メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 第152回東京支部摂心会

第152回東京支部摂心会

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/10/26 13:50

第152回東京支部摂心会

結制日に台風が関東地方を直撃するという摂心会だった。

講演会は初めての方も8名参加し、合計28名の参加があった。老師の話も分かり易く、悪条件の中で開催されたが良い講演会だった。摂心会中は毎日夜座、放参日も作務をせず、たっぷり座禅ができた。天気が悪いので、作務は堂内整理、古いゴミ整理、天気が少し良い時に中庭の枝打ちと桜通りの清掃を行った。一週間を振り返って、私としては充実した摂心会だった。

10月11日

台風19号の風雨を避けるため、私は11日(金)の夕方から入山した。

道○庵老居士とともに雨戸、立て看板を撤去して道場に搬入。金曜座禅会の後、徳〇居士が入山した。台風15号の経験をもとに、自転車、バケツ、マグカップ、洗面器などの典座の外にあるものを全て道場に搬入し一輪車は中庭の納屋に移動、雨の中で敷地の片隅に置かれた廃棄物に網を掛けて固定した。夜遅く、雨が降り始め風も強くなってきた。

支部長から結制が10月13日の13:00、講演会は14:00に変更するとの連絡が午前中にあったので、そのことをHPにアップした。

風雨が酷いのは10月12日の夜中で、10月13日の9:00には台風は三陸沖に進むとの予報だったので、講演会はなんとかなりそうで安心した。

この日に宿泊したのは、翡〇禅子、徳〇居士、妙〇禅子、一般女性2名と私の6名だった。

10月12日

9:00からJRは間引き運転、13:00から完全運休する。運転再開は不明。荻窪清明庵に泊まられた老師は、英〇居士、聖〇居士に付き添われて10:30ごろ入山された。典座の雲〇居士も入山して昼食を準備していただいた。

17:00土曜夕方座禅会では、私一人で坐った。

18:00夕食会、老師も加わり8人で楽しく会食をした。少しアルコールも入って明日からの摂心会にむけて鋭気を養った。

10月13日

朝の新聞を見て大変な災害の発生を知った。阿武隈川、那珂川、千曲川がなど大きな川がいくつも決壊して、田畑は水没し床上浸水の住戸が多発。岳南支部の萬〇庵老居士のお宅が床上浸水との情報が入った。被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

午後、京成線は動いていたが、JRは運休したままだった。そのため、結制茶礼は一昨日から宿泊した8名と道場近くの会員数名、矢切から京成線を利用して入山した支部長、副支部長が出席した。

講演会には私が呼びかけた3名が参加してくれた。交通不便な中で、参加してくれたことを、とても嬉しく思います。終了後に各位にフォローメールを送った。今後に繋げようと思う。

17:00ごろから常磐線沿線の方は京成線、高速バスなどを利用して入山してきた。

10月14日

雨が上がったので、午前中は谷中霊園の桜通りを清掃した。台風による桜、銀杏の落ち葉が側溝にたまっていた。座布団置き場にある備品を移動、整理した。午後は中庭の椎の木、石榴、紅葉を剪定した。古くからたまっていた道場外の燃えないゴミなどの廃棄準備をした。

10月15日

多少の雨はあったが、急遽調達したビニールカッパを着て、昨日剪定した木の枝を細分切断して廃棄準備した。副司寮の整理に着手。

10月16日 法参日。

老師がお身体を休める日。師家を含めて4名の老師方で東京上野菊物館の特別展示をご覧になった。

大衆は11:00から17:45まで、休憩を入れながら、座禅、経行を継続。夕食後も二炷香坐り、合計七炷香坐った。手ごたえのある座禅だった。

21:00銭湯に行った。その後で恒例となった餃子屋で夜食を取って帰山。

10月17日,18日

中庭の剪定枝木の廃棄準備と副司寮、二階飯台置き場の棚上の過去の会計資料を廃棄準備した。古いスチール机の解体と分割する力仕事を徳〇居士が一人で引き受けてくれた。ありがとうございます。

10月19日 円了日

従来よりも2時間ほど繰り上げて、今回は15:00で円了となった。円了垂示では「他支部からの参加も多く、それぞれ真剣に坐り参じた。近来になく良い摂心会だった。この勢いを来週からの本部摂心会に繋げよう」との老師の総括があった。私もとても良い摂心会だったと思います。摂心会はよく坐って、参禅を通して三昧力を向上するもので、会員にとってはとても大切な行事ですね。

円了懇親会は豆乳鍋、餃子など、典座の工夫が生きた料理で、楽しいひとときを過ごしました。龍泉

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (99)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/2095
最新のブログ記事