メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 座禅会便り

座禅会便り

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/10/6 23:04

10月6日

 

日曜朝座禅会

初めての参加  0

二回以上の参加 6

会員      4

 

5分の休憩を挟んで、40分、35分の坐禅、2回目の35分の座禅中に10分の経行、終了後に読経(般若心経、座禅和讃、四弘請願)10分を行った。終了後は居士寮で、抹茶とお菓子で座談会をした。

 

案内事項:

10/12  14:00から仏教講座、19:00から第152回摂心会が始まり10/19に終了。摂心会とは5:00起床から22:00就寝まで、日課に従って行う座禅修行の集中期間です。

10/13に「AI時代こそ禅が生きる」~数息観座禅と公案修行~ と題して葆光庵老師の講演会を予定しています。

摂心会期間中も通常の座禅会は開催していますが、摂心会日課が優先されて、10/13の朝7:00は朝食の時間になります。座禅会参加を希望される方は5:30(6:00)でもOK、または、10:30の座禅の時間にどうぞ。

 

座談会

岡山土産の「キビ団子」、川治土産の「鬼怒の清流」と抹茶をいただいた後で『人づくり肚づくりと禅』のP5861を読んだ。

10/13講演会のテーマに近い部分です。人間禅で公開している200の公案は「瓦筌集」に納められている「瓦筌集」の瓦は案内を乞うために門をたたくもの、筌は魚を捕る籠。公案修行は自分が絶対の存在であることを端的に覚る(見性する)手段であり、公案はそこに行きつくための手がかりです。覚りには浅深があって一つの階段を上れたら、その手掛かりに用は無いので捨ててしまう。「瓦筌集」の公案を読んでも何のことだか判らない。座禅して公案を「何だ?何だ?」と疑問を持って考え、公案三昧にならないと腑に落ちない。何かを掴んだら、老師に参禅して判定してもらう。禅に指導者が必要なのはそのためである。

 

日曜夕方座禅会

 

新到者、リピータもいないため、一人で思う存分坐った。休憩を取らずに一時間を続けて坐った。広い禅堂を一人で占有するのはいいものでした。

しかし、禅堂の入り口に人の気配を感じた。誰かが階段を上って禅堂の引き戸を開けてから閉めた。そして、静かに階段を降りてトイレで用を足した後、道場から出て行った。ずっと坐っていたので誰かは判りませんでした。

龍泉 拝
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (54)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/2082
最新のブログ記事