メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 12月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 座禅会だより

座禅会だより

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/11/30 13:29

11月24日 日曜座禅会


日曜朝座禅会

初めての参加   1名

二回目以上参加  4名

会員       6名

5分の休憩を挟んで、40分、25分の座禅、経行、読経を実修した。

終了後に居士寮で日本茶、雷おこしなどをいただき座談会を行った。                  


久しぶりに『人づくり肚づくりと禅』のP58-61 3-1見性とその工夫のしかた、3-2公案と見性を読んだ。

数息観座禅をして意識を呼吸に集中して数息観そのものになると、外の音などの外乱が気にならなくなり脳の活動による思念が収まる。よく例えられるが、湖面に映った月の形は、湖面が風によって細かい波があると月の姿は乱れるが、湖面が鏡のように静かになると月がはっきりと写される。なかなか難しいけれど、数息観に熟達すると誰でもそのような三昧状態に至ることができる。私は摂心会の座禅ではそのようになるように努めた数息観の後で公案を工夫している。工夫とは公案を脳みそに焼き付けるように深く念じて公案そのものになることで、その状態になると見解が湧いてくる。その見解を老師に提示して正邪を判定してもらう。こうして三昧力を鍛えているつもりです。摂心会は三昧力、人間力の向上のための大切な期間と位置付けている。

昨日宿泊されて、座禅会に同席された道風庵老居士、翠松支部長に公案に関して分かり易く解説していただいた。


日曜夜座禅会

初めての参加   1名

二回目以上参加  3名

会員       2名


5分の休憩を挟んで、30分、25分の座禅。終了後に居士寮で日本茶、雷おこしをいただいて座談会をした。

『人づくり肚づくりと禅』のP58-61 3-1見性とその工夫のしかた、3-2公案と見性を読んだ。

袁○禅子から座禅のやり方で、脚を上手く組めないことに対する質問があった。脚を組んだ時に左右の膝が座布団に接地するように尻当ての高さを調節するという一般的な説明のほかに、胡坐を崩した方法や座禅椅子を利用する方法を説明した。右ひざを少し痛めた私自身も、摂心会などの座禅では座布団を使って半跏趺坐で坐るが、通常、個人的に坐るときは坐禅椅子を使っていることを話した。坐る形よりも呼吸に意識を集中することが大切だと思っています。龍泉

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (69)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/2110
最新のブログ記事