メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 囲碁を楽しむ人は囲碁が上達しない!

囲碁を楽しむ人は囲碁が上達しない!

カテゴリ : 
老師通信
執筆 : 
擇木道場 2019/9/18 6:53

囲碁を楽しむ人は囲碁が上達しない!

春潭

 楽しいことは大体において良いことですよね。

人間禅のモットーは「正しく・楽しく・仲よく」です。

ただ、禅による人間形成の修行が楽しいかと問われると、なかなか答えにくいものがあります。

若い頃、師事していた囲碁の先生(関西棋院の亀山七段)に囲碁の仲間が、「囲碁をやっていて強くなる人と、いつまでも強くならない人といますが、囲碁が強くなるかならないかの差はどこにありますか?」と問うたとき、先生が「いつまで経っても碁が上達しないのは、囲碁を楽しんでいるからです。強くなりたい人は囲碁を楽しんではいけません!」と答えられました。その言葉は厳然としたもので、今でもはっきり覚えています。

「禅によって人間形成を積めば、人生を楽しみ味わうことが出来るようになる。」とは云えますが、人間形成の修行というものは元来、自己の殻を破る修行ですので、厳しく自分に妥協せず克己が必要であり、したがってその途上において楽しいと云うことは本来そぐわないことでしょう。

亀山七段の教えを禅的に解釈すれば、囲碁を楽しむと云うことは、勝ち負けという相対の場において勝った優越感を楽しみとしているのであり、囲碁道という人間形成の要素が欠落していることを突いているのです。囲碁の上達も負けを反省し、克己し、苦しんで研鑽しなければ自分の棋力を向上させることはできないということでしょう。

もちろんプロのように棋力の向上一筋ではない我々アマチュアにとっては、ひとときの指談(残月軒道聳さん命名の造語)を楽しむ囲碁はあって良いのですが、棋力を上げるとか囲碁道として囲碁を通じて人間形成をすると云うと、勝ち負けの楽しみだけでは駄目だと云うことでしょう。

新しく禅門をたたいて来られる方で、公案修行を楽しんで居るのではないかと思われる方がたまに居られます。われわれは来る者は拒まず去る者は追わずで、こういう方も勿論受け入れます。ただ若干困るのは、摂心会や参禅会などで大部分の人が公案の工夫や正念の工夫で自己の内に向かって集中している場にあって、楽しげに周りの人に話しかけられることで、そういう場合はちょっと控えて下さいと云わなければなりません。こういう人は公案修行を知的興味の対象として捉えているのでしょう。

磨甎庵劫石老師は摂心会や参禅会で、「無駄口をたたくな!」「白い歯を見せるな!(大口開けて笑ったりしゃべったりするなということ。)」と常々厳しく仰っておられました。

楽しんで修行するに超したことはありませんが、そして楽しんでいるから人間形成が進んでいないとは必ずしも云いませんが、長い目で見ていると楽しんで修行をする人は、得てして長続きがせず途中で挫折してしまう場合が多いものです。公案が進んでいるときは知的興味も可能でしょうが、公案は必ず何度も壁に当たるものです。そうなると知的興味だけでは続かなくなります。楽しくなくなっても自分を向上したいという本来の公案修行の軌道に、知的興味の軌道から転換しなければ修行は継続できません

以前にも申しましたが、修行の最初はどういう動機でも良いと耕雲庵英山老師も云われています。修行を継続する中で段々と修行に向かう志が本物になって行くのを見越されて言われたのだと思います。継続は正しくなければ継続できないし、継続しているのはその取り組みが正しくなっているからなのです。

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (118)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/2058
最新のブログ記事