メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2013 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - 座禅会便り

座禅会便り

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/8/4 6:40

8月3日 土曜夕方座禅会

 

初めての参加   0人

二回以上参加   2人

会員       2人

 

5分の休憩を挟んで、20分、25分の坐禅、

読経(般若心経、座禅和讃、四弘請願)10分

終了後は居士寮で、冷たいハブ茶とお菓子で座談会をした。

『ひとづくり肚づくりと禅』の1-1「相対樹と絶対樹」を読んだ。

 

「相対樹と絶対樹」を説明した。人間の精神活動は考える(知、Science)の部分と感じる(慧、Spirits)の部分がある。しかし、思考の中にも三昧の要素はあり、三昧の中にも思考の要素がある。例えば製品開発の分野で、多くの参考文献を読んで知識を増やしても新しい技術開発はできない。「ひらめき」が必要。また、技芸道で稽古に励んでも、何らかの工夫という思考が無ければ上達しない。その意味で、思考の中にも小さな三昧、三昧の中にも小さな思考という文字が記載されている。脳は活動分野が明確に分かれているわけではなく、お互いに融通して働いている。この二つの分野をバランスよく向上させることが人間形成に繋がるが、戦後教育は知識偏重になっていて三昧力の醸成が不足している。三昧力向上の良い手段が「数息観」の実行です。

本日は、数年前に知人から「考えを整理するのに良い」と勧められて、来たことのある方が再来された。いろいろと話ができて良い印象を持って帰られたと思う。擇木道場はほとんど毎日解放しているので、都合の良い時にまた来てくださることを期待しています。龍泉
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (40)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/2022
最新のブログ記事