メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 座禅の継続に英会話が必要な理由~誰か助けてプリーズ!~

座禅の継続に英会話が必要な理由~誰か助けてプリーズ!~

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/10/7 23:19

秋といえば食欲の秋ですが、芸術の秋、読書の秋でもあります。
夏や冬は暑かったり寒かったりで集中力がなくなりがちですが、秋は気温も程よくて勉強にも集中できそうです。

先日の女性部主催の座禅会に英語を話す方がご参加されました。
座禅会に初めて参加された方には座り方や禅堂での作法などをお教えしていますが、英語はほとんど話せない私は日本語が話せる方しか対応していませんでした。
しかし、先日は何故だか私が対応してしまい。。。
「英語、話せますか?」と聞かれても「アイ キャント スピーク イングリッシュ」というのが精いっぱい。
英語で書かれている座禅の方法を音読して何とか説明を終えましたが、やはり英会話ができないと迷惑をかけてしまうのだな、、、と改めて実感しました。




禅ではよく「冷暖自知」という言葉は使われます。
お湯が熱いとか雪が冷たいなどとは違いますが、「言葉が通じない」ということを身をもって知ってしまったわけです。
裏返せば、いつか「言葉が通じる!」ということに感動する可能性があるということでしょう。

(このあたりの話は女性部ブログにも書きました)

今までもですが、これからもっと外国の方が座禅を体験しに来られるのではないかと考えられます。
そうすると、やはり私が座禅を続けるためには英会話ができることが必要なようです。
さて、秋の夜長に英会話。。。
  合掌 翡翠


女性部ブログはこちらからどうぞ

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (58)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/2083
最新のブログ記事