メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2016 1月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧
  • カテゴリ 座禅ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

擇木ブログ - 座禅ブログカテゴリのエントリ

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (505)





相島玉舟の今を生きる ブログ
http://yaplog.jp/chatozen/
4月~6月の総集編になります。
次回は7月11日禅東院にて1時より開催予定です
玉舟 拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (496)
禅とはなにか? ~自分発見への道のり~ 講演会のビデオ

 
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (428)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (339)

女性部静坐会 第一回 終了

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2013/7/8 9:01
 こんにちは、 秋香です。
7月から正式にスタートした女性部静坐会の一回目 無事終了。
   (毎週 土曜 AM 09:30~11:00)
この日は 何と 私が助警。
助警というのは 坐禅している人の姿勢を直したり、 叩いて欲しい人の背中を
棒(警策)で トントントン トントーン と打つ役のこと。
 でも、 まだ この お役目、 3回目。 
1回目は背中をトーンと叩いて 思わず “ごめんなさい!” と云ってしまった私。
昨日は皆さんが 私に練習させて下さろうと、 次々と背中を のべて下さって、
温かい お気持ちが嬉しかったです。
 上手な人の警策を受けると、 心身共に スカーッと します。

静坐は、10時半まで。  後の30分は 和やかな お抹茶タイムです。

どうぞ 皆さん、 一度 お出掛け下さいませんか。
朝の静坐は 心地良い一日のスタートになりますよ。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (325)

7月5日 金曜静坐会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2013/7/6 0:46
魁星です。

金曜日は参加者は21名(うち初めての方1名)でした。
道場の会員を含めてですが、リピーターが20人も(!!)いるなんてすごく充実した静坐会だなあと参加して改めて感じました。
それも、スタッフの並々ならぬ努力があってのこと。頭が上がりません。そういう自分も青年部のメンバーで毎回参加していたのですが、先週の静坐会をサボってしまってしまいました。ごめんなさい。
21人で坐る静坐会は、剣雲さんの助警の熱の入った警策も手伝いピーーーンと張り詰めた雰囲気のいい静坐会でした。(毎度のことながら、小生は今回も剣雲さんのお世話になってしまいました(泣))
その後は、道風庵老居士、龍泉支部長を始めみんなで居士寮でスイカとビールで懇親会。AKB48メンバーを占ったことのあるという占い師のビビコさんがいたので、後半は占いが始まったりして大変「盛り上がりました。
.
来週も活気のある静坐会が開催されますので、皆さま奮って御参加ください。


魁星拝
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (389)

6月28日 金曜静坐会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2013/6/30 13:21
心印です。

金曜日は参加者は27名(うち初めての方4名)でした。

このカウントの中にはなんと!!老師、道風庵老居士、慧日庵老禅子、龍泉支部長と言ったそうそうたる顔ぶれというか重鎮というかも入っているのです!!

普段なら2列なところ3列の坐禅になりました(まるで参禅会)。
以前は、坐禅と言うと、なかなか2回目来られる方が少なかったところ、最近はリピーターさんも増えてきたのでそのまま人数増となっている感じです。

素晴らしいことで、どうもありがとうございます!!

私はいつものように前で直日(じきじつ 静坐会を運営する責任者、時間を計って鐘を鳴らす役目)をしていましたが、すぐ横に老師がいらっしゃってお座りになられました(ビビったと言う感じw)。
続いて慧日庵老禅子がいらっしゃいました(さらにビビったという感じw)。

静坐の後は、居士寮に移って懇親会をやりましたが、写真にあるようにいっぱいになってしまいました。

老師が人間禅の始まりから現在にいたるまでの歴史、禅の修業の話をされました。こうして毎週、金曜日の夜はベテラン組のうち、どなたかが来て頂き、禅の話をして頂いています。

その後自己紹介をやりましたが、人数が多いので時間もかかりました。

宿泊組はそのまま泊まって、土曜の朝は10名で坐りました。

心印 拝

懇親会の様子(狭すぎて全員写っていません(汗


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (513)
心印です。

続きは明日とか言いながら、今日になってしまいました。
やはりブログは毎日書くのは大変なことで、仏光さんはすごい!!

さてオキタリュウイチさんの「生きテク」ですが、空海やキリストやブッダはその時代、その時代で何かが変わる仕組みを作ったのではないか?とおっしゃっていました。

なるほど、昔はインターネットもないのに足で歩いて口コミで広がったわけで、時間はかかりましたが、先人達はとうとう後世まで残るものを始められました。

そして、今はインターネットがこれだけ発達していて、誰もが情報を発信でき、そして共有が簡単にできる時代です。今やパソコンだけに限らず、スマホなどもネットにあたりまえのように繋がっていて、そのうち家電や車なども繋がっていて当たり前の時代が来るでしょう。

特に車の世界では、かなり前から試行錯誤されていて、渋滞情報のシェアなどやっと実用的な使い方が出てきています。私もバイクに乗りますが、スマホが完全にナビ代わりです。

こういう仕組みを今はネットを使って簡単に、ほとんどコストをかけずにできてしまう時代です。プログラムや仕組みを一から開発すると、費用が膨大になりますが、ボランティアで開発してくれる無料のソフトがたくさんあるのです(このホームページもImpressCMSという無料で開発されたソフトですし、データベースはこれまた無料のMySQLです)。

そういうものを組み合わせて応用すれば、仕組みの作りこまれたホームページができてしまいます。最近、日本でも自殺する人が3万人を何十年ぶりかで切ったそうですが、それもこういうサイトがあるおかげかもしれません。

でも20代、30代の死因のトップは自殺なので、まだまだ楽観視はできませんが・・・

生きテクにはいろんな解決策が載っていて、それこそ自殺しようとした人がなぜ思いとどまったかがまとめられています。また本にもなっているので、是非見てほしいと思います。

「生きテク」サイトはこちら
http://ikiteku.net/

私もこのホームページの検索キーワードが、「座禅、東京」で上位にくるように組み込んでいますが、これは東京で坐禅をしてみようと思う人は来るでしょうけど、死にたいと思っている人は来ないですよね・・・

今度は、病気や、自殺といったネガティブキーワードでもうちのサイトが検索されるようにしてみようと思いました。我々人間禅には、坐禅という2500年以上も続けられてきた生きテクがあるのですから!!

心印 拝



  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (407)
第32回 禅フロンティア「オキタリュウイチさん」  小倉霊亀

擇木道場の霊亀です。
今回外部講師との出会いや呼ばせていただく行為に至る中で、気づくことがありましたので共有できたらと思いました。

今回支部員としては愚性の私が行動できたのも以下のような動きがあった関係です。

それは、今まで支部長クラスの方や慧日庵老禅子様と何度か個人的にお話をしていく中で社会について問題や、会って見たい人はいないのかと話していました。

それに加えデザイナー(小生の職業)として普通は会ってももらえない人と、この会であってみたら?と慧日庵老禅子様よりお話いただきました。

その時しばらく考え「確かに私は禅を何年もやっていて、私たちの会でお話してほしい!」という切り口は、いい突破口になるな、と考えていくようになりました。

実際最近では会う人ごとに禅のことは話すようになりました。これも今までは日本社会の中で宗教への毛嫌いさから遠のけていたのですが、テレビ放映や、日本社会の変化に伴い、これからどんどん言いやすく、強みに変わっていくと思いました。

少し脱線しましたが、そんな中(たぶんアンテナが立つようになっていたのだと思います。)

偶然に偶然、これは!という講演がありました。オキタさんの講演です。終わったあとさっと話すことができました。講演の後は講師もやや興奮状態であったと思うので本人も気安くOKを頂けました。

それから連絡をとり、実際に責任者である慧日庵老禅子さまとの会合に至る中で、やや講師にとっても億劫な感じというか後ろ向きな感じも読み取りました。ふんばり処で自分のポジティブな行為、来て頂きたいという熱意が何度かのやりとりの中で伝わったのでしょう。

最初から一環して、自分の役割、使命と感じることが必要かもしれません。実際やりとりの中、禅とは合わないだろうという不安もありました。

先日やっと講演会が行われ今までの不安が逆転し、「やって良かった」と感じました。講師の方もおなじように思ったと思います。

終わってみて感じることは、これらの行動はやや時間を労します、なかなか大変ですが偶然性を感じたならば突破していくとうまく行くような気がします。まずはじめに禅者であることをはずかしがらずにきちんと説明していくことが、禅をやっている人にとってプラスになってくることがあります。

時を見て出していくことをオススメします(特に新しい方)。道場のみなさんは殻が無いので反応の面で心配する必要はありませんでした。またとても協力的で大変ありがたく感じました。終了後オキタさんとはいい関係性ができ、他のことでも会ってみようかと思っています。今後どんどん利用していったら面白いと思います。

合掌。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (400)

女性の美は坐禅から!

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2013/6/26 14:40

 こんにちは!先日の土曜日、朝の9時30分〜11時30分まで、女性部の勉強会が持たれ、勝鬘経の解説書、小野一宇庵円照老師著、「勝鬘夫人の告白」を読みました。これは、、毎第四週目の土曜日に開かれる禅フロンティアのセミナーの一環として、開催されています。お経の内容は難しいのですが、師家葆光庵丸川春潭老師も参加されて、私の拙い質問にも、分かりやすく答えてくださる暖かい雰囲気の勉強会です。今回の参加者は、14名を数えました。その後、静座、希望者は総裁老師との一対一の公案面談、参禅に参加することもできます。

 また、毎週土曜日には、女性を中心に静座会を開いています。朝の9時30分〜11時まで、30分前後の静座を二回、その後、お抹茶を点てて、一息入れ、解散となります。静座の後は、私の中の何かが、和らいだような思いを抱いて、道場をあとにします。

 こころ安らぐと、笑顔が生まれるようです。週末のひととき、静寂の中に姿勢を正して、座ってみると、こころが静まります。いつか、きっと美人になっているかも!知れません。                 (のん)

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (543)
最新のブログ記事