ろに戻るのが苦手な駒が多い。
銀は真後ろには下がれないし斜め後ろには下がれない。
歩にいたっては前にしか進めないので後ろに戻す手段がない。一度前に出たらその場に留まるか突き進むしかありません。
ちょっかいを出してきた相手の駒に対して駒を進めてしまうと、後ろにはなかなか戻れないので穴熊が崩れてしまいます。
 
「穴熊を諦めるか、そのまま続けるか」
 
これが線の思考になっているのです。
 
私はまず「穴熊で行こう」と決めた「過去」があります。
続いて手が進んで穴熊を作りつつある「現在」があります。
そして穴熊を完成させるという「未来」に向かっています。
 
過去 → 現在 → 未来
 
という一本の線の上で思考してしまう。これが線の思考です。
人間はどうしてもこの一本の線の思考に影響されてしまいます。
「常識」や「慣習」に囚われやすく、奇想天外な発想になかなか到ることが出来ない。

将棋や囲碁は対局を「棋譜」というものに残します。
将棋の最古の棋譜は「江戸初期(1607)に指された大橋宗桂 対 本因坊算砂」のものと言われています。
本因坊というと囲碁では?と思われるかもしれませんが、この時代の囲碁の棋士は将棋も指していたようです)
人工知能は過去の膨大な棋譜を解析し、その局面を独自に解析してデータとして蓄えています。
(囲碁などでは人間の棋譜は使わずコンピューター同士の膨大な対戦からデータを蓄えるということも行われていますが)
人工知能が対局するとき考えるのは、膨大な過去のデータから似たような局面を探し出し、次にどの手を打つと後の局面が有利になるか?ということしか考えません。たとえ人工知能が穴熊を作りつつあったとしても、そんなことに囚われたりしません。
次にどの手を打てば有利であるかだけを考えて行動します。穴熊が崩れようが、そんなことは関係なし。
人間なら「悪手」として指さないような手もお構いなしです。
自分の今置かれている局面と照らし合わせて蓄えられているデータを解析して一番良い手を導き出して進めていくだけです。
今のこの局面だけを見て判断できる、これが点の思考なのです。
 
しかし、禅を少しでもかじっている人ならもうおわかりだと思いますが、「点の思考」は禅ですよね?
禅は過去、未来にとらわれず「今ここ」を大事にします。
人工知能が点で考える、といっても、そんなことは禅の世界ではとっくに考えていることです。
プロ棋士に勝ったponanzaを開発した山本一成氏も、どこかのインタビューで「ponanzaは天才的な手を打つというけど、羽生善治だって天才的な手を打つ」と答えています。
だから「点で思考する」というのはなにも人工知能の専売特許ではないんです。
人間は「線の思考」から抜け出すことが苦手な生き物と言えます。
苦手ではありますが、出来ないことではない。
だから時々「点で思考する」人が現れて新しい戦法が生まれたりしていきます。
この「線の思考」から抜け出して「点の思考」を得る。これが禅が目指す一つの目標だと思います。
 
バックギャモンでは2000年代前半にはコンピュータに人間が負けているのですが、今のバックギャモンの世界チャンピオンはこの頃のコンピュータには勝てると言われています。
一度人工知能に負けたらそれで終わりではなく、人間だってまだまだ進化していく余地が残されているのです。
 
人工知能はルールが明確な中での判断は確かに強いです。
指し手が将棋が10の220乗、囲碁は10の360乗あるとは言っても結局有限の中での思考でしかありません。
でも、実際の世の中はルールが不明確だったり、時々で変わっていったり、移ろいゆく中で最適な判断をする事を求められることが多々あります。
計算で対応できる世界は人工知能にお任せして、人間はもっと大きな分野へ移っていかなければならないでしょう。
そこで「線の思考」から「点の思考」へと進歩すればまだまだ人間も素晴らしいことが生み出せると思います。
 
人工知能と人間の境界線が移り変わっていく中でこれからいろいろな問題が起きると思いますが、私は必ずしもその先が暗い未来になるとは思っていません。
結局、人間が今までの常識を脱ぎ捨ててどのように進歩していくかが問われているのだと思います。
 
法照 拝

(注)Google Homeで家電のコントロールするには対応する機器が別途必要です。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (345)
最新のブログ記事