メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 旅行記

旅行記

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/10/5 23:43

温泉旅行記 9/3010/1

久しぶりに川治温泉に一泊温泉旅行をした。川治温泉卿は五十里ダムから派生する男鹿川に面し、山に囲まれた静かな町です。男鹿川は川治ダムから派生する鬼怒川に合流して大きな川となっていく。男鹿川には山女だろうか? 遊歩道から魚影を確認できる。釣り人2人、フライフィッシングをしていた。ここでは「キャッチ&リリース」がマナーのようで、釣った魚を持ち出してはいけないという立て札が立っていた。鬼怒川と男鹿川が合流するところに源泉かけ流しの露天風呂「薬師の湯」があった。男女混浴だ。鬼怒川に沿って龍王峡に繋がるハイキングコースがある。

18年前から4年間、毎年通っていた「東山閣」というホテルは既に無く、所在地と思われる場所は更地になっていた。この宿の山菜料理は私の好みに合っていた。両親を伴って2回訪れたが、群馬県出身の父親も気に入っていた。「東山閣」の姉妹宿に「伝七の湯」というホテルがあったが、そこは星野リゾート 「界 川治」というホテルになっていた。湯めぐりで「伝七の湯」に行ったことがあるが、とても良い宿だった。今回はリニューアルされた「一柳閣」に泊まった。上野からここまでは送迎バスを利用した。電車を使わないので荷物の持ち運びも無く、楽な移動だった。

翌日、チェックアウト後で小網ダムまで龍王ハイキングコースを歩いた。人はほとんど通らない道で、落ち葉、倒木もあって、少し歩きにくいところもあったが、30代のころ山に入ってテント生活をしていた私は懐かしかった。ハイキングコースに入って直ぐに、反対側から歩いてきた地元の方から、猪がいるので奥にはいかないようにとの注意を受けた。天気も良く清々しいので、家内と一緒に先に進んだ。獣の糞を見つけた。それは真新しく、近くに獣が居ることが暗示された。暫く行くと右手の山側で「ガサガサ」という音を聞いた。猪だと思う。直径3㎝ほどの木枝を手に取り用心深く進んだ。しかし、こちらに来る気配はなく山の上の方に移動したようだった。さらに進むと珍しい茸を見つけた。

一時間ほど歩いて小網ダムから川治温泉駅に至った。帰りは国道121号線を歩いて「一柳閣」に戻った。途中の蕎麦屋で昼食を摂ったが、上手い新蕎麦だった。いつか、連泊したときに龍王峡まで歩いてみたいものだ。紅葉の時期はきっと美しいだろう。龍泉

 

/uploads/ckeditor/images/20191005234249image001.gif

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (52)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/2080
最新のブログ記事