メインメニュー
ブログ カレンダー
« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
擇木道場

〒110-0001
東京都台東区
  谷中7-10-10
TEL 03-3823-7647

当直が座禅中や作務中は、電話には出られません。このホームページからお問い合わせお願いします(回答は夜以降になります)

検索
カテゴリ一覧

擇木ブログ - タイ・スカトー寺瞑想合宿①お寺の環境・生活

タイ・スカトー寺瞑想合宿①お寺の環境・生活

カテゴリ : 
座禅ブログ
執筆 : 
擇木道場 2019/6/27 18:20

擇木道場の風印です。

613日~620日に行われた、「プラユキ・ナラテボー師とともに タイ・スカトー寺院瞑想合宿の旅」に参加しました。

今回はツアー形式の合宿に参加させて頂きましたが、スカトー寺に行きたい場合には、勝手に押しかけると大変ご迷惑になりますので、必ず良き縁ネット(https://blog.goo.ne.jp/yokienn)を通して、プラユキ師のご了承を頂いてから行くようにして下さい。

また、プラユキ師は日本で活動されていることも多く、いつもスカトー寺にいらっしゃる訳ではありませんので、その点ご了承下さい。

スカトー寺は、途中で見かけたカラフルなお寺と異なり、修行の場に相応しい渋い色彩の外観が印象的でした。

タイ・スカトー寺瞑想合宿①お寺の環境・生活


タイ・スカトー寺瞑想合宿①お寺の環境・生活

 今回のツアーでは、割り当てられた小屋に他の参加者の方と2名で寝泊まりさせて頂きました。

タイ・スカトー寺瞑想合宿①お寺の環境・生活

 プラユキ師は、お寺で最も古く、見窄らしい小屋に寝泊まりされているそうで、新人僧侶が都会に比べるととても不便で、虫も入ってくる小屋の生活に嫌気がさしたときに、ご自分の小屋を見せられて、「ここよりはマシだろう」と励まされるそうです。

IMG_2916

 お寺の敷地はとても広く、橋の架かった池もあります。

IMG_2802

IMG_2902

私は散歩しているうちに敷地外に出てしまい、迷いそうになりましたが、お寺の犬がいて道案内してくれているように感じ、無事お寺に戻ることが出来ました。

IMG_2795

お寺には犬、鶏、リスなど様々な動物がいて、虫も日常生活に当然のように割り込んでくるため、人間も自然の一部なのだと強く感じました。他の生き物を排除するのが当たり前の都会では味わえない感覚です。

IMG_2871

スカトー寺では、朝4時から本堂の2階で朝の読経があります。読経の始まりを告げる鐘の音は、日本で良く耳にする音と異なり、重低音でとても迫力のある音でした。

IMG_3229
夕べの読経

読経は「パーリ語-タイ語、パーリ語-タイ語と交互にお経を唱えていく」(注1)そうです。カタカナの読みと翻訳を書いた冊子をお借りして、僧侶に合わせて読経します。読経の後に説法がありますが、タイ語での説法のため、内容は分かりませんでした。説法の内容については、「浦崎雅代のタイの空(Faa)に見守られて」というブログで日本語に翻訳して下さっています。

530分から僧侶の後ろに参加者が一列に並んで農村に托鉢に行きます。

IMG_2841

タイ・スカトー寺瞑想合宿①お寺の環境・生活

僧侶が通り掛かると村人が食べ物を持って出てきて下さるので、僧侶がそれを受け取ります。全て受け取った後は僧侶が村人の前に横一列に並び、参加者は僧侶の後ろに屈んで合掌し、僧侶がお経を唱えます。

托鉢が終わった後に、村人が何の屈託もなく心からの笑顔を浮かべられているように感じ、お布施とはこういう事かと心打たれました。

托鉢中、野良犬が吠え掛かって来ることもありましたが、托鉢に同行してきたお寺の犬が、野良犬を牽制して僧侶に吠え掛かるのを止めていました。僧侶を守っている様に思えました。

托鉢の後、7時半から食事になります。食事を取るお堂に集合し、食前の読経と説法を聞いた後、托鉢で頂いたものやお寺で用意した食物を、お皿にバイキング形式で盛り付けます。

IMG_3233

IMG_2900
托鉢で頂いたもの

IMG_2910

ファイル 2019-06-22 8 42 54

IMG_2913

食事は朝食のみになりますが、11食となっているのは、何回も托鉢をすると村人の負担になることや、瞑想などの時間を多くとるためとプラユキ師が仰っていました。私は食事を山盛りに取りましたが、とても美味しかったです。

IMG_2884

今回のツアーでは9時からプラユキ師の法話をお聞きしました。前述のようにプラユキ師がいらっしゃらない事もあります。

法話の後、参加者は自由に過ごして良いとのことでしたので、私はお寺の敷地内を散歩したり、瞑想をして過ごしました。お寺の敷地内には長い石が置いてあり、その上を歩いて歩行瞑想をします。

IMG_2932

 その他、本堂の1階で歩行瞑想をすることも出来ますし、歩ける広さがあればどこでも瞑想できます。

IMG_2921

 お寺の敷地内には、手動瞑想のやり方を示した仏像があり、私は歩行瞑想の後、本堂で手動瞑想をしました。

IMG_2875

18時から夕べの読経と説法があり、今回のツアーでは19時過ぎからプラユキ師と参加者全員で一日の振り返りをしました。

その後は自由時間ですが、私は次の日に備えて21時くらいに就寝しました。スカトー寺での最後の夜には、参加者数人で満月を見に行きました。

IMG_2938

②に続く

合掌 風印 拝

1) プラユキ・ナラテボー『「気づきの瞑想」を生きる―タイで出家した日本人僧の物語』,株式会社佼成出版社,2009830日,P.67

タイ・スカトー寺瞑想合宿ブログへのリンクです


タイ・スカトー寺瞑想合宿①お寺の環境・生活

タイ・スカトー寺瞑想合宿②プラユキ師の法話-1

タイ・スカトー寺瞑想合宿③プラユキ師の法話-2

タイ・スカトー寺瞑想合宿④プラユキ師の法話-

タイ・スカトー寺瞑想合宿⑤プラユキ師の法話-4

タイ・スカトー寺瞑想合宿⑥プラユキ師の個人面談


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (698)

よければこちらをクリックお願いします(日本ブログ村のランキングに参加しています)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://takuboku.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/1998
最新のブログ記事