メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 12月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 第7回『人間形成と禅』輪読会は今週です!

第7回『人間形成と禅』輪読会は今週です!

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/11/18 13:46

ごきげんよう!
青年部の玉道です。さて、今週23日(土)の朝8:45~ 第7回人間形成と禅の輪読会が開催されます。
今回の内容は、「Cほんとうの宗教の在り方」「Ⅰ客観的情勢からみた新しい宗教」「16教理の合理性」からになります。

Cほんとうの宗教の在り方」の本文から引用です。
 とにかく、私が、新しいほんとうの宗教を打ち立てると申したのは、こんな意味で、要は脱皮するにしても、新しく創設するにしても、文化人に納得がいく要素を持たなければ、これからは宗教の使命を達成することはできません。で、その新しい宗教たる条件を、私は、客観的情勢と主体的要素に分けて検討してみたいと思います。
I客観的情勢からみた新しい宗教

新しい宗教として、その客観的情勢に即して、どうしても備えなければならない条件として、私は、次の三つを指摘したいと思います。それは、視野の世界性と教理の合理性と制度の民主性であります。もし、この三つの条件に適わないならば、それは古い宗教として時代から置きさられてしまうと思います。


今回の輪読会は、この3つの条件「視野の世界性」「教理の合理性」「制度の民主性」の2つ目「教理の合理性」からスタートになります。教理の合理性では、宗教の独自性、一切の神秘を説かない教理、科学は常識、理外の理、神仏・霊魂・因果の解釈、理釈と事釈。制度の民主制では、宗教改革、特権階級的意識、超人的生活様式、封建的制度、法務と事務、俸給制度、葬式においての内容に触れていきます。
毎回思いますが、いま読んでもそのまま通じて伝わる、丁寧で説得力がある熱い内容になっています。みなさん一緒に勉強しましょう!お待ちしております!!

第7回『人間形成と禅』輪読会は今週です!


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (94)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/2104
最新のブログ記事